第百五篇  題目 神の契約と契約を結びし人



  1. ヱホバに感謝してその名(みな)をよび そのなしたまへる事をもろもろの民輩(たみら)のなかにしらしめよ
  2. ヱホバにむかひてうたへ ヱホバを讃(ほめ)うたへ そのもろもろの妙なる事跡(みわざ)をかたれ
  3. そのきよき名をほこれ ヱホバをたづねもとむるものの心はよろこぶべし
  4. ヱホバとその能力(ちから)とをたづねもとめよ つねにその聖顏をたづねよ
  5. その僕アブラハムの裔よ ヤコブの子輩(こら)よ そのえらびたまひし所のものよ
  6. そのなしたまへる妙なるみわざと奇しき事跡とその口(みくち)のさばきとを心にとむれ
  7. 彼はわれらの神ヱホバなり そのみさばきは全地にあり
  8. ヱホバはたえずその契約をみこゝろに記(とめ)たまへり 此(こ)はよろづ代に命じたまひし聖言なり
  9. アブラハムとむすびたまひし契約イサクに與へたまひし誓なり
  10. 之をかたくしヤコブのために律法(おきて)となし イスラエルのためにとこしへの契約となして
  11. 言たまひけるは我なんぢにカナンの地をたまひてなんぢらの嗣業(ゆづり)の分(もの)となさん
  12. この時かれらの數おほからず甚(いと)すくなくしてかしこにて旅人たり
  13. この國よりかの國にゆき この國よりほかの民にゆけり
  14. 人のかれらを虐(しへた)ぐるをゆるし給はず かれらの故によりて王たちを懲しめて
  15. 宣給く わが受膏者たちにふるゝなかれ わが預言者たちをそこなふなかれ
  16. ヱホバは饑饉(うゑ)を地にまねき 人の杖とする糧をことごとく碎きたまへり
  17. 又かれらの前にひとりを遣したまへり ヨセフはうられて僕となりぬ
  18. かれら足械(あしかせ)をもてヨセフの足をそこなひ くろかねの鏈(くさり)をもてその靈魂(たましひ)をつなげり
  19. 斯てそのことばの驗(しるし)をうるまでに及ぶ ヱホバのみことば彼をこゝろみたまへり
  20. 王は人をつかはしてこれを解き もろもろの民の長はこれをゆるし
  21. 之をその家司となし その財寶(たから)をことごとく司どらせ
  22. その心のまゝにかの國のきみたちを縛しめ 長老たちに智慧ををしへしむ
  23. イスラエルも亦エジプトにゆき ヤコブはハムの地にやどれり
  24. ヱホバはその民を大にましくはへ 之をその敵よりも强くしたまへり
  25. また敵のこゝろをかへておのれの民をにくましめ おのれの僕輩(しもべら)をあざむき待(もてな)さしめたまへり
  26. 又そのしもべモーセとその選びたまへるアロンとを遣したまへり
  27. かれらはヱホバの預兆(しるし)をハムの地におこなひ またその國にくすしき事(わざ)をおこなへり
  28. ヱホバは闇をつかはして暗くしたまへり かれらはその聖言にそむくことをせざりき
  29. 彼等のすべての水を血にかへてその魚をころしたまへり
  30. かれらの國は蛙(かはづ)むれいでて王の殿のうちにまでみちふさがりぬ
  31. ヱホバいひたまへば蠅むらがり蚤そのすべての境にいりきたりぬ
  32. また雨にかへて霰をかれらにあたへ もゆる火をかれらの國にふらし
  33. かれらの葡萄の樹といちじくの樹とをうちその境のもろもろの樹ををりくだきたまへり
  34. ヱホバいひたまへば算(かぞへ)しられぬ蝗と蝨賊(おほねむし)きたり
  35. かれらの國のすべての田產(はたつもの)をはみつくし その地のすべての實を食(はみ)つくせり
  36. ヱホバはかれらの國のすべての首出者(うひご)をうち かれらのすべての力の始をうちたまへり
  37. しろかね黃金をたづさへて彼等をいでゆかしめたまへり その家族(やから)のうちに一人のよわき者もなかりき
  38. エジプトはかれらの出(いづ)るをよろこべり かれらをおそるるの念(おもひ)そのうちにおこりたればなり
  39. ヱホバは雲をしきて蓋(おほひ)となし夜は火をもて照したまへり
  40. 又かれらの求によりて鶉(うづら)をきたらしめ天の餅(かて)にてかれらを飽かしめたまへり
  41. 磐をひらきたまへば水ほとばしりいで 潤ひなきところに川をなして流れいでたり
  42. ヱホバそのきよき聖言とその僕アブラハムとをおもひいでたまひたればなり
  43. その民をみちびきて歡びつゝいでしめ そのえらべる民をみちびきて謳ひつゝいでしめたまへり
  44. もろもろの國人の地をかれらに與へたまひしかば 彼等もろもろのたみの勤勞をおのが有(もの)とせり
  45. こは彼等がその律(おきて)にしたがひその法(のり)をまもらんが爲なり ヱホバをほめたゝへよ

▲本篇の分解
 (一〜七)  我等の神
 (八〜十二) 其契約
 (十三〜十五)契約せし者を護り給ふ
 (十六〜廿五)契約せし者を試み給ふ
 (廿六〜卅六)契約せし者の敵滅さる
 (卅七〜四十五)契約せし者の救
▲最後の「契約せし者の救」の部の中に七つの要點記さる。
一、富(卅七始)──『しろかね黃金をたづさへて彼等をいでゆかしめたまへり』
二、力(卅七終)──『その家族のうちに一人のよわき者もなかりき』
三、慰藉(なぐさめ)(卅九始)──『ヱホバは雲をしきて蓋となし』
四、光(卅九終)──『夜は光をもて照したまへり』
五、豐なる糧(四十)──『又かれらの求によりて鶉をきたらしめ天の餅にてかれらを飽かしめたまへり』
六、靈(みたま)の盈滿(みたし)(四十一)──『磐をひらきたまへば水ほとばしりいで 潤ひなきところに川をなして流れいでたり』
七、約束の嗣業(ゆづり)(四十四)──『もろもろの國人の地をかれらに與へたまひしかば 彼等もろもろのたみの勤勞をおのが有とせり』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |