新約全書使徒パウロ テサロニケびとおくれる後書のちのふみ

第 一 章



  1. パウロ シルワノ テモテ我儕われらの父なる神およびしゅイエスキリストにあるテサロニケびとの敎會にふみを贈る
  2. ねがはくは我儕われらの父なる神及びしゅイエスキリストより爾曹なんぢら恩寵めぐみ平康やすきうけ

  3. 兄弟よ 我儕われらなんぢらについつねに神に感謝すべきなり これ理にかなふことなり そは爾曹なんぢらの信仰彌增いやましかつ爾曹なんぢらおのおのたがひに愛することあつなりたればなり
  4. 是故このゆゑ我儕われらなんぢらのために神の教會のなかに誇る そはなんぢら窘迫せめ患難なやみなかあり忍耐しのびと信仰をたもてばなり
  5. これ神の義鞫たゞしきさばきしるしなり 爾曹なんぢらをして神の國にいるべき者とならしめんためなり 爾曹なんぢらいま神の國のため患難なやみうく
  6. そはなんぢらに患難なやみくはふる者には患難なやみむくい
  7. 患難なやみうく爾曹なんぢらには我儕われらとも平安やすきうることをむくゆるは神の公義たゞしきことなればなり この事はしゅイエス火燄ほのほうちにてその能力ちから諸使つかひたちともに天よりあらはれん時にあり

  8. すなはち神をしらざる者および我儕われらしゅイエスキリストの福音にしたがはざる者にむくいあた
  9. かれらしゅかほそのいきほひの榮光より離れてかぎりなくほろぶる罰をうけ
  10. その時はすなはしゅきたりてその聖徒によりて榮光をうけすべて信者によりほまれを得んその日なり 爾曹なんぢら我儕われらあかしを信ずる者なり
  11. これつい我儕われらつねに爾曹なんぢらために祈るは我儕われらの神爾曹なんぢらをしてめしうくべき者となし又能力ちから爾曹なんぢらすべて善願よきねがひと信仰のわざを成就せしめん事なり
  12. これ我儕われらの神としゅイエスキリストのめぐみより我儕われらしゅイエスの名なんぢらのうちあがめられまたなんぢら彼にありあがめられんためなり


| 新約全書目次 | 撤後 1 | 2 | 3 | 總目次 |