第百四十八篇



  1. ヱホバをほめたゝへよ もろもろの天よりヱホバをほめたゝへよ もろもろの高所(たかきところ)にてヱホバをほめたゝへよ
  2. その天使(みつかひ)よみなヱホバをほめたゝへよ その萬軍よみなヱホバをほめたゝへよ
  3. 日よ月よヱホバをほめたゝへよ ひかりの星よみなヱホバをほめたゝへよ
  4. もろもろの天のてんよ 天のうへなる水よ ヱホバをほめたゝへよ
  5. これらはみなヱホバの聖名をほめたゝふべし そはヱホバ命じたまひたればかれらは造られたり
  6. ヱホバまた此等をいやとほながに立たまひたり 又すぎうすまじき詔命(みことのり)をくだしたまへり
  7. 龍よ すべての淵よ 地よりヱホバをほめたゝへよ
  8. 火よ 霰よ 雪よ 霧よ みことばにしたがふ狂風(あらし)よ
  9. もろもろの山 もろもろのをか 實をむすぶ樹 すべての香柏よ
  10. 獣 もろもろの牲畜(けだもの) はふもの 翼ある鳥よ
  11. 地の王たち もろもろのたみ 地の諸侯(きみたち)よ 地のもろもろの審士(さばきびと)よ
  12. 少(わか)きをのこ 若きをみな 老たる人 をさなきものよ
  13. みなヱホバの聖名をほめたゝふべし その聖名はたかくして類なく そのえいくわうは地よりも天よりもうへにあればなり
  14. ヱホバはその民のために一つの角をあげたまへり こはそのもろもろの聖徒のほまれ ヱホバにちかき民なるイスラエルの子輩のほまれなり ヱホバを讃稱へよ

▲本篇の分解  一節に『天よりヱホバをほめたゝへよ』とあり、七節に『地よりヱホバをほめたゝへよ』とあり、是によりて二つに區分す。
 (一〜六) 天にあるものよヱホバを讃稱へよ
 (七〜十四)地にあるものよヱホバを讃稱へよ
 啻に人類のみならず神の造り給ひし者は凡て神を讃稱ふべき也。天使(てんのつかひ)も星も太陽も此地上にある山も木も鳥も獣も終に人間も皆神を讃稱ふ。主は萬物(すべてのもの)より尊榮(ほまれ)を受け給ふ時來るべし。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |