新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 十 一 章



  1. われキリストにならふ如く爾曹なんぢらもわれにならふべし

  2. 兄弟よ 爾曹なんぢらすべての事においわれ記念おもひかつわがなんぢらにつたへし如くそのつたへを守るによりわれなんぢらをほむ
  3. すべての人のかしらはキリストなり 女のかしらは男なり キリストのかしらは神なりと爾曹なんぢらしらんことを願ふ
  4. すべて男はかしらに物をかむりて祈禱いのりをなしあるひは預言する時はそのかしらはづかしむるなり
  5. すべて女はかしらに物をかむらずして祈禱いのりをなしあるひは預言をする時はそのかしらはづかしむるなり 薙髪ていはつひとつにしてたがふことなし
  6. 女もし物をかむらずばかみきるべし されかみきりまたそることし女のはづべきことならば物をかむるべし
  7. 男は神のかたちさかえなればそのかしらに物をかむるべからず 女は男のさかえなり
  8. そは男は女よりいでしにあらず 女は男よりいでたればなり
  9. また男は女のために造られしにあらず 女は男のために造られしなり
  10. 是故このゆゑに女は天使てんのつかひゆゑよりかしらけんもつべき者なり
  11. されしゅありて男は女によらざることなく女は男によらざることなし
  12. 女の男よりいでし如く男は女によりいづ しかして萬物ばんぶつはみな神よりいづるなり
  13. 爾曹なんぢらみずからわきまふべし 女 物をかむらずして神に祈るはよろしきことなる
  14. 男もしながきかみのけあらばはづべきことなり爾曹なんぢら自然にしるあらずや
  15. されど女もしながきかみのけあらばそのさかえなり そはかむりものゝかはりかみのけたまひたればなり
  16. たとひ爭ひ論ずる者ありともかくの如きためし我儕われらにもまた神の教會にもあることなし

  17. われこれらの事を命じて爾曹なんぢらほめざるは爾曹なんぢら聚會あつまりえきうけずしてかへりて損を招けばなり
  18. まづなんぢら敎會にあつまるときそのうちたがひに爭ひわかるゝことありきけわれほゞこれを信ず
  19. そはたゞしき者の爾曹なんぢらうちあらはれんため異端おこらざるを得ざればなり
  20. なんぢら一處ひとつところあつまるはしゅの晩餐をしょくするにあら
  21. そはしょくするとき各人おのおのまづおのれの晩餐をしょくするによりあるひはうゝる者ありあるひ酵飽ゑひあける者あればなり
  22. なんぢら飮食いんしょくすべき家なきか 神の教會をかろんじ又乏者ともしきものはづかしめんとする われなにをかいはこれより爾曹なんぢらほむべきや われほめざるなり
  23. わがなんぢらにつたへし事はしゅよりさづけられたるなり すなはちしゅイエスわたさるゝパンをとり
  24. 祝してこれさきいひけるは とりしょくせよ これ爾曹なんぢらためさかるゝわがからだなり 爾曹なんぢら如此かくおこなひてわれおぼえ
  25. しょくしてのちまたさかづきをとりさきの如くしていひけるは このさかづきが血にしてたつる所の新約なり 爾曹なんぢら如此かくおこなひてのむごとにわれおぼえよ
  26. 爾曹なんぢらこのパンをしょくこのさかづきのむごとにしゅの死をしめしてそのきたる時までに及ぶなり
  27. されよろしきかなはずしてこのパンをしょくしゅさかづきのむ者はしゅからだと血ををかすなり
  28. 人みづからかへりみてのちそのパンをしょくそのさかづきのむべし
  29. よろしきかなはずして食飲くひのみする者はその食飲くひのみよりみづか審判さばきを招くなり そはしゅからだわきまへざるによる
  30. 是故このゆゑ爾曹なんぢらうちに弱き者やまひの者またねぶりたる者多し
  31. 我儕われらもしみづかおのれわきまへしならば審判さばきうくる事なかりしならん
  32. されど今審判さばきせらるゝはしゅ我儕われらこらしめ給ふなり これ我儕われらをして世の人とともに罪にさだめらるゝことなからしめんためなり
  33. 是故このゆゑが兄弟よ あつまりてしょくせん時たがひ相待あひまつべし
  34. もしうゑなばその家にてしょくすべし これ爾曹なんぢら聚會あつまり審判さばきうくるに至らざらんためなり そのほかの事はわれいたらん時これをさだめ


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |