第六十五篇



  1. 伶長にうたはしめたる歌 ダビデの讃美なり
    あゝ神よさんびはシオンにて汝をまつ 人はみまへにて誓をはたさん
  2. 祈をきゝたまふものよ諸人こぞりて汝にきたらん
  3. 不義のことば我にかてり なんぢ我儕のもろもろの愆をきよめたまはん
  4. 汝にえらばれ汝にちかづけられて大庭にすまふ者はさいはひなり われらはなんぢの家なんぢの宮のきよき處のめぐみにて飽(あく)ことをえん
  5. われらが救のかみよ 地と海とのもろもろの極(はて)なるきはめて遠(とほき)ものの恃とするなんぢは公義(たゞしき)によりて畏るべきことをもて我儕にこたへたまはん
  6. かみは大能をおび その權力(みちから)によりてもろもろの山をかたくたゝしめ
  7. 海のひゞき狂瀾(おほなみ)のひゞき もろもろの民のかしがましきを鎭めたまへり
  8. されば極遠(はて)にすめる人々もなんぢのくさぐさの豫兆(しるし)をみておそる なんぢ朝夕(あしたゆふべ)のいづる處をよろこび謳はしめたまふ
  9. なんぢ地にのぞみて漑(みづそ)そぎおほいに之をゆたかにしたまへり 神のかはに水みちたり なんぢ如此(かく)そなへをなして穀物(たなつもの)をかれらにあたへたまへり
  10. なんぢ畎(たみぞ)をおほいにうるほし畝をたひらにし白雨(むらさめ)にてこれをやはらかにし その萌芽(もえいづ)るを祝し
  11. また恩惠(みめぐみ)をもて年の冕弁(かんむり)としたまへり なんぢの途には膏(あぶら)したゝれり
  12. その恩滴(したゝり)は野の牧場(まき)をうるほし小山はみな歡びにかこまる
  13. 牧場はみな羊のむれを衣(き)もろもろの谷は穀物におほはれたり かれらは皆よろこびてよばはりまた謳ふ

▲本篇の分解
 (一〜四)神の聖所に於て神の恩惠を見る
 (五〜八)海岸に於て神の能力を見る
 (九〜十三)田畑に於て神の祝福を見る
 我等は第一に神の恩惠(めぐみ)を見、次に神の能力(ちから)を感じ、而して第三に神の祝福を受くるなり。
▲恩惠に飽く(四節)に至る順序
一、心の準備
 (1)感謝(一始)──『あゝ神よさんびはシオンにて汝をまつ』
 (2)獻身(一終)──『人はみまへにて誓をはたさん』
 (3)祈禱(二)──『祈をきゝたまふものよ 諸人こぞりて汝にきたらん』
 (4)懺悔(三始)──『不義のことばは我にかてり』
二、神との接近交通
 (1)潔められて(三終)──『なんぢ我儕のもろもろの愆をきよめたまはん』
 (2)撰ばれて(四始)──『汝にえらばれ』
 (3)近づけられて(同)──『汝にちかづけられて』
 (4)神と交通す(同)──『大庭にすまふ者はさいはひなり』
三、其結果
 恩惠に滿さる(四終)──『われらはなんぢの家なんぢの宮のきよき處のめぐみにて飽ことをえん』
▲九節より十三節の一段に於て神が如何にして我等を祝福し給ふかを見る。コリント前三・九にある如く我等は『神の畠』なり。本篇に神が其田畑を如何にして灌漑し耕作し給ふかを見る。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |