自第百廿篇至第百卅四篇  題目 京詣



第一二〇篇

  1. 京詣(みやこまうで)のうた
    われ困苦(なやみ)にあひてヱホバをよびしかば我にこたへたまへり
  2. ヱホバよねがはくは虛僞(いつはり)のくちびる欺詐(あざむき)の舌よりわが靈魂(たましひ)をたすけいだしたまへ
  3. あざむきの舌よなんぢに何をあたへられ 何をくはへらるべきか
  4. ますらをの利き箭(や)と金萑花(えにしだ)のあつき炭となり
  5. わざはひなるかな われはメセクにやどりケダルの幕屋のかたはらに住めり
  6. わがたましひは平安(やすき)をにくむものと偕にすめり
  7. われは平安をねがふ されど我ものいふときにかれら戰鬪(たゝかひ)をこのむ

第一二一篇

  1. 京(みやこ)まうでの歌
    われ山にむかひて目をあぐ わが扶助(たすけ)はいづこよりきたるや
  2. わがたすけは天地(あめつち)をつくりたまへるヱホバよりきたる
  3. ヱホバはなんぢの足のうごかさるゝを容(ゆる)したまはず 汝をまもるものは微睡(まどろみ)たまふことなし
  4. 視よイスラエルを守りたまふものは微睡(まどろむ)こともなく寢(ねぶ)ることもなからん
  5. ヱホバは汝をまもる者なり ヱホバはなんぢの右手(みぎのて)をおほふ蔭なり
  6. ひるは日なんぢをうたず 夜は月なんぢを傷(うた)じ
  7. ヱホバはなんぢを守りてもろもろの禍害(わざはひ)をまぬかれしめ 並(また)なんぢの靈魂をまもりたまはん
  8. ヱホバは今よりとこしへにいたるまで 汝のいづると入るとをまもりたまはん

第一二二篇

  1. ダビデがよめる京まうでの歌
    人われにむかひて 率(いざ)ヱホバのいへにゆかんといへるとき我よろこべり
  2. ヱルサレムよわれらの足はなんぢの門のうちにたてり
  3. ヱルサレムよなんぢは稠(しげ)くつらなりたる邑(まち)のごとく固くたてり
  4. もろもろのやから即ちヤハの支派(やから)かしこに上りきたり イスラエルにむかひて證詞(あかし)をなし またヱホバの名(みな)にかんしやをなす
  5. 彼處にさばきの寶座(みくら)まうけらる これダビデの家のみくらなり
  6. ヱルサレムのために平安(やすき)をいのれ ヱルサレムを愛するものは榮ゆべし
  7. ねがはくはなんぢの石垣のうちに平安あり なんぢの諸殿(とのどの)のうちに福祉(さいはひ)あらんことを
  8. わが兄弟のためわが侶(とも)のために われ今なんぢのなかに平安あれといはん
  9. われらの神ヱホバのいへのために 我なんぢの福祉をもとめん

第一二三篇

  1. 京まうでの歌
    天にいますものよ 我なんぢのむかひて目をあぐ
  2. みよ僕その主の手に目をそゝぎ 婢女(はしため)その主母(とじ)の手に目をそゝぐがごとく われらはわが神ヱホバに目をそゝぎて そのわれを憐みたまはんことをまつ
  3. ねがはくはわれらを憐みたまへ ヱホバよわれらを憐みたまへ そはわれらに輕侮(あなどり)みちあふれぬ
  4. おもひわづらひなきものの凌辱(はぢしめ)と たかぶるものの輕侮とは われらの靈魂にみちあふれぬ

第一二四篇

  1. ダビデのよめる京まうでの歌
    今イスラエルはいふべし ヱホバもしわれらの方にいまさず
  2. 人々われらにさからひて起りたつとき ヱホバもし我儕のかたに在さゞりしならんには
  3. かれらの怒のわれらにむかひておこりし時 われらを生るまゝにて呑しならん
  4. また水はわれらをおほひ 流はわれらの靈魂をうちこえ
  5. 高ぶる水はわれらの靈魂をうちこえしならん
  6. ヱホバはほむべきかな 我儕をかれらの齒にわたして嚙くらはせたまはざりき
  7. 我儕のたましひは捕鳥者(とりとり)のわなをのがるゝ鳥のごとくにのがれたり 羂(わな)はやぶれてわれらはのがれたり
  8. われらの助は天地(あめつち)をつくりたまへるヱホバの名(みな)にあり

第一二五篇

  1. みやこ詣のうた
    ヱホバに依賴むものはシオンの山のうごかさるゝことなくして永遠(とこしへ)にあるがごとし
  2. ヱルサレムを山のかこめるごとく ヱホバも今よりとこしへにその民をかこみたまはん
  3. 惡の杖はたゞしきものの所領にとゞまることなかるべし 斯てたゞしきものはその手を不義にのぶることあらじ
  4. ヱホバよねがはくは善人(よきひと)とこゝろ直きものとに福祉(さいはひ)をほどこしたまへ
  5. されどヱホバは轉(ふりか)へりておのが曲れる道にいるものを惡きわざをなすものとともに去しめたまはん 平安(やすき)はイスラエルのうへにあれ

第一二六篇

  1. 京まうでの歌
    ヱホバ、シオンの俘囚(とらはれびと)をかへしたまひし時 われらは夢みるもののごとくなりき
  2. そのとき笑はわれらの口にみち歌はわれらの舌にみてり ヱホバはかれらのために大なることを作(なし)たまへりといへる者もろもろの國のなかにありき
  3. ヱホバわれらのために大なることをなしたまひたれば我儕はたのしめり
  4. ヱホバよ願くはわれらの俘囚をみなみの川のごとくに歸したまへ
  5. 淚とともに播くものは歡喜(よろこび)とともに穫(かりと)らん
  6. その人は種をたづさへ淚をながしていでゆけど 禾束(たば)をたづさへ喜びてかへりきたらん

第一二七篇

  1. ソロモンがよめる京まうでのうた
    ヱホバ家をたてたまふにあらずば 建(たつ)るものの勤勞はむなしく ヱホバ城をまもりたまふにあらずば衞士(ゑじ)のさめをるは徒勞(むなしきこと)なり
  2. なんぢら早くおき遲くいねて辛苦の糧をくらふはむなしきなり 斯てヱホバその愛しみたまふものに寢(ねぶり)をあたへたまふ
  3. みよ子輩(こら)はヱホバのあたへたまふ嗣業(ゆづり)にして 胎の實はその報のたまものなり
  4. 年壯(わか)きころほひの子はますらをの手にある矢のごとし
  5. 矢のみちたる箙(えびら)をもつ人はさいはひなり かれら門にありて仇とものいふとき恥ることあらじ

第一二八篇

  1. 京まうでの歌
    ヱホバをおそれその道をあゆむものは皆さいはひなり
  2. そはなんぢおのが手の勤勞をくらふべければなり なんぢは福祉(さいはひ)をえまた安處(やすき)にをるべし
  3. なんぢの妻はいへの奥にをりておほくの實をむすぶ葡萄の樹のごとく 汝の子輩はなんぢの筵に圓居(まどゐ)してかんらんの若樹のごとし
  4. 見よヱホバをおそるゝ者はかく福祉をえん
  5. ヱホバはシオンより惠をなんぢに賜はん なんぢ世にあらんかぎりヱルサレムの福祉をみん
  6. なんぢおのが子輩の子をみるべし 平安(やすき)はイスラエルの上にあり

第一二九篇

  1. 京まうでのうた
    今イスラエルはいふべし 彼等はしばしば我をわかきときより惱めたり
  2. かれらはしばしば我をわかきときより惱めたり されどわれに勝(かつ)ことを得ざりき
  3. 耕(たがへ)すものはわが背(そびら)をたがへしてその畎(たみぞ)をながくせり
  4. ヱホバは義し あしきものの繩をたちたまへり
  5. シオンをにくむ者はみな恥をおびてしりぞかせらるべし
  6. かれらは長(そだ)たざるさきにかるゝ屋上(やね)の草のごとし
  7. これを苅るものはその手にみたず 之をつかぬるものはその束ふところに盈(みた)ざるなり
  8. かたはらを過(よぎ)るものはヱホバの惠なんぢの上にあれといはず われらヱホバの名(みな)によりてなんぢらを祝すといはず

