第百八篇  題目 與へられし惠を獲得する道



ダビデの歌なり 讃美なり

  1. 神よわが心はさだまれり われうたひまつらん たゝへまつらん わがさかえをもてたゝへまつらん
  2. さうよ琴よさむべし われ黎明しのゝめをよびさまさん
  3. ヱホバよわれもろもろのたみのなかにてなんぢに感謝し もろもろの國のなかにてなんぢをほめうたはん
  4. そはなんぢのあはれみはおほいにしててんのうへにあがり なんぢの眞實まことは雲にまでおよぶ
  5. 神よねがはくはみづからをてんよりもたかくし榮光みさかえ全地ぜんちのうへにあげたまへ
  6. ねがはくは右のみてをもてすくひをほどこし われらにこたへをなしていつくしみたまふものにたすけをえしめたまへ
  7. 神はそのきよきをもていひたまへり われいたくよろこばん われシケムをわかちスコテの谷をはからん
  8. ギレアデはわがものマナセはわがものなり エフライムもまたわがかうべのまもりなり ユダはわがつゑ
  9. モアブはわが足盥あしだらひなり エドムにはわがくつをなげん ペリシテよわがゆゑによりて聲をあげよと
  10. たれかわれを堅固なるまちにすゝましめんや たれかわれをみちびきてエドムにゆきしや
  11. 神よなんぢはわれらをすてたまひしにあらずや 神よなんぢはわれらのいくさとともにいでゆきたまはず
  12. ねがはくはたすけをわれにあたへててきにむかはしめたまへ 人のたすけはむなしければなり
  13. われらは神によりていさましくはたらかん われらのてきをふみたまふものは神なればなり

 本篇に由りて神が既に與へ給へる凡ての恩惠(めぐみ)を實際に獲得する道を學ぶべし。神は凡ての恩惠を與へ給へり(エペソ一・三『讃むべきかな、我らの主イエス・キリストの父なる神、かれはキリストに由りて靈のもろもろの祝福をもて天の處にて我らを祝し』)。然れど人皆必ずしも之を經驗せりとは謂ふ可らず。いかにして其を實驗するや。
一、神を崇めよ(一〜六)
二、聖言に賴れよ(七始──『神はその聖をもていひたまへり われ甚くよろこばん』)
三、己が嗣業(ゆづり)を信仰をもて要求せよ(七終、八)
四、信仰によりて敵に勝を得よ(九)
五、如何にして新しき惠を取る事を得るや(十)
六、唯神の助によりて也(十一〜十三)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |