新約全書使徒パウロ テトスにおくれるふみ

第 二 章



  1. されなんぢたゞしきをしへかなふ事を語るべし
  2. 老人には謹愼つゝしみ瑞莊うやうやしきみづから制する事とをすゝめかつ信仰と愛と忍耐しのびとにかたうならん事をすゝむべし
  3. 老婦にも聖潔きよきかなおこなひをなさん事と人をそしらず酒を多くたしまずよき事を人にをしふることゝをすゝむべし
  4. また彼等をして幼婦わかきをんなをっとを愛し子を愛し
  5. みづから制し貞潔にし家務いへのわざをなし慈悲をいだそのをっとしたがふ事ををしへしむべし これ神のことばけがされざらんためなり
  6. なんぢまたわかき男にみづから制する事を勸むべし
  7. なんぢ何事をなすにもおのれの善行よきわざ模楷かたとならん事を務めをしへつたふるに信實をもて瑞莊うやうやしくし
  8. せむべき所なき正言たゞしきことばあらはすべし は敵する者をして我儕われらの惡をいふよしなくみづかはづることをなさしめんためなり
  9. しもべにはおのれの主人にしたがひ何事をなすにもこれよろこばせん事を務めこれ言咈いひさからはず
  10. 物を竊取ぬすみとらこれに忠信をつくすべき事をすゝむべし は何事をなすにも我儕われら救主すくひぬしなる神のをしへを飾る事をせんためなり
  11. それすべての人にすくひを賜ふ神のめぐみあらはれ
  12. 我儕われらいまし我儕われらをして神をうやまはざる事と世の中の慾をすてみづから制したゞしかつつゝしみて今世いまのよながら
  13. のぞむ所のさいはひおほいなる神すなはち我儕われら救主すくひぬしイエスキリストのさかえあらはれん事をのぞみまたしむ
  14. キリスト我儕われらためおのれの身をすて給へり これ我儕われらすべての罪よりあがないだかつおのれため一民ひとつのたみきよこれをして熱心に善業よきわざを行はしめんためなり
  15. なんぢ此等これらの事をて語りまた勸めなんぢすべての權威をて戒むることをすべし なんぢ人にかろんぜらるゝなか


| 新約全書目次 | 多 1 | 2 | 3 | 總目次 |