第九十六篇  題目 神を禮拜せよ



  1. あたらしき歌をヱホバにむかひてうたへ 全地ぜんちよヱホバにむかひてうたふべし
  2. ヱホバにむかひてうたひそのみなをほめよ 日ごとにそのすくひをのべつたえよ
  3. もろもろの國のなかにその榮光をあらはし もろもろのたみのなかにそのくすしきみわざをあらはすべし
  4. そはヱホバはおほいなりおほいにほめたゝふべきものなり もろもろの神にまさりておそるべきものなり
  5. もろもろのたみのすべての神はことごとくむなし されどヱホバはもろもろの天をつくりたまへり
  6. 尊貴たふとき稜威みいづとはそのみまへにありちから善美うるはしきとはその聖所せいじょにあり
  7. もろもろのたみのやからよ 榮光とちからとをヱホバにあたへよ ヱホバにあたへよ
  8. その聖名みなにかなふ榮光をもてヱホバにあたへ 獻物さゝげものをたづさへてその大庭おほにはにきたれ
  9. きよきうるはしきものをもてヱホバををがめ 全地ぜんちよそのみまへにをのゝけ
  10. もろもろの國のなかにいへ ヱホバは統御すべをさめたまふ 世界もかたくたちて動かさるゝことなし ヱホバは正直なほきをもてすべてのたみをさばきたまはんと
  11. 天はよろこび地はたのしみ 海とそのなかにみつるものとはなりどよみ
  12. 田畑とそのなかのすべての物とはよろこぶべし かくて林のもろもろのもまたヱホバのみまへによろこびうたはん
  13. ヱホバきたりたまふ 地をさばかんとてきたりたまふ 義をもて世界をさばきその眞實まことをもてもろもろのたみをさばきたまはん

 本篇は萬國萬民に對して神を禮拜すべきを勸むる詩なり。其普遍的なるに注意せよ。
  全地よ(一)     もろもろの國(三)  もろもろの民(三)
  もろもろの民(五)  もろもろの民(七)  全地よ(九)
  もろもろの國(十)  もろもろの民(十三)
 故に廣き心を以て神を讃美し、廣き望を以て神の前に歌うたへり。
▲本篇の分解──以下の四つの勸に分つを得。
 1.(一〜二始)神に向って歌へよ
 2.(二終〜六)神の事を宣傳へよ
 3.(七、八) 神に献げよ
 4.(九〜十三)神を禮拜せよ



| 目次 | 緖言 | 總目次 |