第百十七篇  題目 諸の国の感謝



  1. もろもろの国よなんぢらヱホバを讃まつれ もろもろの民よなんぢらヱホバを稱へまつれ
  2. そはわれらに賜ふその憐憫はおほいなり ヱホバの眞實(まこと)はとこしへに絶(たゆ)ることなし ヱホバをほめまつれ

 諸の國民に向って神の感謝すべきを促す萬國傳道の詩なり。何故讃美すべきや、
一、其大なる憐憫の故に(二始)──『そはわれらに賜ふその憐憫はおほいなり』
二、其變らざる眞實の故に(二終)──『ヱホバの眞實はとこしへに絶ることなし ヱホバをほめまつれ』
 其憐憫大なるが故にいかなる罪人をも救ひ給ふ。其眞實變らざるが故に凡ての約束は必ず成就す。此二つの理由の爲に全世界の民は感謝す。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |