第百四十八篇



  1. ヱホバをほめたゝへよ もろもろのてんよりヱホバをほめたゝへよ もろもろの高所たかきところにてヱホバをほめたゝへよ
  2. その天使みつかひよみなヱホバをほめたゝへよ その萬軍ばんぐんよみなヱホバをほめたゝへよ
  3. つきよヱホバをほめたゝへよ ひかりのほしよみなヱホバをほめたゝへよ
  4. もろもろのてんのてんよ てんのうへなるみづよ ヱホバをほめたゝへよ
  5. これらはみなヱホバの聖名みなをほめたゝふべし そはヱホバ命じたまひたればかれらは造られたり
  6. ヱホバまた此等これらをいやとほながにたてたまひたり 又すぎうすまじき詔命みことのりをくだしたまへり
  7. たつよ すべてのふちよりヱホバをほめたゝへよ
  8. あられゆききりよ みことばにしたがふ狂風あらし
  9. もろもろのやま もろもろのをか をむすぶ すべての香柏かうはく
  10. けもの もろもろの牲畜けだもの はふもの つばさあるとり
  11. わうたち もろもろのたみ 諸侯きみたちのもろもろの審士さばきびと
  12. わかきをのこ わかきをみな おいたる人 をさなきものよ
  13. みなヱホバの聖名みなをほめたゝふべし その聖名みなはたかくしてたぐひなく そのえいくわうはよりもてんよりもうへにあればなり
  14. ヱホバはそのたみのために一つのつのをあげたまへり こはそのもろもろの聖徒せいとのほまれ ヱホバにちかきたみなるイスラエルの子輩こらのほまれなり ヱホバを讃稱ほめたゝへよ

▲本篇の分解  一節に『天よりヱホバをほめたゝへよ』とあり、七節に『地よりヱホバをほめたゝへよ』とあり、是によりて二つに區分す。
 (一〜六) 天にあるものよヱホバを讃稱へよ
 (七〜十四)地にあるものよヱホバを讃稱へよ
 啻に人類のみならず神の造り給ひし者は凡て神を讃稱ふべき也。天使(てんのつかひ)も星も太陽も此地上にある山も木も鳥も獣も終に人間も皆神を讃稱ふ。主は萬物(すべてのもの)より尊榮(ほまれ)を受け給ふ時來るべし。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |