自第百廿篇至第百卅四篇  題目 京詣



第一二〇篇

京詣みやこまうでのうた

  1. われ困苦なやみにあひてヱホバをよびしかばわれにこたへたまへり
  2. ヱホバよねがはくは虛僞いつはりのくちびる欺詐あざむきの舌よりわが靈魂たましひをたすけいだしたまへ
  3. あざむきの舌よなんぢになにをあたへられ なにをくはへらるべきか
  4. ますらをの金萑花えにしだのあつき炭すみとなり
  5. わざはひなるかな われはメセクにやどりケダルの幕屋まくやのかたはらに住めり
  6. わがたましひは平安やすきをにくむものとともにすめり
  7. われは平安やすきをねがふ されどわれものいふときにかれら戰鬪たゝかひをこのむ

第一二一篇

みやこまうでの歌

  1. われ山にむかひて目をあぐ わが扶助たすけはいづこよりきたるや
  2. わがたすけは天地あめつちをつくりたまへるヱホバよりきたる

  3. ヱホバはなんぢの足のうごかさるゝをゆるしたまはず なんぢをまもるものは微睡まどろみたまふことなし
  4. よイスラエルを守りたまふものは微睡まどろむこともなくねぶることもなからん
  5. ヱホバはなんぢをまもる者なり ヱホバはなんぢの右手みぎのてをおほふかげなり
  6. ひるは日なんぢをうたず よるは月なんぢをうた
  7. ヱホバはなんぢを守りてもろもろの禍害わざはひをまぬかれしめ またなんぢの靈魂たましひをまもりたまはん
  8. ヱホバは今よりとこしへにいたるまで なんぢのいづるとるとをまもりたまはん

第一二二篇

ダビデがよめるみやこまうでの歌

  1. 人われにむかひて いざヱホバのいへにゆかんといへるときわれよろこべり
  2. ヱルサレムよわれらの足はなんぢのもんのうちにたてり
  3. ヱルサレムよなんぢはしげくつらなりたるまちのごとくかたくたてり
  4. もろもろのやからすなはちヤハの支派やからかしこにのぼりきたり イスラエルにむかひて證詞あかしをなし またヱホバのみなにかんしやをなす
  5. 彼處かしこにさばきの寶座みくらまうけらる これダビデの家のみくらなり
  6. ヱルサレムのために平安やすきをいのれ ヱルサレムを愛するものはさかゆべし
  7. ねがはくはなんぢの石垣のうちに平安やすきあり なんぢの諸殿とのどののうちに福祉さいはひあらんことを
  8. わが兄弟きゃうだいのためわがとものために われ今なんぢのなかに平安やすきあれといはん
  9. われらの神ヱホバのいへのために われなんぢの福祉さいはひをもとめん

第一二三篇

みやこまうでの歌

  1. てんにいますものよ われなんぢのむかひて目をあぐ
  2. みよしもべそのしゅの手に目をそゝぎ 婢女はしためその主母とじの手に目をそゝぐがごとく われらはわが神ヱホバに目をそゝぎて そのわれをあはれみたまはんことをまつ
  3. ねがはくはわれらをあはれみたまへ ヱホバよわれらをあはれみたまへ そはわれらに輕侮あなどりみちあふれぬ
  4. おもひわづらひなきものの凌辱はぢしめと たかぶるものの輕侮あなどりとは われらの靈魂たましひにみちあふれぬ

第一二四篇

ダビデのよめるみやこまうでの歌

  1. 今イスラエルはいふべし ヱホバもしわれらのかたにいまさず
  2. 人々われらにさからひておこりたつとき ヱホバもし我儕われらのかたにいまさゞりしならんには
  3. かれらのいかりのわれらにむかひておこりし時 われらをいけるまゝにてのみしならん
  4. また水はわれらをおほひ ながれはわれらの靈魂たましひをうちこえ
  5. たかぶる水はわれらの靈魂たましひをうちこえしならん
  6. ヱホバはほむべきかな 我儕われらをかれらの齒にわたしてかみくらはせたまはざりき
  7. 我儕われらのたましひは捕鳥者とりとりのわなをのがるゝ鳥のごとくにのがれたり わなはやぶれてわれらはのがれたり
  8. われらのたすけ天地あめつちをつくりたまへるヱホバのみなにあり

第一二五篇

みやこまうでのうた

  1. ヱホバに依賴よりたのむものはシオンの山のうごかさるゝことなくして永遠とこしへにあるがごとし
  2. ヱルサレムを山のかこめるごとく ヱホバも今よりとこしへにそのたみをかこみたまはん
  3. 惡のつゑはたゞしきものの所領にとゞまることなかるべし かくてたゞしきものはその手を不義にのぶることあらじ
  4. ヱホバよねがはくは善人よきひととこゝろなほきものとに福祉さいはひをほどこしたまへ
  5. されどヱホバはふりかへりておのがまがれる道にいるものをあしきわざをなすものとともにさらしめたまはん 平安やすきはイスラエルのうへにあれ

第一二六篇

みやこまうでの歌

  1. ヱホバ、シオンの俘囚とらはれびとをかへしたまひし時 われらは夢みるもののごとくなりき
  2. そのときわらひはわれらの口にみち歌はわれらの舌にみてり ヱホバはかれらのためにおほいなることをなしたまへりといへる者もろもろの國のなかにありき
  3. ヱホバわれらのためにおほいなることをなしたまひたれば我儕われらはたのしめり
  4. ヱホバよねがはくは われらの俘囚とらはれびとをみなみの川のごとくに歸したまへ
  5. 淚とともにくものは歡喜よろこびとともにかりとらん
  6. その人はたねをたづさへ淚をながしていでゆけど 禾束たばをたづさへ喜びてかへりきたらん

第一二七篇

ソロモンがよめるみやこまうでのうた

  1. ヱホバ家をたてたまふにあらずば たつるものの勤勞きんらうはむなしく ヱホバしろをまもりたまふにあらずば衞士ゑじのさめをるは徒勞むなしきことなり
  2. なんぢら早くおき遲くいねて辛苦しんくかてをくらふはむなしきなり かくてヱホバそのいつくしみたまふものにねぶりをあたへたまふ
  3. みよ子輩こらはヱホバのあたへたまふ嗣業ゆづりにして たいはそのむくいのたまものなり
  4. 年壯としわかきころほひの子はますらをの手にある矢のごとし
  5. 矢のみちたるえびらをもつ人はさいはひなり かれらもんにありてあたとものいふときはづることあらじ

第一二八篇

みやこまうでの歌

  1. ヱホバをおそれそのみちをあゆむものは皆さいはひなり
  2. そはなんぢおのが手の勤勞きんらうをくらふべければなり なんぢは福祉さいはひをえまた安處やすきにをるべし
  3. なんぢの妻はいへの奥にをりておほくのをむすぶ葡萄ぶだうのごとく なんぢ子輩こらはなんぢのえん圓居まどゐしてかんらんの若樹わかきのごとし
  4. 見よヱホバをおそるゝ者はかく福祉さいはひをえん
  5. ヱホバはシオンよりめぐみをなんぢに賜はん なんぢ世にあらんかぎりヱルサレムの福祉さいはひをみん
  6. なんぢおのが子輩こらの子をみるべし 平安やすきはイスラエルの上にあり

第一二九篇

みやこまうでのうた

  1. 今イスラエルはいふべし 彼等はしばしばわれをわかきときよりなやめたり
  2. かれらはしばしばわれをわかきときよりなやめたり されどわれにかつことを得ざりき
  3. たがへすものはわがそびらをたがへしてそのたみぞをながくせり
  4. ヱホバはたゞし あしきもののなはをたちたまへり
  5. シオンをにくむ者はみなはぢをおびてしりぞかせらるべし
  6. かれらはそだたざるさきにかるゝ屋上やねの草のごとし
  7. これを刈るものはその手にみたず これをつかぬるものはそのたばふところにみたざるなり
  8. かたはらをよぎるものはヱホバのめぐみなんぢの上にあれといはず われらヱホバのみなによりてなんぢらをしくすといはず

第一三〇篇

みやこまうでの歌

  1. あゝヱホバよ われふかきふちよりなんぢをよべり
  2. しゅよねがはくはわが聲をきゝ なんぢのみゝをわが懇求ねがひのこゑにかたぶけたまへ
  3. ヤハよしゅよなんぢもしもろもろの不義に目をとめたまはゞ たれかよくたつことをえんや
  4. されどなんぢにゆるしあれば 人におそれかしこまれ給ふべし
  5. われヱホバを俟望まちのぞむ わが靈魂たましひはまちのぞむ われはその聖言みことばによりてのぞみをいだく
  6. わがたましひは衛士ゑじがあしたをまつにまさり まことにゑじがあしたをまつにまさりてしゅをまてり
  7. イスラエルよヱホバによりてのぞみをいだけ そはヱホバにあはれみあり またゆたかなる救贖あがなひあり
  8. ヱホバはイスラエルをそのもろもろの邪曲よこしまよりあがなひたまはん

第一三一篇

ダビデのよめるみやこまうでのうた

  1. ヱホバよわが心おごらずわが目たかぶらず われはおほいなることとわれにおよばぬくすしきわざとをつとめざりき
  2. われはわが靈魂たましひをもださしめまたやすからしめたり をたちし嬰兒みどりごのその母にたよるごとくがたましひはをたちし嬰兒みどりごのごとくわれにたよれり
  3. イスラエルよ今よりとこしへにヱホバにたよりてのぞみをいだけ

第一三二篇

みやこまうでの歌

  1. ヱホバよねがはくはダビデのためにそのもろもろのうれへをこゝろにとめたまへ
  2. ダビデ、ヱホバにちかひヤコブの全能者ぜんのうしゃにうけひていふ
  3. われヱホバのためにところをたづねいだし ヤコブの全能者ぜんのうしゃのために居所すまひをもとめうるまでは
  4. 我家わがいへ幕屋まくやにいらず わが臥床ふしどにのぼらず
  5. わが目をねぶらしめず わが眼瞼まなぶたをとぢしめざるべしと
  6. われらエフラタにてこれをきゝヤアルのにて見とめたり
  7. われらはその居所すまひにゆきて その承足せうそくのまへに俯伏ひれふさん
  8. ヱホバよねがはくは起きて なんぢの稜威みいづひつとともになんぢの安居所やすみどころにいりたまへ
  9. なんぢの祭司たちは義を なんぢの聖徒せいとはみなよろこびよばふべし
  10. なんぢのしもべダビデのために なんぢの受膏者じゅかうじゃおもをしりぞけたまふなかれ
  11. ヱホバ眞實まことをもてダビデに誓ひたまひたればこれにたがふことあらじ いはく われなんぢの身よりいでし者をなんぢの座位くらゐにざせしめん
  12. なんぢの子輩こらもしわがをしふる契約と證詞あかしとをまもらば かれらの子輩こらもまた永遠とこしへになんぢの座位くらゐにざすべしと
  13. ヱホバはシオンをえらびて おのが居所すみかにせんとのぞみたまへり
  14. いはく これは永遠とこしへにわが安居處やすみどころなり われこゝにすまん そはわれこれをのぞみたればなり
  15. われシオンのかてをゆたかにしくし くひものをもてその貧者まづしきものをあかしめん
  16. われすくひをもてその祭司たちにせん その聖徒せいとはみな聲たからかによろこびよばふべし
  17. われダビデのためにかしこに一つのつのをはえしめん わが受膏者じゅかうじゃのために燈火ともしびをそなへたり
  18. われかれのあたにはぢをせん されどかれはその冠弁かんむりさかゆべし

第一三三篇

ダビデがよめるみやこまうでの歌

  1. よ はらから相睦あひむつみてともにをるはいかによくいかにたのしきかな
  2. かうべにそゝがれたるたふときあぶらひげにながれ アロンのひげにながれ そのころものすそにまで流れしたゝるゝがごとく
  3. またヘルモンのつゆくだりてシオンの山にながるゝがごとし そはヱホバかしこに福祉さいはひをくだし かぎりなき生命いのちをさへあたへたまへり

第一三四篇

みやこまうでの歌

  1. 夜間よるヱホバのいへにたちヱホバにつかふるもろもろのしもべよ ヱホバをほめまつれ
  2. なんぢら聖所せいじょにむかひ手をあげてヱホバをほめまつれ
  3. ねがはくはヱホバ天地あめつちをつくりたまへるもの シオンよりなんぢをめぐみたまはんことを

