第九十二篇  題目 安息日の歌



安息日あんそくにちにもちゐる歌なり 讃美なり

  1. いとたかき者よヱホバにかんしやし聖名みなをほめたゝふるはよきかな
  2. あしたになんぢのいつくしみをあらはし 夜々よなよななんぢの眞實まことをあらはすに
  3. 十絃とををのなりものとさうとをもちゐ 琴のたへなるをもちゐるはいとよきかな
  4. そはヱホバよ なんぢその作爲みわざをもてわれをたのしませたまへり われなんぢのみてのわざをよろこびほこらん
  5. ヱホバよなんぢのみわざはおほいなるかななんぢのもろもろの思念おもひはいとふかし
  6. 無知者しれものはしることなくおろかなるものはこれをさとらず
  7. あしきものは草のごとくもえいで 不義をおこなふ衆庶もろもろはさかゆるとも つひにはとこしへにほろびん
  8. されどヱホバよなんぢはとこしへに高處たかきところにましませり
  9. ヱホバよあゝなんぢのあたあゝなんぢのあたはほろびん 不義をおこなふ者はことごとくちらされん
  10. されどなんぢわがつのをたかくあげて の牛のつののごとくならしめたまへり われはあたらしきあぶらをそゝがれたり
  11. 又わが目はわがあたにつきて願へることを見わが耳はわれにさからひておこりたつ惡をなすものにつきて願へることをきゝたり
  12. たゞしきものは椶櫚しゅろのごとく榮え レバノンの香柏かうはくのごとくそだつべし
  13. ヱホバの宮にうゑられしものはわれらの神の大庭おほにはにさかえん
  14. かれらは年老としおいてなほをむすび豐かにうるほひ綠の色みちみちて
  15. ヱホバのなほきものなることを示すべし ヱホバはわがいはなりヱホバには不義なし

 本篇に『榮え』(英語にてはflourish)の字三度記さる。
  十二節  十三節  十四節(終の日本譯『みちみちて』も同じ字也)
 眞の基督者の生涯は常に榮え居るべき筈なり。其靈的生涯枯れ衰へ生命なき有樣にてあるは神の聖旨に非ず。聖靈によりて信仰の生涯を送る者は常に榮ゆべし。十二節以下に於て以下の數點を見よ。
一、荒野の中にも榮ゆ(椶櫚の如く)(十二始)──『義しきものは椶櫚の樹のごとく榮え
二、强く堅し(香柏の如く)(十二終)──『レバノンの香柏のごとくそだつべし』
三、斷えず神の至聖所に居る(十三)──『ヱホバの宮にうゑられしものはわれらの神の大庭にさかえん
四、多くの果を結ぶ(十四始)──『かれらは年老いてなほ果をむすび』
五、聖靈によれる惠の濕(うるほひ)を豊に得(十四終)──『豐かにうるほひ綠の色みちみちて
 斯る生涯は其人の榮光の爲に非ずして神の御榮光の爲なり。
▲本篇は標題に記さるゝ如く安息日の歌なり。九十三篇より九十七篇迄は標題記されず、然れば或人は本篇の標題は即ち九十七篇迄の標題なりといふ。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |