第百三十六篇  題目 永遠に絕ゆる事なき憐憫



  1. ヱホバに感謝せよ ヱホバはめぐみふかし その憐憫(あはれみ)はとこしへに絕ることなければなり
  2. もろもろの神の神にかんしやせよ その憐憫はとこしへにたゆることなければなり
  3. もろもろの主の主に感謝せよ その憐憫はとこしへにたゆることなければなり
  4. たゞ獨りおほいなる奇跡(くしわざ)なしたまふものに感謝せよ その憐憫はとこしへにたゆることなければなり
  5. 智慧をもてもろもろの天をつくりたまへるものに感謝せよ そのあはれみは永遠にたゆることなければなり
  6. 地を水のうへに布(しき)たまへるものに感謝せよ そのあはれみは永遠にたゆることなければなり
  7. 巨大(おほい)なる光をつくりたまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへに絕ることなければなり
  8. 晝をつかさどらするために日をつくりたまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへにたゆることなければなり
  9. 夜をつかさどらするために月ともろもろの星とをつくりたまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへにたゆることなければなり
  10. もろもろの首出(うひご)をうちてエジプトを責めたまへるものに感謝せよ そのあはれみは永遠にたゆることなければなり
  11. イスラエルを率てエジプト人のなかより出したまへる者にかんしやせよ そのあはれみはとこしへに絕ることなければなり
  12. 臂(かひな)をのばしつよき手(みて)をもて之をひきいだしたまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへにたゆることなければなり
  13. 紅海を二つに分たまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへにたゆることなければなり
  14. イスラエルをしてその中をわたらしめ給へるものに感謝せよ そのあはれみは永遠にたゆることなければなり
  15. パロとその軍兵(つはもの)とを紅海のうちに仆(たふ)したまへるものに感謝せよ そのあはれみは永遠にたゆることなければなり
  16. その民をみちびきて野をすぎしめたまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへにたゆることなければなり
  17. 大なる王たちを撃たまへるものに感謝せよ そのあはれみは永遠にたゆることなければなり
  18. 名ある王等(わうたち)をころしたまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへに絕ることなければなり
  19. アモリ人のわうシホンをころしたまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへにたゆることなければなり
  20. バシヤンのわうオグを誅(ころ)したまへるものに感謝せよ そのあはれみは永遠にたゆることなければなり
  21. かれらの地を嗣業(ゆづり)としてあたへたまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへにたゆることなければなり
  22. その僕イスラエルにゆづりとして之をあたへたまへるものに感謝せよ そのあはれみは永遠にたゆることなければなり
  23. われらが微賤(いやし)かりしときに記念したまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへに絕ることなければなり
  24. わが敵よりわれらを助けいだしたまへる者にかんしやせよ その憐憫はとこしへに絕ることなければなり
  25. すべての生(いけ)るものに食物(くひもの)をあたへたまふものに感謝せよ そのあはれみはとこしへに絕ることなければなり
  26. 天の神にかんしやせよ その憐憫はとこしへに絕ることなければなり

 本篇に於ては感謝すべき神の御業を順次に述べて一節々々毎に
 『‥‥‥感謝せよ その憐憫はとこしへに絕ることなければなり』
と記す。
 (一〜三)惠深く大なる主なる故に感謝すべし
 (四〜九)自然界に於る神の働を見て感謝すべし
 (十〜廿六)イスラエルの歴史に於る神の惠を思うて感謝すべし



| 目次 | 緖言 | 總目次 |