新 約 全 書 路 加るか 傳 福 音 書

第 六 章



  1. 逾越節すぎこしの二日ののちはじめ安息日あんそくにちイエス麥の畑を徑行とほりしにその弟子麥の穗をつみこれを手にてもみくらひしかば
  2. あるパリサイの人かれらにいひけるは 爾曹なんぢら安息日あんそくにちまじき事をする何故なにゆゑ
  3. イエスこたへいひけるは ダビデおよびともありし者のうゑしときなしたる事をいまよまざる
  4. すなはち神の殿いへいりたゞ祭司のほかくらふまじき供物そなへもののパンをとりくらひかつともありし者にもあたへたり
  5. いひけるは 人の子は安息日あんそくにちにもしゅたるなり

  6. またほか安息日あんそくにちにイエス會堂にいりて敎ふ こゝに右の手なへたる人ありければ
  7. 學者とパリサイの人イエスこれを安息日あんそくにちいやすならんかとうかゞひぬ そはかれをうったへんとおもへばなり
  8. イエスそのこゝろしりて手なへたる人におきなかたてよといひければその人おきてたて
  9. イエスいひけるは われなんぢらにとは安息日あんそくにちよきなすあしきなすと又いけるたすくるところすいづれをかなすべき
  10. つひ衆人ひとびと環視みまはしその人に手をのべよといひければ彼そのごとくせしに手すなはちいえほかの手のごとくなれり
  11. 彼等おほいいかり如何いかにイエスをなさんとたがひかたりあへり

  12. 當時そのころイエス祈禱いのりために山にゆき終夜よもすがら神に祈れり
  13. 夜明よあけてイエス弟子をよびそのうちより十二人をえらびこれを使徒となづ
  14. すなはちペテロとなづけ給ひしシモンその兄弟アンデレおよびヤコブとヨハネ ピリポとバルトロマイ
  15. マタイとトマス アルパイの子なるヤコブとゼロテといへるシモン
  16. ヤコブの兄弟のユダとイスカリオテのユダなり このユダはイエスをわたしたる者なり
  17. イエス是等これらと共にくだりたひらかなるところたちしに許多おほくの弟子とおびたゞしき人々ユダヤの四方しはうまたヱルサレムおよびツロ シドンの海邊よりきたりあつまりてあるひそのをしへきかんとしあるひやまひいやされん事をねがへり
  18. 惡鬼あくきなやまされたる者あり ことごといやされたり
  19. ひとびとみなイエスにさはらんとせり これ能力ちからその身よりいでて彼等をことごといやせばなり

  20. イエス目をあげ弟子を見ていひけるは 爾曹なんぢら貧者まづしきものさいはひなり 神の國はすなは爾曹なんぢら所有ものなればなり
  21. 爾曹なんぢらいまうゑたる者はさいはひなり あくことをべければなり 爾曹なんぢらいまなける者はさいはひなり わらふ事をべければなり
  22. 人の子のために人なんぢらを憎にくみまたとほざのゝし爾曹なんぢらの名をあししとしてすてなば爾曹なんぢらさいはひなり
  23. その日にはよろこび踊れ 爾曹なんぢら天におい賞賜むくいおほいなればなり その先祖が預言者になしたりしもかくの如し
  24. 爾曹なんぢら富者とめるものわざはひなるかな すでに安樂たのしみうくればなり
  25. 爾曹なんぢら飽者あけるものわざはひなるかな うゑんとすればなり 爾曹なんぢらいま笑者わらふものわざはひなるかな かなしなかんとすればなり
  26. すべての人なんぢらをほめなば爾曹なんぢらわざはひなるかな その先祖たちがいつはりの預言者になしたりしもかくの如し
  27. われきくところの爾曹なんぢらつげそのあだを愛し爾曹なんぢら憎にくむ者をよく
  28. のろふ者をしゅく虐遇者なやめるものため祈禱きたうせよ
  29. 人なんぢのほゝ右方かたへうたまた左方かなたほゝむけなんぢ外服うはぎとら裏衣したぎをもこばまざれ
  30. すべなんぢもとめこれに與へなんぢの物をとらそれをまたもとむなか
  31. おのれ人にせられんとする事はまた人にもその如く
  32. おのれを愛する者を愛するはなに賞賜むくいあらんや 惡人にてもおのれを愛する者は愛するなり
  33. おのれよきなす者によきなすなに賞賜むくいあらんや 惡人もまたかくの如くなすなり
  34. 爾曹なんぢらかへさるゝ事を得んとおもふ人にかすなに賞賜むくいあらんや 惡人もそのごとくかへしを得んとてまた惡人にかすなり
  35. 爾曹なんぢらあだを愛し又ぜんをなしなにをものぞまずして借與かしあたへさらその賞賜むくいおほいなり かつ至上者いとたかきものの子とならそれ上者たかきものおんを忘るゝ者及び不善者あしきものにまで慈愛めぐみを施せばなり
  36. 是故このゆゑ爾曹なんぢらの父の憐憫あはれみの如くまた憐憫あはれみなすべし
  37. 人をする事なかさら爾曹なんぢらせられず 人をつみする事なかさら爾曹なんぢらつみせられず 人をゆるさら爾曹なんぢらゆるさるべし
  38. 人にあたへさら爾曹なんぢらあたへらるべし 彼等はかりよくしておしいれゆすりいれあふるゝまでにして爾曹なんぢらふところいれ爾曹なんぢら量る所のそのはかりにてまた人にはからるべし

  39. またたとへを彼等にいひけるは めしひめしひ相者てびきをなしるや あひ共に溝壑みぞおちいらざらん
  40. 弟子はその師にまさらおほよ全備ぜんびなる者はその師のごとくなるべし
  41. なんぢ兄弟の目にある物屑ちりを見ておのれの目にある梁木うつばりしらざるはなにぞや
  42. 如何いかおのれの目にある梁木うつばりを見ずして兄弟にむかひ 兄弟よ なんぢの目にある屑物ちりわれらせよといふことを得んや 僞善者よ まづおのれの目より梁木うつばりをとれ さらば兄弟の目にある物屑ちりとることをあきらかにみゆべし
  43. それ惡果あしきみむすぶ善樹よきゝあらず 又善果よきみむすぶ惡樹あしきゝあら
  44. すべてはそのよりしら荊棘いばらより無花果いちじくとらまた蒺藜あざみより葡萄ぶだうとら
  45. よき人は心の善庫よきくらよりよきいだあしき人はその惡庫あしきくらよりあしきいだそは心にみつるより口にいはるゝなり
  46. 爾曹なんぢらわがいふことをおこなはずしてなんわれしゅしゅよととなふるや
  47. すべわれきたわがことばきゝおこなふ者をたとへ爾曹なんぢらに示さん
  48. その人は家をたつるに土を深くほり基礎いしずゑ磐上いはのうへおけるが如し 洪水おほみずのとき橫流ながれこれをうつともうごかすことあたはこれ基礎いしずゑ磐上いはのうへおけばなり
  49. きゝおこなはざる者は基礎いしずゑなく家を土の上にたてたる人の如し 橫流ながれこれをうつときはその家たゞちにたふその頽壞やぶれまたはなはだし


| 新約全書目次 | 路 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 總目次 |