第百十八篇



  1. ヱホバに感謝せよ ヱホバは恩惠(めぐみ)ふかくその憐憫(あはれみ)とこしへに絶(たゆ)ることなし
  2. イスラエルは率(いざ)いふべし その憐憫はとこしへにたゆることなしと
  3. アロンの家はいざ言ふべし そのあはれみは永遠(とこしへ)にたゆることなしと
  4. ヱホバを畏るゝものは率いふべし その憐憫はとこしへにたゆることなしと
  5. われ患難(なやみ)のなかよりヱホバをよべば ヱホバこたへて我をひろき處におきたまへり
  6. ヱホバわが方にいませばわれにおそれなし 人われに何をなしえんや
  7. ヱホバはわれを助くるものとともに我がかたに坐(いま)す この故にわれを憎むものにつきての願望(ねがひ)をわれ見ることをえん
  8. ヱホバに依賴むは人にたよるよりも勝りてよし
  9. ヱホバによりたのむはもろもろの侯(きみ)にたよるよりも勝りてよし
  10. もろもろの國はわれを圍(かこ)めり われヱホバの名(みな)によりて彼等をほろぼさん
  11. かれらは我をかこめり 我をかこめり ヱホバの名によりて彼等をほろぼさん
  12. かれらは蜂のごとく我をかこめり われらは荊(いばら)の火のごとく消たり われはヱホバの名によりてかれらを滅さん
  13. 汝われを倒(たふ)さんとしていたく刺つれど ヱホバわれを助けたまへり
  14. ヱホバはわが力わが歌にしてわが救となりたまへり
  15. 歡喜(よろこび)とすくひとの聲はたゞしきものの幕屋にあり ヱホバのみぎの手(みて)はいさましき動作(はたらき)をなしたまふ
  16. ヱホバのみぎの手はたかくあがりヱホバの右の手はいさましき動作をなしたまふ
  17. われは死ることなからん 存へてヤハの事跡(みわざ)をいひあらはさん
  18. ヤハはいたく我をこらしたまひしかど死には付(わた)したまはざりき
  19. わがために義の門をひらけ 我そのうちにいりてヤハに感謝せん
  20. こはヱホバの門なり たゞしきものはその内にいるべし
  21. われ汝に感謝せん なんぢ我にこたへてわが救となりたまへばなり
  22. 工師(いへつくり)のすてたる石はすみの首石(おやいし)となれり
  23. これヱホバの成たまへる事にしてわれらの目にあやしとする所なり
  24. これヱホバの設けたまへる日なり われらはこの日によろこびたのしまん
  25. ヱホバよねがはくはわれらを今すくひたまへ ヱホバよねがはくは我儕(われら)をいま榮えしめたまへ
  26. ヱホバの名によりて來るものは福(さいは)ひなり われらヱホバの家よりなんぢらを祝せり
  27. ヱホバは神なり われらに光をあたへたまへり 繩をもて祭壇の角(つの)にいけにへをつなげ
  28. なんぢはわが神なり我なんぢに感謝せん なんぢはわが神なり我なんぢを崇めまつらん
  29. ヱホバにかんしやせよ ヱホバは恩惠ふかくその憐憫はとこしへに絶ることなし

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |