第百五十篇



  1. ヱホバをほめたゝへよ その聖所にて神をほめたゝへよ その能力(みちから)のあらはるゝ穹蒼(おほぞら)にて神をほめたゝへよ
  2. その大能のはたらきのゆゑをもて神をほめたゝへよ その秀(ひいで)ておほいなることの故によりてヱホバをほめたゝへよ
  3. ラッパの聲をもて神をほめたゝへよ 箏と琴とをもて神をほめたゝへよ
  4. つゞみと蹈舞(をどり)とをもて神をほめたゝへよ 絃簫(いとたけ)をもて神をほめたゝへよ
  5. 音のたかき鐃鈸(ねうはち)をもて神をほめたゝへよ なりひゞく鐃鈸をもて神をほめたゝへよ
  6. 氣息(いき)あるものは皆ヤハをほめたゝふべし なんぢらヱホバをほめたゝへよ

詩    篇 をはり


一、何處にて讃美するや(一)──『ヱホバをほめたゝへよ その聖所にて神をほめたゝへよ その能力のあらはるゝ穹蒼にて神をほめたゝへよ』
二、何故讃美するか(二)──『その大能のはたらきのゆゑをもて神をほめたゝへよ その秀ておほいなることの故によりてヱホバをほめたゝへよ』
三、何を以て讃美するや(三〜五)──『ラッパの聲をもて神をほめたゝへよ 箏と琴とをもて神をほめたゝへよ つゞみと蹈舞とをもて神をほめたゝへよ 絃簫をもて神をほめたゝへよ 音のたかき鐃鈸をもて神をほめたゝへよ なりひゞく鐃鈸をもて神をほめたゝへよ』
四、誰が讃美するや(六)──『氣息あるものは皆ヤハをほめたゝふべし なんぢらヱホバをほめたゝへよ』
 未來に於る天國に於て本篇は眞に全く成就せん。


詩篇の靈的思想 終



| 目次 | 緖言 | 總目次 |