第百四十二篇  題目 自由を願ふ (七)



ダビデがほらにありしときよみたる敎へのうたなり いのりなり

  1. われこゑをいだしてヱホバによばはり こゑをいだしてヱホバにこひもとむ
  2. われはその聖前みまへにわが歎息なげきをそゝぎいだし そのみまへにわが患難なやみをあらはす
  3. わが靈魂たましひわがうちにきえうせんとするときも なんぢわがみちをしりたまへり 人われをとらへんとてわがゆくみちにわなをかくせり
  4. ねがはくはわがみぎの手にみめをそゝぎて見たまへ 一人ひとりだにわれをしるものなし われには避所さけどころなくまたわが靈魂たましひをかへりみる人なし
  5. ヱホバよわれなんぢをよばふ われいへらくなんぢはわがさけどころ 有生いけるものの地にてわがうべきものなりと
  6. ねがはくはわが號呼さけびにみこゝろをとめたまへ われいたくひくくせられたればなり われをせむる者より助けいだしたまへ 彼等はわれにまさりて强ければなり
  7. ねがはくはわがたましひを囹圄ひとやよりいだし われに聖名みなを感謝せしめたまへ なんぢ豐かにわれをあしらひたまふべければなり 義者たゞしきものわれをめぐらん

▲本篇の分解
 (一、二)熱心なる祈禱
 (三)  神は我が狀態を知り給ふ
 (四)  恐るべき場合に助くる者なし
 (五、六)目を擧げて信じて祈る
 (七)  神の豊なる惠



| 目次 | 緖言 | 總目次 |