第一三〇篇

  1. 京まうでの歌
    あゝヱホバよ われふかき淵より汝をよべり
  2. 主よねがはくはわが聲をきゝ 汝のみゝをわが懇求(ねがひ)のこゑにかたぶけたまへ
  3. ヤハよ主よなんぢ若(もし)もろもろの不義に目をとめたまはゞ 誰かよく立(たつ)ことをえんや
  4. されどなんぢに赦(ゆるし)あれば 人におそれかしこまれ給ふべし
  5. 我ヱホバを俟望む わが靈魂(たましひ)はまちのぞむ われはその聖言によりて望をいだく
  6. わがたましひは衛士(ゑじ)があしたを待(まつ)にまさり 誠にゑじが旦(あした)をまつにまさりて主をまてり
  7. イスラエルよヱホバによりて望をいだけ そはヱホバにあはれみあり またゆたかなる救贖(あがなひ)あり
  8. ヱホバはイスラエルをそのもろもろの邪曲(よこしま)よりあがなひたまはん

第一三一篇

  1. ダビデのよめる京まうでのうた
    ヱホバよわが心おごらずわが目たかぶらず われは大なることと我におよばぬ奇しき事(わざ)とをつとめざりき
  2. われはわが靈魂をもださしめまた安からしめたり 乳(ち)をたちし嬰兒(みどりご)のその母にたよるごとく我がたましひは乳をたちし嬰兒のごとくわれに恃(たよ)れり
  3. イスラエルよ今よりとこしへにヱホバにたよりて望をいだけ

第一三二篇

  1. 京まうでの歌
    ヱホバよねがはくはダビデの爲にそのもろもろの憂(うれへ)をこゝろに記(とめ)たまへ
  2. ダビデ、ヱホバにちかひヤコブの全能者にうけひていふ
  3. われヱホバのために處をたづねいだし ヤコブの全能者のために居所(すまひ)をもとめうるまでは
  4. 我家(わがいへ)の幕屋にいらず わが臥床にのぼらず
  5. わが目をねぶらしめず わが眼瞼(まなぶた)をとぢしめざるべしと
  6. われらエフラタにて之をきゝヤアルの野にて見とめたり
  7. われらはその居所にゆきて その承足(せうそく)のまへに俯伏(ひれふ)さん
  8. ヱホバよねがはくは起きて なんぢの稜威(みいづ)の櫃(ひつ)とともになんぢの安居所(やすみどころ)にいりたまへ
  9. なんぢの祭司たちは義を衣(き) なんぢの聖徒はみな歡びよばふべし
  10. なんぢの僕ダビデのために なんぢの受膏者の面(おも)をしりぞけたまふなかれ
  11. ヱホバ眞實(まこと)をもてダビデに誓ひたまひたれば之にたがふことあらじ 曰く われなんぢの身よりいでし者をなんぢの座位(くらゐ)にざせしめん
  12. なんぢの子輩(こら)もしわがをしふる契約と證詞とをまもらば かれらの子輩もまた永遠(とこしへ)になんぢの座位にざすべしと
  13. ヱホバはシオンを擇びて おのが居所(すみか)にせんとのぞみたまへり
  14. 曰く これは永遠にわが安居處(やすみどころ)なり われこゝに住ん そはわれ之をのぞみたればなり
  15. われシオンの糧をゆたかに祝(しく)し くひものをもてその貧者(まづしきもの)をあかしめん
  16. われ救をもてその祭司たちに衣せん その聖徒はみな聲たからかによろこびよばふべし
  17. われダビデのためにかしこに一つの角をはえしめん わが受膏者のために燈火(ともしび)をそなへたり
  18. われかれの仇にはぢを衣せん されどかれはその冠弁(かんむり)さかゆべし

第一三三篇

  1. ダビデがよめる京まうでの歌
    視よ はらから相睦てともにをるはいかに善(よく)いかに樂きかな
  2. 首(かうべ)にそゝがれたる貴きあぶら鬚にながれ アロンの鬚にながれ その衣のすそにまで流れしたゝるゝがごとく
  3. またヘルモンの露くだりてシオンの山にながるゝがごとし そはヱホバかしこに福祉(さいはひ)をくだし 窮(かぎり)なき生命をさへあたへたまへり

第一三四篇

  1. 京まうでの歌
    夜間(よる)ヱホバのいへにたちヱホバに事ふるもろもろの僕よ ヱホバをほめまつれ
  2. なんぢら聖所にむかひ手をあげてヱホバをほめまつれ
  3. ねがはくはヱホバ天地(あめつち)をつくりたまへるもの シオンより汝をめぐみたまはんことを

 百二十篇より百三十四篇迄十五の詩篇は京詣の詩なり。ユダヤ人は毎年ヱルサレムの神殿(みや)に詣づる時、其途中に於て是等の詩篇を歌へり。今日の我等基督者も今は天国に詣づる途中なれば亦此等の詩を歌ふべき也。今以下に各篇の大意を示さん。
 第百二十篇   欺詐(あざむき)の舌より救はれん事を祈る
 第百二十一篇  神の守護(まもり)
 第百二十二篇  神の都を待望む
 第百二十三篇  祈禱(いのり)を以て待望む
▲第百二十四篇  敵よりの救
 此篇に於て敵は(1)猛獣の如く(三、六)、(2)洪水の如く(四、五)、(3)將(は)た捕鳥者(とりとり)の羂の如く(七)攻め來るとも、神が味方に在し給ひし故に救はれし事を感謝す。
 第百二十五篇  聖徒の强き力
 第百二十六篇  全き救の幸福(さいはひ)
▲第百二十七篇  祝福の源たる神の力の働
一、神は建て給ふ(一始)──『ヱホバ家をたてたまふにあらずば 建るものの勤勞はむなしく』
二、神は護り給ふ(一終)──『ヱホバ城をまもりたまふにあらずば衞士のさめをるは徒勞なり』
三、神は休ませ給ふ(二終)──『斯てヱホバその愛しみたまふものに寢をあたへたまふ』
四、神は與へ給ふ(三)──『みよ子輩はヱホバのあたへたまふ嗣業にして 胎の實はその報のたまものなり』
▲第百二十八篇  神を畏るゝ家庭の幸福
一、働祝福せらる(二始)──『そはなんぢおのが手の勤勞をくらふべければなり』
二、幸福(二終)──『なんぢは福祉をえ』
三、健康(二終英譯の意)──『またすこやかなるべし(it shall be well with thee)』
四、多くの子與へらる(三始)──『なんぢの妻はいへの奥にをりておほくの實をむすぶ葡萄の樹のごとく』
五、家庭の繁榮と團欒(三終)──『汝の子輩はなんぢの筵に圓居してかんらんの若樹のごとし』
▲第百二十九篇  苦(くるしみ)の中の勝利
(一〜四)神の民は敵に苦めらるゝも神に護らる
(五〜八)神の民を苦むる敵は衰へ滅ぶ
▲第百三十篇  深き淵より全き救を求む
 一節  深き淵よりの叫
 二節  信仰を以て祈る
 三節  神は罪を認め給ふ
 四節  神は罪を赦し給ふ
 五節  神を待望む
 六節  必ず光を與へらる
 七節  唯神より惠を望む
 八節  凡ての罪より救はる
▲第百三十一篇  乳を斷ちし子供の如き人の祈禱
▲第百三十二篇  神の居所(すみか)
 格別に十三節以下を見よ。神が宿り給ふ結果を見る。
一、豊なる惠(十五始)──『われシオンの糧をゆたかに祝し』
二、滿足(十五終)──『くひものをもてその貧者をあかしめん』
三、救の衣(十六始)──『われ救をもてその祭司たちに衣せん』
四、溢るゝ歡喜(十六終)──『その聖徒はみな聲たからかによろこびよばふべし』
五、新しき力(十七始)──『われダビデのためにかしこに一つの角をはえしめん』(角は力の表號也)
六、光(十七終)──『わが受膏者のために燈火をそなへたり』
七、勝利(十八始)──『われかれの仇にはぢを衣せん』
八、王たる權威榮光(十八終)──『されどかれはその冠弁さかゆべし』
▲第百三十三篇  親睦の福祉
 兄弟姉妹が一致親睦の結果受くる惠は
一、膏(あぶら)(二)──『首にそゝがれたる貴きあぶら鬚にながれ アロンの鬚にながれ その衣のすそにまで流れしたゝるゝがごとく』(膏は常に聖靈の表號也)
二、露(三始)──『またヘルモンの露くだりてシオンの山にながるゝがごとし』(露は靜に下る惠を指す、我等は度々盛なる集會に於て聖靈の惠を受く、然れど又一人靜に祈り又聖言を讀む時、靜に惠まるゝ事屢々也)
三、福祉(三中程)──『そはヱホバがかしこに福祉をくだし』
四、永生(かぎりなきいのち)(三終)──『窮なき生命をさへあたへたまへり』
▲第百三十四篇  讃美によりて惠を受く



| 目次 | 緖言 | 總目次 |