第九十九篇



  1. ヱホバは統御(すべをさめ)たまふ もろもろの民はをのゝくべし ヱホバはケルビムの間にいます 地ふるはん
  2. ヱホバはシオンにましまして大なり もろもろの民にすぐれてたふとし
  3. かれらは汝のおほいなる畏るべき名(みな)をほめたゝふべし ヱホバは聖なるかな
  4. 王のちからは審判をこのみたまふ 汝はかたく公平をたてヤコブのなかに審判と公義(たゞしき)とをおこなひたまふ
  5. われらの神ヱホバをあがめ その承足のもとにて拜みまつれ ヱホバは聖なるかな
  6. その祭司のなかにモーセとアロンとあり その名をよぶ者のなかにサムエルあり かれらヱホバをよびしに應へたまへり
  7. ヱホバ雲の柱のうちにましましてかれらに語りたまへり かれらはその證詞とその賜はりたる律法とを守りたりき
  8. われらの神ヱホバよなんぢら彼等にこたへたまへり かれらのなしゝ事(わざ)にむくひたまひたれど また赦免(ゆるし)をあたへたまへる神にてましませり
  9. われらの神ヱホバを崇めそのきよき山にてをがみまつれ そはわれらの神ヱホバは聖なるなり

 本篇に三度『ヱホバは聖なるかな』と記さる(三節、五節、九節)。是は以賽亞(イザヤ)書六章三節の『聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな』の如し。五節と九節とは同じ樣なる言にてコーラスの如し。
▲一、二、三節に於る以下の三つの事を味ふべし。
一、神は王なり(一)──『ヱホバは統御たまふ もろもろの民はをのゝくべし ヱホバはケルビムの間にいます 地ふるはん』
二、神は大なり(二)──『ヱホバはシオンにましまして大なり もろもろの民にすぐれてたふとし』
三、神は聖なり(三)──『かれらは汝のおほいなる畏るべき名をほめたゝふべし ヱホバは聖なるかな』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |