第百一篇



ダビデのうた

  1. われ憐憫あはれみ審判さばきとをうたはん ヱホバよわれなんぢをほめうたはん
  2. われ心をさとくしてまたき道をまもらん なんぢいづれの時われにきたりたまふや われなほき心をもてわが家のうちをありかん
  3. われわが眼前めのまへにいやしき事をおかず われそむくもののわざをにくむ そのわざはわれにつかじ
  4. ひがめるこゝろはわれよりはなれん あしきものを知ることをこのまず
  5. ひそかにその友をそしるものはわれこれをほろぼさん たかぶるまたおごれる心のものはわれこれをしのばじ
  6. わがは國のうちのまめなる者をみてこれをわれとともにすまはせん またき道をあゆむ人はわれにつかへん
  7. あざむくことをなす者はわが家のうちに住むことをえず 虛僞いつはりをいふものはわが目前めのまへにたつことを得じ
  8. われ朝な朝なこの國のあしき者をことごとくほろぼし ヱホバのまちより不義をおこなふ者をことごとく絕除たちのぞかん

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |