第四篇  題目 聖顏の光を上らせ給へ (六)



  1. 琴にあはせて伶長(うたのかみ)のうたはしめたるダビデの歌
    わが義をまもりたまふ神よ ねがはくはわが呼(よばは)るときに答へたまへ わがなやみたる時なんぢ我をくつろがせたまへり ねがはくは我をあはれみ わが祈をきゝたまへ
  2. 人の子よ なんぢらわが榮をはぢしめて幾何時(いくそのとき)をへんとするか なんぢらむなしき事をこのみ虛偽(いつはり)をしたひていくそのときを經んとするか セラ
  3. 然どなんぢら知れ ヱホバは神をうやまふ人をわかちて己につかしめたまひしことを われヱホバによばはらば聴たまはん
  4. なんぢら慎みをのゝきて罪ををかすなかれ 臥床(ふしど)にておのが心にかたりて黙(もだ)せ セラ
  5. なんぢら義のそなへものを獻(さゝげ)てヱホバに依賴め
  6. おほくの人はいふ たれか嘉事(よきこと)をわれらに見するものあらんやと ヱホバよねがはくは聖顏の光をわれらの上にのぼらせたまへ
  7. なんぢのわが心にあたへたまひし歡喜(よろこび)はかれらの穀物(たなつもの)と酒との豐かなる時にまさりき
  8. われ安然(やすらか)にして臥(ふし)またねぶらん ヱホバよわれを獨(ひとり)にて坦然(たひらか)にをらしむるものは汝なり

▲神が神の屬(もの)なる聖徒に對して爲し給ふ四つの事記さる。
 一、自由を與へ給ふ(一)──『なんぢ我をくつろがせたまへり』
 二、敵又困難より別ち離れしめて幸福(さいはひ)なる所に置き給ふ(三)──『ヱホバは神をうやまふ人をわかちて己につかしめたまひしことを』
 三、喜樂(よろこび)を與へ給ふ(七)──『なんぢのわが心にあたへたまひし歡喜‥‥‥』
 四、護り給ふ(八)──『われ安然にして臥しまたねぶらん‥‥‥』
▲二節に罪人の有樣記さる
 (1) 『わが榮をはぢしめて』──神の聖榮(みさかえ)を輕蔑す
 (2) 『むなしき事をこのみ』──此世の果敢無(はかな)きものを好む
 (3) 『虛偽をしたひて』
 斯る罪人に以下の四つの事を勸めざる可らず。
 (1) 『慎みをのゝきて』(四)──神の稜威と罪の恐ろしき結果とを考えて
 (2) 『おのが心にかたりて黙せ』(四)──過去の罪につき、來世に於ける運命につき、現在における神との關係如何につきて靜かに考へよ(コリント前書十一・三十一、廿八參照)
 (3) 『義のそなへものを獻て』(五)──即ち眞に悔い改めよ
 (4) 『ヱホバに依賴め』(五)──或はキリストを信ぜよ
 即ち以上の四つは恐れよ、省みよ、悔い改めよ、信ぜよ也。是罪人に勸むべき順序也。
▲本篇の中心の願ひは六節にある『ヱホバよねがはくは聖顏の光をわれらの上にのぼらせたまへ』にて、其結果は以下の三つ也。
 一、歡喜(七)
 二、平和(八始)
 三、安全(八終)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |