第百三十九篇  題目 我を探り給へ (廿三)



伶長うたのかみにうたはしめたるダビデの歌

  1. ヱホバよなんぢはわれをさぐりわれをしりたまへり
  2. なんぢはわがすわるをもたつをもしり 又とほくよりわがおもひをわきまへたまふ
  3. なんぢはわが步むをもわがふすをもさぐりいだし わがもろもろのみちをことごとくしりたまへり
  4. そはわが舌に一言ひとことありとも よヱホバよなんぢことごとくしりたまふ
  5. なんぢは前よりうしろよりわれをかこみ わが上にそのみてをおき給へり
  6. かゝる知識はいとくすしくしてわれにすぐ また高くして及ぶことあたはず
  7. われいづこにゆきてなんぢの聖靈みたまをはなれんや われいづこにゆきてなんぢのみまへをのがれんや
  8. われ天にのぼるともなんぢかしこにいまし われわがとこ陰府よみにまうくるとも よなんぢ彼處かしこにいます
  9. われあけぼののつばさをかりて海のはてにすむとも
  10. かしこにてなほなんぢのみてわれをみちびき なんぢのみぎのみてわれをたもちたまはん
  11. くらきはかならずわれをおほひ われをかこめる光はとならんとわれいふとも
  12. なんぢのみまへにはくらきものをかくすことなく よるもひるのごとくに輝けり なんぢにはくらきも光もことなることなし
  13. なんぢはわがはらわたをつくり又わがはゝのたいにわれを組成くみなしたまひたり
  14. われなんぢに感謝す われはおそるべくくすしくつくられたり なんぢの事跡みわざはことごとくくすし わが靈魂たましひはいとつばらにこれをしれり
  15. われ隱れたるところにてつくられ 底所そこべにてたへにつゞりあはされしとき わが骨なんぢにかくるゝことなかりき
  16. わがむくろいまだまたからざるに なんぢのみめははやくよりこれをみ 日々ひにひにかたちづくられしわが百體ひゃくたいひとつだにあらざりし時に ことごとくなんぢのふみにしるされたり
  17. 神よなんぢのもろもろの思念みおもひはわれにたふときこといかばかりぞや そのみおもひの總計すべくゝりはいかに多きかな
  18. われこれをかぞへんとすれどもそのかずはすなよりもおほし われさむるときもなほなんぢとともにをる
  19. 神よなんぢはかならず惡者あしきものをころし給はん されば血をながすものよわれをはなれされ
  20. かれらはあしき企圖くはだてをもてなんぢにさからひてものいふ なんぢのあたはみだりに聖名みなをとなふるなり
  21. ヱホバよわれはなんぢをにくむ者をにくむにあらずや なんぢにさからひておこりたつものをいとふにあらずや
  22. われいたくかれらをにくみてわがあたとす
  23. 神よねがはくはわれをさぐりて わが心をしり われをこゝろみてわがもろもろの思念おもひをしりたまへ
  24. ねがはくはわれによこしまなるみちのありやなしやを見て われを永遠とこしへのみちに導きたまへ

 神よ我を探り給へとは僞善者の祈る能はざる處にして潔き忠信なる聖徒のみ祈り得る處なり。
▲本篇の分解
 (一〜六)神は我が凡てを知り給ふ
  我が起居動作をも(二始)
  我が思念をも(二終)
  我が行爲をも(三始)
  我が休息をも(三始)
  我が習慣をも(三終)
  我が言語をも(四)
 (七〜十二)神は常に我と偕に在し給ふ
 (十三〜十六)我が生れざる前より神は知り給へり
 (十七、十八)神の御計畫は貴し
 (十九〜廿二)敵の事を訴ふ
 (廿三、廿四)神に探られん事を祈り求む



| 目次 | 緖言 | 總目次 |