新約全書使徒ユダのふみ



  1. イエスキリストのしもべユダすなはちヤコブの兄弟 ふみめされたる者すなはち父なる神に愛せられかつイエスキリストのために守らるゝ衆人ひとびとに贈る
  2. ねがはくは爾曹なんぢら慈悲あはれみ平康やすき仁愛いつくしみまさんことを

  3. 愛する者よ わが心をあつくして共にあづかる所のすくひの事を爾曹なんぢらかきおくらんとおもひゐたりしが 今なんぢらにふみを贈りて聖徒がひとたびつたへられし信仰の道のために力をつくして戰はん事を爾曹なんぢらすゝめざるを得ず
  4. そは神をうやまはず我儕われらの神のめぐみかへて色慾を放縱ほしいまゝにするのえんとなし惟一たゞひとりしゅなる神と我儕われらしゅイエスキリストをすつるもの數人すにんひそかに敎會にいりたればなり 彼等がこの審判さばきうくる事にさだめられたる事は昔よりあらかじめしるされたり
  5. なんぢらもとよりしれる事なれどわれなほ爾曹なんぢら憶起おもひいださせんとする事は しゅそのたみをエジプトの地より救出すくひいだしゝのち信ぜざる者を滅ぼし給ひし事と
  6. おのが本位を守らずしてそのすめる所を離れたる天使てんのつかひかぎりなくつなぎおほいなる日の審判さばきまで幽暗くらやみなかに守りおきたまひし事と
  7. ソドム ゴモラ及びその比隣となりまちかれらとおなじく姦淫をなしかつ男色なんしょくを行ふによりかぎりなく火の罰をうけ鑑誡かゞみたてられし事となり
  8. この夢みる者もまた肉體をけがしゅたる者を藐忽かろん尊者たふときものそしれり
  9. それ天使てんのつかひをさミカエル惡魔とモーセのしかばねを爭ひ論ぜしとき彼なほこれそしりて訴へざりき たゞしゅなんぢをせむべしといへ
  10. しかるに彼等はしらざる所の事をそしれり その本性うまれつきしる所は無知獸わきまへなきけものしるところと同じ 彼等はこれおのれほろぼせり
  11. わざはひなるかな 彼等はカインのみちにゆきためにバラムの迷謬あやまりはせまたコラのさからひしごとくして亡びたり
  12. 彼等は爾曹なんぢらの愛の筵席ふるまひいはなり はゞかる所なくともその筵席ふるまひあづかりて自己みづからを養へり 彼等は風におはるゝ雨なき雲 かれまたかれ根をぬかるゝのなき秋の
  13. そのけがれ湧出わきいだす海の猛浪あらきなみ 道をはなれたる星なり これため暗黒くらやみかぎりなく留置とめおかれたり
  14. アダムより七代しちだいあたれるエノクこのともがらの事を預言していひけるは しゅそのきよき萬軍ばんぐんともきたりて
  15. 衆人すべてのひとさばすべて神をうやまはざる者の神をうやまはずして行ひし惡行あしきわざと神をうやまはざる罪人つみびとしゅさからひて語れるすべて惡言あしきことばせめ給ふべしと
  16. このともがら怨言つぶやくもの たる事をしらざる者 おのれの慾に從ひてあるその口は誇ることを語りために人にへつらふ者なり
  17. 愛する者よ 爾曹なんぢらわがしゅイエスキリストの使徒たちさきに語りしこと憶起おもひいだすべし
  18. すなは爾曹なんぢらかたりていふ 末期すゑのとき戲謔者あざけるものおこりおの橫逆よこしまなる慾に從ひてあゆまんと
  19. 彼等はみづか區別わかちをなす者また肉につける者にしてみたまのなき者なり
  20. 愛する者よ 爾曹なんぢらその德をいときよき信仰の上に建て聖靈に感じて祈り
  21. 自己みづからを守りて神の愛のうちをり しゅイエスキリストの永生かぎりなきいのちを賜ふその矜恤あはれみまつべし
  22. 彼等のうちある者をば論じて口をつぐましめ
  23. ある者をば火より取出とりいだして救ひある者をば畏懼おそれあはれむべし その惡は肉の慾にそみたるころもまでにくむことをせよ

  24. 我儕われら救主すくひぬしなる獨一ひとりの神すなはち爾曹なんぢらつまづかせじとまも爾曹なんぢらをしてしみなくよろこびてその榮光の前にたつことを得しむる者は
  25. 世のはじめの前より今またのちも世々永遠かぎりなくわれらのしゅイエスキリストによりさかえと威光と大能ちからけんたもち給ふなり アメン

新約全書猶太書ゆだのふみ をはり



| 新約全書目次 | 猶 1 | 總目次 |