第五十一篇  題目 碎かれたる心の叫 (十七)



ダビデがバテセバにかよひしのち預言者ナタンのきたれるときよみて
伶長うたのかみにうたはしめたる歌

  1. あゝ神よねがはくはなんぢの仁慈いつくしみによりてわれをあはれみ なんぢの憐憫あはれみのおほきによりてわがもろもろのとがをけしたまへ
  2. わが不義をことごとくあらひさりわれをわが罪よりきよめたまへ
  3. われはわがとがをしる わが罪はつねにわが前にあり
  4. われはなんぢにむかひてただなんぢに罪ををかし聖前みまへにあしきことを行へり さればなんぢものいふときはたゞしとせられ なんぢさばくときはとがめなしとせられ給ふ
  5. よわれ邪曲よこしまのなかにうまれ 罪にありてわが母われをはらみたりき
  6. なんぢ眞實まことをこゝろのうちにまでのぞみ わが隱れたるところに智慧ちゑをしらしめ給はん
  7. なんぢヒソプをもてわれをきよめたまへ さらばわれきよまらん われをあらひたまへ さらばわれ雪よりも白からん
  8. なんぢわれによろこびと快樂たのしみとをきかせ なんぢが碎きし骨をよろこばせたまへ
  9. ねがはくは聖顏みかほをわがすべての罪よりそむけ わがすべての不義をけしたまへ
  10. あゝ神よわがために淸心きよきこゝろをつくり わがうちになほきれいをあらたにおこしたまへ
  11. われを聖前みまへよりすてたまふなかれ なんぢのきよきみたまをわれより取りたまふなかれ
  12. なんぢのすくひのよろこびをわれにかへし自由のみたまをあたへてわれをたもちたまへ
  13. さらばわれとがををかせる者になんぢのみちををしへん 罪人つみびとはなんぢに歸りきたるべし
  14. 神よわがすくひのかみよ血をながしゝ罪よりわれをたすけいだしたまへ わが舌は聲たからかになんぢの義をうたはん
  15. しゅよわが口唇くちびるをひらきたまへ さらばわが口なんぢの頌美ほまれをあらはさん
  16. なんぢは祭物そなへものをこのみたまはず もししからずばわれこれをさゝげん なんぢまた燔祭はんさいをもよろこびたまはず
  17. 神のもとめたまふ祭物そなへものはくだけたる靈魂たましひなり 神よなんぢは碎けたるくいしこゝろをかろしめたまふまじ
  18. ねがはくは聖意みこゝろにしたがひてシオンにさいはひし ヱルサレムの石垣をきづきたまへ
  19. その時なんぢの義のそなへものと燔祭はんさいまたきはんさいとをよろこびたまはん かくて人々なんぢの祭壇に牡牛をうしをさゝぐべし

 五十一篇は五十篇の答也。前篇に於て神は人に語り給ひしが、本篇に於て其人は神に答ふる也。即ち本篇は碎かれたる心の叫なり。一人靜かに是を讀み、此言によりて祈るべし。
▲碎かれたる心は何を願ふや。
一、諸(すべて)の罪の消去らるゝ事(一)──『なんぢの憐憫のおほきによりてわがもろもろの愆をけしたまへ』
二、潔めらるゝ事(二、七、十)──『わが不義をことごとくあらひさり我をわが罪よりきよめたまへ』
 『なんぢヒソプをもて我をきよめたまへ さらばわれ浄まらん 我をあらひたまへ さらばわれ雪よりも白からん』
 『あゝ神よわがために淸心をつくり‥‥‥たまへ』
三、喜悅(八、十二)──『なんぢ我によろこびと快樂とをきかせ なんぢが碎きし骨をよろこばせたまへ』
 『なんぢの救のよろこびを我にかへし‥‥‥たまへ』
四、聖靈(十、十一、十二)──『わが衷になほき靈をあらたにおこしたまへ』
 『汝のきよき靈をわれより取りたまふなかれ』
 『自由の靈をあたへて我をたもちたまへ』
五、罪人の救(十三)──『さらばわれ愆ををかせる者になんぢの途ををしへん 罪人はなんぢに歸りきたるべし』
六、感謝し得る心(十五)──『主よわが口唇をひらきたまへ 然ばわが口なんぢの頌美をあらはさん』
七、一般のリバイバル(十八、十九)──『ねがはくは聖意にしたがひてシオンにさいはひし ヱルサレムの石垣をきづきたまへ その時なんぢ義のそなへものと燔祭と全きはんさいとを悅びたまはん かくて人々なんぢの祭壇に牡牛をさゝぐべし』
 眞に悔改めし者の心中には此七つの願あるべき也。或人は唯第一のみを願ふと雖も、眞に深く悔改めたる者は其結果遂には此七つの事を願ふに至るべし。十七節の如く神の心に適ふ祭物を獻げたる者は、心より此七つの祈を捧ぐる也。
▲次に他の方面より本篇を見、碎かれたる心は如何なるものなるやを見ん。
一、己が罪の恐ろしき事を知る(三、四)──『われはわが愆をしる わが罪はつねにわが前にあり 我はなんぢにむかひて獨なんぢに罪ををかし聖前にあしきことを行へり』
二、神の慈愛を知る(一)──『あゝ神よねがはくはなんぢの仁慈によりて我をあはれみ なんぢの憐憫のおほきによりてわがもろもろの愆をけしたまへ』
三、罪は神に對するものなるを知る(四)──『我はなんぢにむかひて獨なんぢに罪ををかし聖前にあしきことを行へり』
四、汚れたる性來(うまれつき)を悲しむ(五)──『視よわれ邪曲のなかにうまれ罪にありてわが母われをはらみたりき』(悔改淺きものは唯過去に犯せる罪のみを感じ、現在の汚れたる心を感ぜざるも、眞に深く悔改めたるものは二つ乍らに感ずる也)
五、深き聖潔(きよめ)を願ふ(十)──『あゝ神よわがために淸心をつくりわが衷になひき靈をあらたにおこしたまへ』
六、他の人を導かんと欲す(十三)──『さらばわれ愆ををかせる者になんぢの途ををしへん』
七、一般の祝福を願ふ(十八)──『ねがはくは聖意にしたがひてシオンにさいはひし ヱルサレムの石垣をきづきたまへ』
▲本篇は自己(みづから)の心靈的狀態を知るに最も大切なる詩篇なり。我等もし自己の罪を深く感じたくば深き祈禱(いのり)の中に本篇を熟讀すべし。罪を感ずる事は救の土臺なり。『地を深く掘る』(ルカ六・四十八)ことは甚だ大切なり。然らざれば其人の救は淺きものにて終るべし。我等は自他の爲に『地を深く掘』らざる可らず。然るに多くの傳道者はエレミヤ四十八・十にある『劍をおさへて血を流さゞる者』の如し。斯る人は詛はるべし。我等は自らも罪を深く感ずべきと共に、他人に對して罪を深く感ぜしめざる可らず。これやがて徹底せる救を得せしむる途なり。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |