新約全書使徒ヤコブのふみ

第 二 章



  1. わが兄弟よ 爾曹なんぢらさかえしゅなる我儕われらしゅイエスキリストの信仰のみちを守らんには人を偏視かたよりみることなか
  2. もし人金環きんのゆびわをはめうるはしき衣服ころもを着て爾曹なんぢらの會堂にきたり又まづしき人けがれたる衣服ころもを着てきたらんに
  3. なんぢらうるはしき衣服ころもを着たる人をかへりみてなんぢこの榮位よきところすわれといひまたまづしき者になんぢ彼處かしこたてといひあるひ足下あしのもとすわれといは
  4. 爾曹なんぢら各人おのおののうちに區別へだてたてまた惡念あしきおもひて人をわかつものにあらずや
  5. が愛する兄弟よ 聽け 神は斯世このよ貧者まづしきものえらびて信仰にとまおのれを愛する者に約束し給ひし所の國をつぐべき者とならしめ給ふにあらずや
  6. しかるに爾曹なんぢら貧者まづしきもの藐視いやしめたり 爾曹なんぢら凌虐しひたげまた裁判所にひくものは富者とめるものあらずや
  7. 彼等は爾曹なんぢらとなへらるゝ所の美名よきなけがす者にあらずや
  8. 爾曹なんぢらもし聖書にのする所のおのれの如くなんぢとなりを愛すべしといへたふとおきてを守らばその行ふところよし
  9. されし人を偏視かたよりみることをせばこれ罪を行ふなり 律法おきて爾曹なんぢらを定めて罪人つみびととせん
  10. 律法おきてことごとく守るとももしそのひとつつまづかばこれすべてを犯すなり
  11. それ姦淫するなかれといへる者また殺すことなかれといへ爾曹なんぢら姦淫せずともし殺すことをせば律法おきてを犯す者となるなり
  12. なんぢらかたること行ふこと自由の律法おきてよりさばきうけんとする者の如くすべし
  13. あはれむことをせざる者はさばかるゝ時またあはれまるゝことなからん 矜恤あはれみさばきかつなり

  14. わが兄弟よ 人みづから信仰ありといひおこなひなくばなんえきあらん その信仰いかで彼を救ひ得んや
  15. もし兄弟あるひは姊妹裸躰はだかにて日用のかてとぼしからんに
  16. 爾曹なんぢらのうちある人これにいひ安然あんぜんにしてねがはくは爾曹なんぢらあたゝかにしてあくことを得よと しかしてその身體からだなくてならぬ物をこれあたへずばなんえきあらん
  17. かくの如く信仰もしおこなひかねざるときはすなはしぬるなり
  18. ある人いはん なんぢ信仰あり われおこなひあり こふ なんぢがおこなひかねざる信仰をわれに示せ われおこなひよりが信仰をなんぢに示さんと
  19. なんぢ神は惟一たゞひとりなりと信ず 如此かく信ずるは惡鬼あくきまた信じて戰慄おのゝけ
  20. あゝおろかなる人よ おこなひかねざる信仰のしぬることをなんぢしらんとおもふや
  21. 我儕われらの先祖アブラハムその子イサクをだんの上にさゝげて義とせられたるはおこなひよるあらずや
  22. その信仰おこなひと共に働きかつおこなひりて信仰全備まったきを得たるをなんぢみるべし
  23. これ聖書にしるしてアブラハム神を信ず その信仰義とせられたりとあるかなへり 彼また神の友とよばれたり
  24. なんぢら人の義とせらるゝは信仰にのみよるあらおこなひよることをしるなるべし
  25. また妓婦ぎふラハブ使者つかひうけこれをほかみちよりさらしめて義とせられたるはおこなひよるあらずや
  26. もし靈魂たましひはなるればしぬるごとく信仰もおこななはるればしぬるなり


| 新約全書目次 | 雅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 總目次 |