第九十六篇  題目 神を禮拜せよ



  1. あたらしき歌をヱホバにむかひてうたへ 全地よヱホバにむかひて謳ふべし
  2. ヱホバに向ひてうたひその名(みな)をほめよ 日ごとにその救をのべつたえよ
  3. もろもろの國のなかにその榮光をあらはし もろもろの民のなかにその奇しきみわざを顯すべし
  4. そはヱホバはおほいなり大にほめたゝふべきものなり もろもろの神にまさりて畏るべきものなり
  5. もろもろの民のすべての神はことごとく虛し されどヱホバはもろもろの天をつくりたまへり
  6. 尊貴(たふとき)と稜威(みいづ)とはその前(みまへ)にあり能(ちから)と善美(うるはしき)とはその聖所にあり
  7. もろもろの民のやからよ 榮光とちからとをヱホバにあたへよ ヱホバにあたへよ
  8. その聖名にかなふ榮光をもてヱホバにあたへ 獻物をたづさへてその大庭にきたれ
  9. きよき美(うるは)しきものをもてヱホバををがめ 全地よその前にをのゝけ
  10. もろもろの國のなかにいへ ヱホバは統御(すべをさめ)たまふ 世界もかたくたちて動かさるゝことなし ヱホバは正直(なほき)をもてすべての民をさばきたまはんと
  11. 天はよろこび地はたのしみ 海とそのなかに盈(みつ)るものとはなりどよみ
  12. 田畑とその中のすべての物とはよろこぶべし かくて林のもろもろの樹もまたヱホバの前によろこびうたはん
  13. ヱホバ來りたまふ 地をさばかんとて來りたまふ 義をもて世界をさばきその眞實(まこと)をもてもろもろの民をさばきたまはん

 本篇は萬國萬民に對して神を禮拜すべきを勸むる詩なり。其普遍的なるに注意せよ。
  全地よ(一)     もろもろの國(三)  もろもろの民(三)
  もろもろの民(五)  もろもろの民(七)  全地よ(九)
  もろもろの國(十)  もろもろの民(十三)
 故に廣き心を以て神を讃美し、廣き望を以て神の前に歌うたへり。
▲本篇の分解──以下の四つの勸に分つを得。
 1.(一〜二始)神に向って歌へよ
 2.(二終〜六)神の事を宣傳へよ
 3.(七、八) 神に献げよ
 4.(九〜十三)神を禮拜せよ



| 目次 | 緖言 | 總目次 |