 百二十篇より百三十四篇迄十五の詩篇は京詣の詩なり。ユダヤ人は毎年ヱルサレムの神殿(みや)に詣づる時、其途中に於て是等の詩篇を歌へり。今日の我等基督者も今は天国に詣づる途中なれば亦此等の詩を歌ふべき也。今以下に各篇の大意を示さん。
 第百二十篇   欺詐(あざむき)の舌より救はれん事を祈る
 第百二十一篇  神の守護(まもり)
 第百二十二篇  神の都を待望む
 第百二十三篇  祈禱(いのり)を以て待望む
▲第百二十四篇  敵よりの救
 此篇に於て敵は(1)猛獣の如く(三、六)、(2)洪水の如く(四、五)、(3)將(は)た捕鳥者(とりとり)の羂の如く(七)攻め來るとも、神が味方に在し給ひし故に救はれし事を感謝す。
 第百二十五篇  聖徒の强き力
 第百二十六篇  全き救の幸福(さいはひ)
▲第百二十七篇  祝福の源たる神の力の働
一、神は建て給ふ(一始)──『ヱホバ家をたてたまふにあらずば 建るものの勤勞はむなしく』
二、神は護り給ふ(一終)──『ヱホバ城をまもりたまふにあらずば衞士のさめをるは徒勞なり』
三、神は休ませ給ふ(二終)──『斯てヱホバその愛しみたまふものに寢をあたへたまふ』
四、神は與へ給ふ(三)──『みよ子輩はヱホバのあたへたまふ嗣業にして 胎の實はその報のたまものなり』
▲第百二十八篇  神を畏るゝ家庭の幸福
一、働祝福せらる(二始)──『そはなんぢおのが手の勤勞をくらふべければなり』
二、幸福(二終)──『なんぢは福祉をえ』
三、健康(二終英譯の意)──『またすこやかなるべし(it shall be well with thee)』
四、多くの子與へらる(三始)──『なんぢの妻はいへの奥にをりておほくの實をむすぶ葡萄の樹のごとく』
五、家庭の繁榮と團欒(三終)──『汝の子輩はなんぢの筵に圓居してかんらんの若樹のごとし』
▲第百二十九篇  苦(くるしみ)の中の勝利
(一〜四)神の民は敵に苦めらるゝも神に護らる
(五〜八)神の民を苦むる敵は衰へ滅ぶ
▲第百三十篇  深き淵より全き救を求む
 一節  深き淵よりの叫
 二節  信仰を以て祈る
 三節  神は罪を認め給ふ
 四節  神は罪を赦し給ふ
 五節  神を待望む
 六節  必ず光を與へらる
 七節  唯神より惠を望む
 八節  凡ての罪より救はる
▲第百三十一篇  乳を斷ちし子供の如き人の祈禱
▲第百三十二篇  神の居所(すみか)
 格別に十三節以下を見よ。神が宿り給ふ結果を見る。
一、豊なる惠(十五始)──『われシオンの糧をゆたかに祝し』
二、滿足(十五終)──『くひものをもてその貧者をあかしめん』
三、救の衣(十六始)──『われ救をもてその祭司たちに衣せん』
四、溢るゝ歡喜(十六終)──『その聖徒はみな聲たからかによろこびよばふべし』
五、新しき力(十七始)──『われダビデのためにかしこに一つの角をはえしめん』(角は力の表號也)
六、光(十七終)──『わが受膏者のために燈火をそなへたり』
七、勝利(十八始)──『われかれの仇にはぢを衣せん』
八、王たる權威榮光(十八終)──『されどかれはその冠弁さかゆべし』
▲第百三十三篇  親睦の福祉
 兄弟姉妹が一致親睦の結果受くる惠は
一、膏(あぶら)(二)──『首にそゝがれたる貴きあぶら鬚にながれ アロンの鬚にながれ その衣のすそにまで流れしたゝるゝがごとく』(膏は常に聖靈の表號也)
二、露(三始)──『またヘルモンの露くだりてシオンの山にながるゝがごとし』(露は靜に下る惠を指す、我等は度々盛なる集會に於て聖靈の惠を受く、然れど又一人靜に祈り又聖言を讀む時、靜に惠まるゝ事屢々也)
三、福祉(三中程)──『そはヱホバがかしこに福祉をくだし』
四、永生(かぎりなきいのち)(三終)──『窮なき生命をさへあたへたまへり』
▲第百三十四篇  讃美によりて惠を受く



| 目次 | 緖言 | 總目次 |