第六十三篇  題目 神を慕ふ者の幸福



  1. ユダの野にありしときに詠るダビデのうた
    あゝ神よなんぢはわが神なり われ切(せち)になんぢをたづねもとむ 水なき燥(かわ)きおとろへたる地にあるごとくわが靈魂(たましひ)はかわきて汝をのぞみ わが肉體はなんぢを恋したふ
  2. 曩(さき)にも我かくのごとく大權(みちから)と榮光(みさかえ)とをみんことをねがひ聖所にありて目をなんぢより離れしめざりき
  3. なんぢの仁慈(いつくしみ)はいのちにも勝れるゆゑにわが口唇(くちびる)はなんぢを讃まつらん
  4. 斯(かく)われはわが生るあひだ汝をいはひ名(みな)によりてわが手をあげん
  5. われ床にありて汝をおもひいで夜の更るまゝになんぢを深くおもはん時
  6. わがたましひは髄と脂とにて饗(もてな)さるゝごとく飽(あく)ことをえ わが口はよろこびの口唇をもてなんぢを讃(ほめ)たゝへん
  7. そはなんぢわが助となりたまひたれば我なんぢの翼のかげに入てよろこびたのしまん
  8. わがたましひはなんぢを慕追ふ みぎの手(みて)はわれを支ふるなり
  9. 然どわがたましひを滅さんとて尋ねもとむるものは地のふかきところにゆき
  10. 又つるぎの刃にわたされ野犬の獲るところとなるべし
  11. しかれども王は神をよろこばん 神によりて誓をたつるものはみな誇ることをえん 虛偽(いつはり)をいふものの口はふさがるべければなり

▲本篇に過去現在及び將來の經驗記さる。
一、過去の經驗
 (1)神の榮光を見たり(二)──『曩にも我かくのごとく大權と榮光とをみんことをねがひ聖所にありて目をなんぢより離れしめざりき』
 (2)神の助を經驗せり(七)──『そはなんぢわが助となりたまひたれば』
二、現在の經驗
 (1)神に信賴す(一)──『あゝ神よなんぢはわが神なり』
 (2)神を慕ひ追ふ(八)──『わがたましひはなんぢを慕追ふ』
三、未來の經驗
 (1)神を切に尋ね求む(一)──『われ切になんぢをたづねもとめん』(英譯:early will I seek thee)
 (2)神を讃む(三)──『わが口唇はなんぢを讃まつらん』(六節參照)
 (3)神に祈る(四)──『名によりてわが手をあげん』(手を擧ぐるとは祈禱の姿勢なり)
 (4)恩惠に滿さる(六)──『わがたましひは髄と脂とにて饗さるゝごとく飽ことをえん』
 以上の經驗こそペンテコステの經驗なれ。
▲本篇にある三つの喜悅を見よ。
一、恩惠に滿されたるを喜ぶ(六)──『わがたましひは髄と脂とにて饗さるゝごとく飽ことをえ わが口はよろこびの口唇をもてなんぢを讃たゝへん』
二、神の保護の中に安全なるを喜ぶ(七)──『なんぢわが助となりたまひたれば我なんぢの翼のかげに入てよろこびたのしまん』
三、神御自身を喜ぶ(十一)──『しかれども王は神をよろこばん
 是をロマ書五章の三つの喜悅と對照せよ。
一、望みて喜ぶ(二)──『神の榮光を望みて喜ぶなり』
二、愛を感じて喜ぶ(三)──『然のみならず患難をも喜ぶ』(五節迄續いて讀めば、患難の中にありてさへ喜ぶは神の愛、我等の心に注ぐが故なるを見る)
三、神御自身を喜ぶ(十一)──『然のみならず‥‥‥我らの主イエス・キリストに賴(よ)りて神を喜ぶなり』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |