第百三十七篇  題目 俘囚者(とらはれびと)の悲嘆



  1. われらバビロンの河のほとりにすわり シオンをおもひいでて淚をながしぬ
  2. われらそのあたりの柳にわが琴をかけたり
  3. そはわれらを虜にせしもの われらに歌をもとめたり 我儕(われら)をくるしむる者われらにおのれを歡ばせんとて シオンのうた一つうたへといへり
  4. われら外邦(とつくに)にありていかでヱホバの歌をうたはんや
  5. ヱルサレムよもし我なんぢをわすれなば わが右の手にその巧をわすれしめたまへ
  6. もしわれ汝を思ひいでず もしわれヱルサレムをわがすべての歡喜(よろこび)の極(きはみ)となさずばわが舌をわが腭(あぎ)につかしめたまへ
  7. ヱホバよねがはくはヱルサレムの日にエドムの子輩(こら)がこれを掃除(はらひのぞ)け その基までもはらひのぞけといへるを 聖意(みこころ)にとめたまへ
  8. ほろぼさるべきバビロンの女(むすめ)よ なんぢがわれらに作(なし)しごとく汝にむくゆる人はさいはひなるべし
  9. なんぢの嬰兒(みどりご)をとりて岩のうへになげうつものは福(さいは)ひなるべし

一、過去に於る惠を思ひ出して悲しむ(一)
二、喜悦(よろこび)を失ひ讃美を中止して苦む(二、三)
三、証詞する勇氣なし(四)
四、然れども今一度神の御臨在(ヱルサレム)を慕ふ(五、六)
五、敵の滅されん事を祈る(七〜九)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |