第百四十九篇



  1. ヱホバをほめたゝへよ ヱホバに對(むか)ひてあたらしき歌をうたへ 聖徒のつどひにてヱホバの頌美(ほまれ)をうたへ
  2. イスラエルはおのれを造りたまひしものをよろこび シオンの子輩(こら)は己が王のゆゑによりて樂しむべし
  3. かれらをどりつゝその聖名をほめたゝへ 琴鼓にてヱホバをほめうたふべし
  4. ヱホバはおのが民をよろこび 救にて柔和なるものを美(うるは)しくしたまへばなり
  5. 聖徒はえいくわうの故によりてよろこび その寢牀(ふしど)にてよろこびうたふべし
  6. その口に神をほむるうたあり その手にはもろはの劍あり
  7. こはもろもろの國に仇をかへし もろもろの民をつみなひ
  8. かれらの王たちを鏈(くさり)にて かれらの貴人(きにん)をくろかねの械(かせ)にていましめ
  9. 錄したる審判(さばき)をかれらに行ふべきためなり 斯るほまれはそのもろもろの聖徒にあり ヱホバをほめたゝへよ

 本篇も亦ペンテコステ的讃美なり。心中にペンテコステの靈あれば
  二節 の如く創造者を讃め、又己が事ふる王を讃め
  三節 の如く樣々の工夫を以て神を讃美す
  五節 を見れば寢(やす)む時にさへも感謝す
  六〜九節 には神の爲に審判をなして讃美す



| 目次 | 緖言 | 總目次 |