第九十四篇



  1. ヱホバよ仇をかへすは汝にあり 神よあたを報(かへ)すはなんぢにあり ねがはくは光をはなちたまへ
  2. 世をさばきたまふものよ 願くは起(たち)てたかぶる者にそのうくべき報をなしたまへ
  3. ヱホバよ惡(あし)きもの幾何(いくそ)のときを經んとするや あしきもの勝誇りていくそのとしを經るや
  4. かれらはみだりに言(ことば)をいだして誇りものいふ すべて不義をおこなふ者はみづから高ぶれり
  5. ヱホバよ彼等はなんぢの民をうちくだき なんぢの業(もちもの)をそこなふ
  6. かれらは嫠婦(やもめ)と旅人との生命をうしなひ孤子(みなしご)をころす
  7. かれらはいふ ヤハは見ずヤコブの神はさとらざるべしと
  8. 民のなかなる無知(しれもの)よ なんぢらさとれ 愚かなる者よ いづれのときにか智(かしこ)からん
  9. みゝを植るものきくことをせざらんや 目をつくれるもの見ることをせざらんや
  10. もろもろの國ををしふる者たゞすことを爲(せ)ざらんや 人に知識をあたふる者しることなからんや
  11. ヱホバは人の思念(おもひ)のむなしきを知りたまふ
  12. ヤハよなんぢの懲(こらし)めたまふ人 なんぢの法(のり)ををしへらるゝ人は さいはひなるかな
  13. かゝる人をわざはひの日よりのがれしめ 惡きもののために坑のほらるゝまで これに平安(やすき)をあたへたまはん
  14. そはヱホバその民をすてたまはず その嗣業(ゆづり)をはなれたまはざるなり
  15. 審判(さばき)はたゞしきにかへり 心のなほき者はみなその後にしたがはん
  16. 誰かわがために起りたちて惡きものを責んや 誰か我がために立て不義をおこなふ者をせめんや
  17. もしヱホバ我をたすけたまはざりせば わが靈魂(たましひ)はとくに幽寂(おとなき)ところに住ひしならん
  18. されどわが足すべりぬといひしとき ヱホバよなんぢの憐憫(あはれみ)われをさゝへたまへり
  19. わがうちに憂慮(おもひわづらひ)のみつる時 なんぢの安慰(なぐさめ)わがたましひを喜ばせたまふ
  20. 律法をもて害(そこな)ふことをはかる惡の位はなんぢに親むことを得んや
  21. 彼等はあひかたらひて義人(たゞしきひと)のたましひをせめ罪なき血をつみに定む
  22. 然はあれどヱホバはわがたかき櫓 わが神はわが避所の磐なりき
  23. 神はかれらの邪曲(よこしま)をその身におはしめ かれらをその惡き事のなかに滅したまはん われらの神ヱホバはこれを滅したまはん

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |