第四十八篇  題目 神の都



コラの子のうたなり 讃美なり

  1. ヱホバはおほいなり われらの神のみやこそのきよき山のうへにていたくほめたゝへられたまふべし
  2. シオンの山はきたのはしたかくして うるはしく喜悅よろこびを地にあまねくあたふ こゝはおほいなる王のみやこなり
  3. そのもろもろの殿とののうちに神はおのれをたかきやぐらとしてあらはしたまへり
  4. みよ王等わうたちはつどひあつまりてともにすぎゆきぬ
  5. かれらはみやこをみてあやしみかつおそれてたちまちのがれされり
  6. 戰慄をのゝきはかれらにのぞみ その苦痛くるしみは子をうまんとするをんなのごとし
  7. なんぢは東風こちかぜをおこしてタルシシのふねをやぶりたまふ
  8. さきにわれらがきゝしごとく今われらは萬軍ばんぐんのヱホバのみやこわれらの神のみやこにてこれをみることをえたり 神はこのみやこをとこしへまで固くしたまはん セラ
  9. 神よわれらはなんぢの宮のうちにて仁慈みいつくしみをおもへり
  10. 神よなんぢのほまれはそのみなのごとく地のはてにまでおよべり なんぢの右手みぎのてはたゞしきにてみて
  11. なんぢのもろもろの審判さばきによりてシオンの山はよろこびユダの女輩むすめたちはたのしむべし
  12. シオンの周圍まはりをありきあまねくめぐりてそのやぐらをかぞえよ
  13. その石垣に目をとめよ そのもろもろの殿とのをみよ なんぢらこれを後代のちのよにかたりつたへんがためなり
  14. そはこの神はいや遠長とほながにわれらの神にましましてわれらをしぬるまでみちびきたまはん

▲第四十六、七、八篇は一連の詩にて此三篇を通ずる大意は「神の都」なり。
 四十六篇 は神の都の平和(四、五)
 四十七篇 は神の都の王(二、八)
 四十八篇 は神の都の榮光(一、二終、五、八)
▲本篇の分解
 (一〜三)神の都の榮光
 (四〜七)反對者の恐怖(おそれ)
 (八〜十一)其都に居る者の喜悅
 (十二〜十四)其都に住む者其都の强きを計る



| 目次 | 緖言 | 總目次 |