第百四篇  題目 造物者に對する讃美



  1. わが靈魂たましひよヱホバをほめまつれ わが神ヱホバよなんぢはいとおほいにして尊貴たふとき稜威みいづとをたまへり
  2. なんぢ光をころものごとくにまとひてんまくのごとくにはり
  3. 水のなかにおのれの殿との棟梁うつばりをおき 雲をおのれの車となし 風のつばさにのりあるき
  4. かぜを使者つかひとなしほのほのいづる火をしもべとなしたまふ
  5. ヱホバは地をもとゐのうへにおきて 永遠とこしへにうごくことなからしめたまふ
  6. ころもにておほふがごとく大水おほみづにて地をおほひたまへり 水たゝへて山のうへをこゆ
  7. なんぢ叱咜しったすれば水しりぞき なんぢいかづちの聲をはなてば水たちまちさり
  8. あるひは山にのぼりあるひは谷にくだりて なんぢのさだめたまへる所にゆけり
  9. なんぢさかひをたててこれをこえしめず ふたゝび地をおほふことなからしむ
  10. ヱホバはいづみを谷にわきいだし給ふ そのながれは山のあひだにはしる
  11. かくてのもろもろのけものにのましむ 驢馬うさぎむまもそのかわきをやむ
  12. そらの鳥もそのほとりにすみ 樹梢こずゑひまよりさえづりうたふ
  13. ヱホバはその殿とのよりもろもろの山に灌漑みづそゝぎたまふ 地はなんぢのみわざのによりて飽足あきたり
  14. ヱホバは草をはえしめて家畜けだものにあたへ 田產はたつものをはえしめて人の使用もちゐにそなへたまふ かくつちより食物くひものをいだしたまふ
  15. 人のこゝろをよろこばしむる葡萄酒ぶだうしゅ ひとの顏をつやゝかならしむるあぶら 人のこゝろを强からしむるかてどもなり
  16. ヱホバのとそのうゑたまへるレバノンの香柏かうはくとは飽足あきたりぬべし
  17. 鳥はそのなかに巢をつくり 鶴は松をそのすまひとせり
  18. たかき山は山羊やぎのすまひ 磐石いは山鼠やまねづみのかくるる所なり
  19. ヱホバはつきをつくりて時をつかさどらせたまへり はその西にいることをしる
  20. なんぢ黑暗くらきをつくりたまへばよるあり そのとき林のけものは皆しのびしのびにいできたる
  21. わかきしゝほえてをもとめ神にくひものをもとむ
  22. いづれば退しりぞきてその穴にふす
  23. 人はいでてわざをとりその勤勞はゆふべにまでいたる
  24. ヱホバよなんぢの事跡みわざはいかにさはなる これらは皆なんぢの智慧ちゑにてつくりたまへり なんぢのもろもろのとみは地にみつ
  25. かしこにおほいなるひろき海あり そのなかにかずしられぬふものちひさなるおほきなるいけるものあり
  26. ふねはそのうへをはしりなんぢのつくりたまへるわにそのうちにあそびたはぶる
  27. 彼ら皆なんぢを俟望まちのぞむ なんぢ宜時よきときにくひものをこれにあたへたまふ
  28. 彼等はなんぢのあたへたまふ物をひろふ なんぢみてをひらきたまへばかれら嘉物よきものにあきたりぬ
  29. なんぢみかほをおほひたまへば彼等はあわてふためく なんぢかれらの氣息いきをとりたまへばかれらはしにちりにかへる
  30. なんぢみたまをいだしたまへば百物すべてのものみな造らる なんぢ地のおもてをあらたにしたまふ
  31. ねがはくはヱホバの榮光とこしへにあらんことを ヱホバそのみわざを喜びたまはんことを
  32. ヱホバ地をみたまへば地ふるひ 山にふれたまへば山はけぶりをいだす
  33. いけるかぎりはヱホバにむかひてうたひ われながらふるほどはわが神をほめうたはん
  34. ヱホバをおもふわが思念おもひはたのしみ深からん われヱホバによりて喜ぶべし
  35. 罪人つみびとは地より絕滅たちほろぼされ あしきものはまたあらざるべし わが靈魂たましひよヱホバをほめまつれ ヱホバを讃稱ほめたゝへよ

 本篇に於ては格別に神の創造の御業を讃美す。假に之を創世記第一章と比較すれば
 五、六節──第二日(ふつかめ)の創造の働
 十三節 ──第三日(みっかめ)  同
 十九節 ──第四日(よっかめ)  同
 廿五節 ──第五日(いつかめ)  同
 かく創世記の順序に從って神に感謝す。
▲神の働の結果は何時も滿足なり。然れば本篇に『飽き足る』てふ語(ことば)は特別の語として數回出づ。
 十三節終──『地はなんぢのみわざの實によりて飽足ぬ』
 十六節 ──『ヱホバの樹とその植たまへるレバノンの香柏は飽足ぬべし』
 廿四節終──『汝のもろもろの富は地にみつ』(此原語も同じ字也)
 廿八節終──『なんぢ手をひらきたまへばかれら嘉物にあきたりぬ』
 創世記一章に『神之を善(よし)と觀たまへり』と度々記さる。而して本篇に於て神の御業によりて我等飽き足るべき事を記す。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |