第八十八篇



  1. マハラテ、レアノテの調にあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるコラの子のうたなり 讃美なり、エズラ人ヘマンのをしへの歌なり
    わがすくひの神ヱホバよわれ晝も夜もなんぢの前にさけべり
  2. 願くはわが祈をみまへにいたらせ汝のみゝをわが號呼(さけび)のこゑにかたぶけたまへ
  3. わがたましひは患難(なやみ)にてみち我がいのちは陰府にちかづけり
  4. われは穴にいるものとともにかぞへら依仗(よるべ)なき人のごとくなれり
  5. われ墓のうちなる殺されしもののごとく死者(しねるもの)のうちにすてらる 汝かれらを再びこゝろに記(とめ)たまはず かれらは御手より斷滅(たちほろぼ)されしものなり
  6. なんぢ我をいとふかき穴 くらき處 ふかき淵におきたまひき
  7. なんぢの怒はいたくわれにせまれり なんぢそのもろもろの浪をもて我をくるしめ給へり セラ
  8. わが相識(あひしる)ものを我よりとほざけ我をかれらに憎ませたまへり われは錮閉(こめとざ)されていづることあたはず
  9. わが眼はなやみの故をもておとろへぬ われ日ごとに汝をよべり ヱホバよなんぢに向ひてわが兩手(もろて)をのべたり
  10. なんぢ死者にくすしき事跡(みわざ)をあらはしたまはんや 亡(うせ)にしもの立(たち)てなんぢを讃たゝへんや セラ
  11. 汝のいつくしみは墓のうちに汝のまことは滅亡(ほろび)のなかに宣傳へられんや
  12. 汝のくすしきみわざは幽暗(くらき)になんぢの義は忘失(わすれ)のくにに知(しら)るゝことあらんや
  13. されどヱホバよ我なんぢに向ひてさけべり わがいのりは朝(あした)にみまへに達(いた)らん
  14. ヱホバよなんぢ何(いか)なればわが靈魂(たましひ)をすてたまふや 何(いか)なればわれに面(みかほ)をかくしたまふや
  15. われ幼稚(をさなき)よりなやみて死るばかりなり 我なんぢの恐嚇(おびやかし)にあひてくるしみまどへり
  16. 汝のはげしき怒わがうへをすぐ 汝のおびやかし我をほろぼせり
  17. これらの事ひねもす大水のごとく我をめぐり ことごとく來りて我をかこみふさげり
  18. なんぢ我をいつくしむ者とわが友とをとほざけ わが相識るものを幽暗にいれたまへり

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |