第百四十一篇



  1. ダビデのうた
    ヱホバよ我なんぢを呼ふ ねがはくは速かにわれにきたりたまへ われ汝をよばふときわが聲に耳をかたぶけたまへ
  2. われは薰物(たきもの)のごとくにわが祈をみまへにさゝげ 夕(ゆふべ)のそなへものの如くにわが手をあげて聖前にさゝげんことをねがふ
  3. ヱホバよねがはくはわが口に門守をおきて わがくちびるの戶をまもりたまへ
  4. 惡事(あしきこと)にわがこゝろを傾けしめて 邪曲(よこしま)をおこなふ者とともに惡きわざにあづからしめ給ふなかれ 又かれらの珍饍(うまきもの)をくらはしめたまふなかれ
  5. 義者(たゞしきもの)われをうつとも我はこれを愛しみとし その我をせむるを頭(かしら)のあぶらとせん わが頭はこれを辭(いな)まず かれらが禍害(わざはひ)にあふときもわが祈はたえじ
  6. その審士(さばきびと)はいはほの崕(がけ)になげられん かれらわがことばの甘美(あまき)によりて聽(きく)ことをすべし
  7. 人つちを耕(たがへ)しうがつごとく我儕(われら)のほねははかの口にちらさる
  8. されど主ヱホバよ わが目はなほ汝にむかふ 我なんぢに依賴めり ねがはくはわが靈魂(たましひ)をともしきまゝに捨おきたまふなかれ
  9. 我をまもりてかれらがわがためにまうくる羂(わな)と よこしまを行ふものの機(おし)とをまぬかれしめたまへ
  10. われは全くのがれん あしきものをおのれの網におちいらしめたまへ

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |