第九十一篇  題目 全能者の蔭 (一)



  1. 至上者(いとたかきもの)のもとなる隱れたるところにすまふその人は全能者の蔭にやどらん
  2. われヱホバのことを宣(のべ)て ヱホバはわが避所わが城わがよりたのむ神なりといはん
  3. そは神なんぢを獵人(かりうど)のわなと毒をながす疫癘(えやみ)よりたすけいだしたまふべければなり
  4. かれその翮(はね)をもてなんぢを庇ひたまはん なんぢその翼の下にかくれん その眞實(まこと)は盾なり干(こだて)なり
  5. 夜はおどろくべきことあり 晝はとびきたる矢あり
  6. 幽暗(くらき)にはあゆむ疫癘あり 日午(ひる)にはそこなふ勵(はげ)しき疾(やまひ)あり されどなんぢ畏るゝことあらじ
  7. 千人はなんぢの左にたふれ萬人はなんぢの右にたふる されどその災害(わざはひ)はなんぢに近づくことなからん
  8. なんぢの眼はたゞこの事をみるのみ なんぢ惡者(あしきもの)のむくいを見ん
  9. なんぢ曩(さき)にいへり ヱホバはわが避所なりと なんぢ至上者をその住居(すまひ)となしたれば
  10. 災害なんぢにいたらず苦難(なやみ)なんぢの幕屋に近づかじ
  11. そは至上者なんぢのためにその使者輩(つかひたち)におほせて 汝があゆむもろもろの道になんぢを守らせ給へばなり
  12. かれら手にてなんぢの足の石にふれざらんために汝をさゝへん
  13. なんぢは獅(しゝ)と蝮とをふみ壯(わかき)獅と蛇とを足の下にふみにじらん
  14. 彼その愛をわれにそゝげるがゆゑに我これを助けん かれわが名をしるがゆゑに我これを高處(たかきところ)におかん
  15. かれ我をよばゞ我こたへん 我その苦難(なやみ)のときに偕にをりて之をたすけ之をあがめん
  16. われ長壽(ながきいのち)をもてかれを足はしめ且わが救をしめさん

 本篇は神の至聖所に宿る事を歌へる詩なり。
▲二節と十四節とを對照せよ。二節に於て詩人はヱホバの事を宣べしが、十四節に於てヱホバは詩人の事を宣べ給ふ。我等も神の事を證する時我等の事に關する神の約束を聞く事を得るなり。
▲十四〜十六節に神を愛し又神を信ずる者に與へらるゝ七つの恩惠約束せらる。
 『彼その愛をわれにそゝげるがゆゑに』──即ち神を愛するが故に
 『かれわが名をしるがゆゑに』──即ち神を信ずるが故に
一、援助(たすけ)(十四始)──『彼その愛をわれにそゝげるがゆゑに我これを助けん』
二、天の處の生涯(十四終)──『かれわが名をしるがゆゑに我これを高處におかん』(エペソ二・六參照『共に甦へらせ、共に天の處に坐せしめ給へり』)
三、祈禱の答(十五始)──『かれ我をよばゞ我こたへん』
四、慰藉(なぐさめ)(十五中程)──『我その苦難のときに偕にをりて之をたすけ』
五、神の譽(十五終)──『之をあがめん』(黙示録三・五終參照『我その名を生命の書(ふみ)より消し落さず、我が父のまへと御使の前とにてその名を言ひあらはさん』)
六、豐なる生命(十六始)──『われ長壽をもてかれを足はしめ』
七、啓示(しめし)(十六終)──『且わが救をしめさん』
 神を愛し又神を知りて之に信賴する者には以上の七つの惠約束せらる。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |