新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 五 章



  1. 是故このゆゑ我儕われら信仰によりて義とせられたれば神とやはらぐことを得たり わがしゅイエスキリストによりてなり
  2. またわれら彼により信仰によりて今をるところのめぐみいることを得かつ神のさかえのぞみ欣喜よろこびをなす
  3. たゞこれのみならず患難にも欣喜よろこびをなせり そは患難は忍耐を生じ
  4. 忍耐は練達れんたつを生じ練達れんたつは希望を生じ
  5. 希望ははぢきたらせざるをしる こは我儕われらたまふ所の聖靈によりて神の愛われらの心に灌漑そゝげばなり
  6. 我儕われらなほ弱かりし時キリストさだまりたる日におよび罪人つみびとのためにしにたまへり
  7. それ義人のためしぬるものほとんどまれなり 仁者じんしゃためにはしぬることをいとはざる者もやあら
  8. されどキリストは我儕われらのなほ罪人つみびとたる時われらのためしにたまへり 神はこれによりてその愛をあらはし給ふ
  9. 今その血により我儕われら義とせられたればまして彼によりいかりよりすくはるゝ事なからん
  10. もしわれら敵たりし時にその子の死によりて神にやはらぐことを得たらんにはましやはらぎを得たる今そのいけるによりすくはるゝことを得ざらん
  11. たゞ此耳これのみならず我儕われらやはらぎを得させ給ひしわがしゅイエスキリストによりまた神を喜べり
  12. されこれ一人より罪の世にいり罪より死のきたり人みな罪を犯せば死のすべての人におよびたるが如し
  13. 律法おきてたてられし時よりさきに罪は世にあり律法おきてなくば罪は人に歸することなし
  14. しかれどもアダムよりモーセに至るまでアダムの罪とひとしき罪を犯さゞりし者にも死はこれに王たり アダムはすなはきたらんとする者のかたなり
  15. されど罪のことは恩賜おんしのことの如きにあらし一人の罪によりしぬるもの多からばまして神のめぐみと一人のイエスキリストによれめぐみたまものとはおほくの人にあふれざらん
  16. たまものは一人よりきたる罪の如きにあらそは審判さばきひとつの罪よりつみせられたまものおほくの罪より義とせらるゝなり
  17. もし一人罪を犯しゝにより死この一人によりて王たらんにはまして溢るゝのめぐみと義のたまものうくる者は一人のイエスキリストによりいのちありて王たらざらん
  18. 是故このゆゑひとつの罪よりつみせらるゝ事のすべての人におよびし如くひとつの義より義とせられ生命いのちうることもすべての人に及べり
  19. それ一人のぎゃくよりて多く罪人つみびととせられし如く一人のじゅんよりて多く義とせらるべし
  20. 律法おきてたつるは罪をまさためなり されども罪のますところにはめぐみ愈增いやませ
  21. これ罪の死をもてつかさどれる如くめぐみ我儕われらしゅイエスキリストにより永生かぎりなきいのちに至らせんがために義をもてつかさどれり


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |