第四十八篇  題目 神の都



  1. コラの子のうたなり 讃美なり
    ヱホバは大なり われらの神の都そのきよき山のうへにて甚(いた)くほめたゝへられたまふべし
  2. シオンの山はきたの端たかくして うるはしく喜悅(よろこび)を地にあまねくあたふ こゝは大なる王のみやこなり
  3. そのもろもろの殿のうちに神はおのれをたかき櫓(やぐら)としてあらはしたまへり
  4. みよ王等(わうたち)はつどひあつまりて偕にすぎゆきぬ
  5. かれらは都をみてあやしみ且おそれて忽ちのがれされり
  6. 戰慄(をのゝき)はかれらにのぞみ その苦痛(くるしみ)は子をうまんとする婦(をんな)のごとし
  7. なんぢは東風(こちかぜ)をおこしてタルシシの舟をやぶりたまふ
  8. 曩(さき)にわれらが聞しごとく今われらは萬軍のヱホバの都われらの神のみやこにて之をみることをえたり 神はこの都をとこしへまで固くしたまはん セラ
  9. 神よ我らはなんぢの宮のうちにて仁慈(いつくしみ)をおもへり
  10. 神よなんぢの譽はその名(みな)のごとく地の極(はて)にまでおよべり なんぢの右手(みぎのて)はたゞしきにて充り
  11. なんぢのもろもろの審判によりてシオンの山はよろこびユダの女輩(むすめたち)はたのしむべし
  12. シオンの周圍(まはり)をありき徧くめぐりてその櫓をかぞえよ
  13. その石垣に目をとめよ そのもろもろの殿をみよ なんぢらこれを後代(のちのよ)にかたりつたへんが爲なり
  14. そはこの神はいや遠長(とほなが)にわれらの神にましましてわれらを死るまでみちびきたまはん

▲第四十六、七、八篇は一連の詩にて此三篇を通ずる大意は「神の都」なり。
 四十六篇 は神の都の平和(四、五)
 四十七篇 は神の都の王(二、八)
 四十八篇 は神の都の榮光(一、二終、五、八)
▲本篇の分解
 (一〜三)神の都の榮光
 (四〜七)反對者の恐怖(おそれ)
 (八〜十一)其都に居る者の喜悅
 (十二〜十四)其都に住む者其都の强きを計る



| 目次 | 緖言 | 總目次 |