第百四十三篇



  1. ダビデのいた
    ヱホバよねがはくはわが祈をきゝ わが懇求(ねがひ)にみゝをかたぶけたまへ なんぢの眞實なんぢの公義(たゞしき)をもて我にこたへたまへ
  2. 汝のしもべの審判(さばき)にかゝつらひたまふなかれ そはいけるもの一人だにみまへに義とせらるゝはなし
  3. 仇はわがたましひを迫めわが生命を地にうちすて 死てひさしく世を經たるもののごとく 我をくらき所にすまはせたり
  4. 又わがたましひはわが衷にきえうせんとし わが心はわがうちに曠(あれ)さびれたり
  5. われはいにしへの日をおもひいで 汝のおこなひたまひし一切(すべて)のことを考へ なんぢの手(みて)のみわざをおもふ
  6. われ汝にむかひてわが手をのべ わがたましひは燥(かわ)きおとろへたる地のごとく汝をしたへり セラ
  7. ヱホバよ速かにわれにこたへたまへ わが靈魂(たましひ)はおとろふ われに聖顏をかくしたまふなかれ おそらくはわれ穴にくだるもののごとくならん
  8. 朝(あした)になんぢの仁慈(いつくしみ)をきかしめたまへ われ汝によりたのめばなり わが步むべき途(みち)をしらせたまへ われわが靈魂をなんぢに擧ればなり
  9. ヱホバよねがはくは我をわが仇よりたすけ出したまへ われ匿れんとして汝にはしりゆく
  10. 汝はわが神なり われに聖旨をおこなふことををしへたまへ 惠ふかき聖靈(みたま)をもて我をたひらかなる國にみちびきたまへ
  11. ヱホバよねがはくは聖名のために我をいかし なんぢの義によりてわがたましひを患難(なやみ)よりいだしたまへ
  12. 又なんぢの仁慈によりてわが仇をたち 靈魂をくるしむる者をことごとく滅したまへ そは我なんぢの僕なり

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |