第百三十五篇  題目 ヱホバを讃稱へよ



  1. なんぢらヱホバを讃(ほめ)稱へよ ヱホバの名(みな)をほめたゝへよ ヱホバの僕等をほめたゝへよ
  2. ヱホバの家われらの神のいへの大庭にたつものよ 讃稱へよ
  3. ヱホバは惠ふかし なんぢらヱホバをほめたゝへよ その聖名(みな)はうるはし讃うたへ
  4. そはヤハおのがためにヤコブをえらみ イスラエルをえらみてその珍寳(うづたから)となしたまへり
  5. われヱホバの大なるとわれらの主のもろもろの神にまされるとをしれり
  6. ヱホバその聖旨(みこゝろ)にかなふことを天(あめ)にも地(つち)にも海にも淵にもみなことごとく行ひ給ふなり
  7. ヱホバは地(ち)のはてより霧をのぼらせ 雨のために電光(いなづま)をつくり その庫(くら)より風をいだしたまふ
  8. ヱホバは人より畜類(けだもの)にいたるまでエジプトの首出(うひご)をうちたまへり
  9. エジプトよヱホバはなんぢの中にしるしと奇しき事跡(みわざ)とをおくりて パロとその僕とに臨ませ給へり
  10. ヱホバはおほくの國々をうち 又いきほひある王等(わうたち)をころし給へり
  11. アモリ人のわうシホン、バシヤンの王オグならびにカナンの國々なり
  12. かれらの地をゆづりとし その民イスラエルの嗣業(ゆづり)としてあたへ給へり
  13. ヱホバよなんぢの名はとこしへに絶(たゆ)ることなし ヱホバよなんぢの記念はよろづ世におよばん
  14. ヱホバはその民のために審判(さばき)をなし その僕等にかゝはれる聖意(みこゝろ)をかへたまふ可ればなり
  15. もろもろのくにの偶像はしろかねと金(こがね)にして人の手のわざなり
  16. そのぐうざうは口あれどいはず目あれど見ず
  17. 耳あれどきかず またその口に氣息(いき)あることなし
  18. これを造るものと之によりたのむものとは皆これにひとしからん
  19. イスラエルの家よヱホバをほめまつれ アロンのいへよヱホバをほめまつれ
  20. レビの家よヱホバをほめまつれ ヱホバを畏るゝものよヱホバをほめまつれ
  21. ヱルサレムにすみたまふヱホバは シオンにて讃まつるべきかな ヱホバをほめたゝへよ

▲本篇に『ヱホバを讃稱へよ』なる言十一度記さる。是れ本篇の大意なり。
 (一〜三)ヱホバを讃美すべきを促す
 (四〜七)自然界の主なるヱホバ、イスラエルを撰び給へり
 (八〜十四)斯てイスラエルを惠み祝し給へり
 (十五〜十八)偶像の空しき事
 (十九〜廿一)イスラエルの凡ての階級に神を讃美すべき事を勸む



| 目次 | 緖言 | 總目次 |