第百二篇



なやみたる者おもひくづほれてその歎息なげきをヱホバのみまへにそゝぎいだせるときの祈禱いのり

  1. ヱホバよわがいのりをきゝたまへ ねがはくはわが號呼さけびのこゑの御前みまへにいたらんことを
  2. わが窮苦なやみの日みかほをおほひたまふなかれ なんぢの耳をわれにかたぶけ がよぶ日にすみやかにわれにこたへたまへ
  3. わがもろもろの日はけぶりのごとくきえ わが骨はたきゞのごとくやかるるなり
  4. わがこゝろは草のごとくうたれてしほれたり われかてをくらふを忘れしによる
  5. わが歎息なげきのこゑによりてわが骨はわが肉につく
  6. われは鷣鸕をすめどりのごとくあれたるあとのふくろふのごとくになりぬ
  7. われさめてねぶらず たゞ友なくして屋蓋やねにをるすゞめのごとくなれり
  8. わがあたはひねもすわれをそしる 猖狂たけびくるひてわれをせむるものわれをさして誓ふ
  9. われはかてをくらふごとくに灰をくらひ わがのみものには淚をまじへたり
  10. こは皆なぢのいかり忿恚いきどほりとによりてなり なんぢわれをもたげてなげすて給へり
  11. わがよはひはかたぶける日影ひかげのごとし またわれは草のごとくしほれたり

  12. されどヱホバよなんぢは永遠とこしへにながらへ そのみなはよろづ世にながらへん
  13. なんぢたちてシオンをあはれみたまはん そはシオンに恩惠めぐみをほどこしたまふときなり そのさだまれるときすでにきたれり
  14. なんぢのしもべはシオンの石をもよろこび そのちりをさへいとほしむ
  15. もろもろの國はヱホバのみなをおそれ 地のもろもろの王はその榮光えいくゎうをおそれん
  16. ヱホバはシオンをきづき榮光えいくゎうをもてあらはれたまへり
  17. ヱホバはともしきもののいのりをかへりみ彼等のいのりをかろしめたまはざりき
  18. きたらんとするのちの世のためにこの事をしるさん 新しくつくられたるたみはヤハをほめたゝふべし
  19. ヱホバその聖所せいじょのたかき所よりみおろし天より地をみたまへり
  20. こは俘囚とらはれびとのなげきをきゝ死にさだまれる者をときはなち
  21. 人々のシオンにてヱホバのみなをあらはしヱルサレムにてその頌美ほまれをあらはさんがためなり
  22. かゝる時にもろもろのたみもろもろの國つどひあつまりてヱホバにつかへまつらん

  23. ヱホバはわがちからをみちにておとろへしめ わがよはひをみじかからしめ給へり
  24. われいへり ねがはくはわが神よわがすべての日のなかばにて われをとりさりたまふなかれ なんぢのよはひは世々よゝかぎりなし
  25. なんぢいにしへ地のもとゐをすゑたまへり 天もまたなんぢのみてわざなり
  26. これらはほろびん されどなんぢはつねにながらへたまはん これらはみなころものごとくふるびん なんぢこれらをうはぎのごとくかへたまはん されば彼等はかはらん
  27. しかれどもなんぢはかはることなし なんぢのよはひはをはらざるなり
  28. なんぢのしもべの子輩こらはながらへん そのすゑはかたくみまへにたてらるべし

 十二節より廿二節迄はリバイバルの事を歌へる祈禱(いのり)と見るを得べし。
一、リバイバルの時來れり(十三)──『なんぢ起てシオンをあはれみたまはん そはシオンに恩惠をほどこしたまふときなり そのさだまれる期すでに來れり』
二、神の敎會の爲に重荷を負ふ人あり(十四)──『なんぢの僕はシオンの石をもよろこび その塵をさへ愛しむ』
三、其爲に罪人救はる(十五)──『もろもろの國はヱホバの名をおそれ 地のもろもろの王はその榮光をおそれん』
四、神は御自身を表し給ふ(十六)──『ヱホバはシオンをきづき榮光をもてあらはれたまへり』
五、祈禱答へらる(十七)──『ヱホバは乏しきものの祈をかへりみ彼等のいのりを藐しめたまはざりき』(十三節以下の惠は皆祈禱の答なり)
六、是等のリバイバルの約束は格別に我等の爲也(十八)──『來らんとするのちの世のためにこの事をしるさん 新しくつくられたる民はヤハをほめたゝふべし』
七、神は罪人の歎を聞き給ふ(十九、廿始)──『ヱホバその聖所のたかき所よりみおろし天より地をみたまへり こは俘囚のなげきをきゝ』
八、而して罪人を釋(とき)放ち給ふ(廿終)──『死にさだまれる者をときはなち』
九、斯て其聖旨(みこゝろ)を表し給ふ(廿一)──『人々のシオンにてヱホバの名をあらはしヱルサレムにてその頌美をあらはさんが爲なり』
▲本篇の標題に『なやみたる者おもひくづほれてその歎息をヱホバの前にそゝぎいだせるときの祈禱』とあり、我等も此人の如く重荷を負うて歎き、リバイバルの爲に祈るべき也。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |