第百四十篇



  1. 伶長にうたはしめたるダビデのうた
    ヱホバよねがはくは惡人(あしきひと)よりわれを助けいだし 我をまもりて强暴人(あらぶるもの)よりのがれしめたまへ
  2. かれらは心のうちに殘害(そこなひ)をくはだて たえず戰鬪(たゝかひ)をおこす
  3. かれらは蛇のごとくおのが舌を利く(とく)す そのくちびるのうちに蝮の毒あり セラ
  4. ヱホバよ願くはわれを保ちてあしきひとの手よりのがれしめ 我をまもりてわが足をつまづかせんと謀るあらぶる人よりのがれしめ給へ
  5. 高ぶるものはわがために羂(わな)と索(つな)とをふせ 路のほとりに網をはり かつ機(おし)をまうけたり セラ
  6. われヱホバにいへらく 汝はわが神なり ヱホバよねがはくはわが祈のこゑをきゝ給へ
  7. わが救のちからなる主の神よ なんぢはたゝかひの日にわが首(かうべ)をおほひたまへり
  8. ヱホバよあしきひとの欲(ねがひ)のまゝにすることをゆるしたまふなかれ そのあしき企圖をとげしめたまふなかれ おそらくは彼等みづから誇らん セラ
  9. われを圍むるものの首はおのれのくちびるの殘害におほはるべし
  10. もえたる炭はかれらのうへにおち かれらは火になげいれられ ふかき穴になげいれられて再びおきいづることあたはざるべし
  11. 惡言(あしきこと)をいふものは世にたてられず 暴(あら)ぶるものはわざはひに追及れてたふさるべし
  12. われは苦しむものの訴(うたへ)と まづしきものの義とを ヱホバの守りたまふを知る
  13. 義者(たゞしきもの)はかならず聖名にかんしやし 直者(なほきもの)はみまへに住ん

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |