第九十八篇



  1. 歌なり
    あたらしき歌をヱホバにむかひてうたへ そは妙なる事をおこなひ その右の手(みて)そのきよき臂(かひな)をもて 己のために救をなし畢(をへ)たまへり
  2. ヱホバはそのすくひを知しめ その義をもろもろの國人の目のまへにあらはし給へり
  3. 又その憐憫(あはれみ)と眞實(まこと)とをイスラエルの家にむかひて記念したまふ 地の極(はて)もことごとくわが神のすくひを見たり
  4. 全地よヱホバにむかひて歡ばしき聲をあげよ 聲をはなちてよろこびうたへ 讃(ほめ)うたへ
  5. 琴をもてヱホバをほめうたへ 琴の音と歌のこゑをもてせよ
  6. ラッパと角笛をふきならし 王ヱホバのみまへによろこばしき聲をあげよ
  7. 海とそのなかに盈(みつ)るもの 世界とせかいにすむものと鳴響(なりどよ)むべし
  8. 大水はその手をうち もろもろの山はあひともにヱホバの前(みまへ)によろこびうたふべし
  9. ヱホバ地をさばかんために來りたまへばなり ヱホバ義をもて世界をさばき 公平をもてもろもろの民をさばきたまはん

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |