第百三十七篇  題目 俘囚者とらはれびとの悲嘆



  1. われらバビロンのかはのほとりにすわり シオンをおもひいでて淚をながしぬ
  2. われらそのあたりのやなぎにわがことをかけたり
  3. そはわれらをとりこにせしもの われらに歌をもとめたり 我儕われらをくるしむる者われらにおのれをよろこばせんとて シオンのうた一つうたへといへり
  4. われら外邦とつくににありていかでヱホバの歌をうたはんや
  5. ヱルサレムよもしわれなんぢをわすれなば わが右の手にそのたくみをわすれしめたまへ
  6. もしわれなんぢを思ひいでず もしわれヱルサレムをわがすべての歡喜よろこびきはみとなさずばわが舌をわがあぎにつかしめたまへ
  7. ヱホバよねがはくはヱルサレムの日にエドムの子輩こらがこれを掃除はらひのぞけ そのもとゐまでもはらひのぞけといへるを 聖意みこゝろにとめたまへ
  8. ほろぼさるべきバビロンのむすめよ なんぢがわれらになししごとくなんぢにむくゆる人はさいはひなるべし
  9. なんぢの嬰兒みどりごをとりて岩のうへになげうつものはさいはひなるべし

一、過去に於る惠を思ひ出して悲しむ(一)
二、喜悦(よろこび)を失ひ讃美を中止して苦む(二、三)
三、証詞する勇氣なし(四)
四、然れども今一度神の御臨在(ヱルサレム)を慕ふ(五、六)
五、敵の滅されん事を祈る(七〜九)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |