第百三篇  題目 讃美すべき勸



  1. ダビデのうた
    わが靈魂(たましひ)よヱホバをほめまつれ わが衷(うち)なるすべてのものよそのきよき名(みな)をほめまつれ
  2. わがたましひよヱホバを讃(ほめ)まつれ そのすべての恩惠(めぐみ)をわするるなかれ
  3. ヱホバはなんぢがすべての不義をゆるし汝のすべての疾(やまひ)をいやし
  4. なんぢの生命をほろびより贖ひいだし 仁慈(いつくしみ)と憐憫(あはれみ)とを汝にかうぶらせ
  5. なんぢの口を嘉物(よきもの)にてあかしめたまふ 斯てなんぢは壯(わかや)ぎて鷲のごとく新(あらた)になるなり
  6. ヱホバはすべての虐(しへた)げらるる者のために公義(たゞしき)と審判(さばき)をおこなひたまふ
  7. おのれの途をモーセにしらしめ おのれの作爲(しわざ)をイスラエルの子輩(こら)にしらしめ給へり
  8. ヱホバはあはれみと恩惠にみちて怒りたまふことおそく仁慈ゆたかにましませり
  9. 恒にせむることをせず永遠(とこしへ)にいかりを懐きたまはざるなり
  10. ヱホバはわれらの罪の量(かさ)にしたがひて我儕(われら)をあしらひたまはず われらの不義のかさにしたがひて報ひたまはざりき
  11. ヱホバをおそるるものにヱホバの賜ふそのあはれみは大(おほい)にして 天の地よりも高きがごとし
  12. そのわれらより愆をとほざけたまふことは東の西より遠きがごとし
  13. ヱホバの己をおそるる者をあはれみたまふことは父がその子をあはれむが如し
  14. ヱホバは我儕のつくられし狀(さま)をしり われらの塵なることを念(おも)ひ給へばなり
  15. 人のよはひは草のごとく その榮はのの花のごとし
  16. 風すぐれば失てあとなくその生(おひ)いでし處にとへど尚しらざるなり
  17. 然はあれどヱホバの憐憫はとこしへより永遠まで ヱホバをおそるるものにいたり その公義は子孫(こら)のまた子孫にいたらん
  18. その契約をまもりその訓諭(みさとし)をこゝろにとめて行ふものぞその人なる
  19. ヱホバはその寶座(みくら)をもろもろの天にかたく置(すゑ)たまへり その政權(まつりごと)はよろづのもののうへにあり
  20. ヱホバにつかふる使者(つかひ)よ ヱホバの聖言のこゑをきゝ その聖言をおこなふ勇士(ますらを)よ ヱホバをほめまつれ
  21. その萬軍よ その聖旨(みこゝろ)をおこなふ僕等よ ヱホバをほめまつれ
  22. その造りたまへる萬物(よろづのもの)よ ヱホバの政權の下なるすべての處にてヱホバをほめよ わがたましひよヱホバを讃まつれ

 本篇中に『ヱホバをほめまつれ』なる言五度記さる。
  一節始  二節始  廿節終 廿一節終 廿二節終
 即ち本篇は神を讃美すべき事を勸むる詩也。
▲何の爲に讃美すべきや、一、二節に於て格別に二つの事の爲にヱホバを讃むべき事記さる。
一、其聖名の爲に、換言すれば其御性質(What God is)のために(一)──『わが靈魂よヱホバをほめまつれ わが衷なるすべてのものよそのきよき名をほめまつれ』
二、其各樣(さまざま)の恩惠の爲に、換言すれば其御業(What God does)のために(二)──『わがたましひよヱホバを讃まつれ そのすべての恩惠をわするるなかれ』
 我等は神の恩惠の爲に屢(しばしば)神を讃む、然れど其御性質の爲に讃美する事は稀なるに非ずや。然し此事は更に肝要なり。恩惠の爲に讃美するのみまらば惠主御自身よりも惠其物に心を奪はるゝに至るやも知れず。恩惠を喜ぶよりも惠主御自身を喜ぶは更に肝要なり。
▲三〜五節に神の御業に就て六つの惠記さる。
一、赦罪(つみのゆるし)(三始)──『ヱホバはなんぢがすべての不義をゆるし』
二、癒醫(いやし)(三終)──『汝のすべての疾をいやし』
三、贖(四始)──『なんぢの生命をほろびより贖ひいだし』
四、惠の冠(四終)──『仁慈と憐憫を汝にかうぶらせ』
五、滿足(五始)──『なんぢの口を嘉物にてあかしめたまふ』
六、能力(ちから)(五終)──『斯てなんぢは壯ぎて鷲のごとく新になるなり』
▲本篇中に神の御性質につき三つの要點記さる。
一、神は義し(六)──『ヱホバはすべて虐げらるる者のために公義と審判とをおこなひたまふ』
二、神は惠深し(八)──『ヱホバはあはれみと恩惠にみちて怒りたまふことおそく仁慈ゆたかにましませり』
三、神は父なり(即ち愛に富む)(十三)──『ヱホバの己をおそるる者をあはれみたまふことは父がその子をあはれむが如し』
 以上三つの要點によりて神の聖旨を知る事を得る也。我等は先づ第一に神の義を感ずべき也。是れ恩惠に感ずる土臺なり。或人は始めより神の惠又は父たる愛をのみ感ずるも、斯くては恩惠に感ずる事淺く又深刻ならず。先づ神の義を深く感じてこそ其惠と愛を感ずる事も亦大なり。神の義は格別に舊約の敎ふる所にて是れ新約の土臺なり。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |