新約全書使徒パウロ テモテにおくれる後書のちのふみ

第 一 章



  1. 神のむねよりてキリストイエスにる命の約束をつたへためにキリストイエスの使徒となれるパウロ
  2. わが愛する子テモテにふみを贈る ねがはくはなんぢ父なる神および我儕われらしゅキリストイエスより恩寵めぐみ矜恤あはれみ平康やすきうけ
  3. われも晝も祈禱いのりたえなんぢおもふによりが先祖にならきよき良心をもてつかふる神にしゃ
  4. われなんぢのなみだおもふてなんぢを見んことを願ふ これ歡喜よろこびわれみたしめんためなり
  5. われなんぢのいつはりなき信仰をおもかくの如き信仰さきなんぢの祖母ロイスまたなんぢの母ユニケにあり 今なんぢにもあらんことを信ずるなり
  6. 是故このゆゑにわれなんぢをして按手あんしゅよりなんぢうけし神のたまものふたゝさかんにせんことをおもはしむ
  7. そは神の我儕われらに賜へるれいおくするれいあらちからと愛とつゝしみれいなればなり
  8. 是故このゆゑなんぢわれらのしゅあかしなすことゝその囚人めしうどなるわれとを恥となすなかたゞ神のちからしたがひて福音のためわれと共にくるしみを忍ぶべし
  9. かれ我儕われらを救ひ聖召きよきめしめし給へり これわれらのおこなひよるあらたゞ神おのがむねと世のならざりし先よりキリストイエスのうち我儕われらに賜ひし恩惠めぐみよるなり
  10. この恩惠めぐみは今われらの救主すくひぬしイエスキリストのあらはれ給ひしによりあらはれたり キリスト死をほろぼし福音を生命いのちくちざる事とを明著あきらかにせり
  11. われこの福音のためたてられて宣傳のべつたふる者となり使徒となり異邦人の師となれり
  12. 是故このゆゑわれこれらのくるしみあひたり されこれを恥とせず そはわれが信ずる者をしりかつわが彼に託したる者を彼かの日に至るまで守ることを爲得なしうるを信ずればなり
  13. なんぢキリストイエスにある信と愛とをて先にわれきゝし所のまことことば模楷かたを保つべし
  14. なんぢに託したるよきものを我儕われらうちにをる聖靈をて守るべし
  15. アジアにをる者すべてわれそむこれなんぢがしるところなり フゲロとヘルモゲネも其中そのなかあり
  16. ねがはくはしゅ矜恤あはれみをオネシポロの家に賜へ そはかれしばしばわれを慰めかつわがくさりを恥とせず
  17. そのロマにありしとき急ぎたづねわれあひたり
  18. ねがはくはしゅ彼をしての日に至りしゅ矜恤あはれみを得しめよ 彼エペソにあり如何いかばかりわれつかへしかなんぢよくしる所なり


| 新約全書目次 | 提後 1 | 2 | 3 | 4 | 總目次 |