第七十八篇



  1. アサフの敎訓(をしへ)のうた
    わが民よわが敎訓をきゝ わが口のことばになんぢらの耳をかたぶけよ
  2. われ口をひらきて譬喩(たとへ)をまうけ いにしへの玄幽(かすか)なる語(ことば)をかたりいでん
  3. 是われらが曩(さき)にきゝしところ知しところ又われらが列祖(おやたち)のかたりつたへし所なり
  4. われら之をその子孫(こら)にかくさずヱホバのもろもろの頌美(ほまれ)と能力(ちから)とそのなしたまへる奇しき事跡(みわざ)とをきたらんとする世につげん
  5. そはヱホバ證詞(あかし)をヤコブのうちにたて律法(おきて)をイスラエルのうちに定めてその子孫にしらすべきことをわれらの列祖におほせたまひたればなり
  6. これ來らんとする代 のちに生るる子孫がこれを知(しり)みづから起りてそのまた子孫につたへ
  7. かれらをして神によりたのみ神のみわざを忘れずその誡命(いましめ)をまもらしめんが爲なり
  8. またその列祖のごとく頑固(かたくな)にしてそむくものの類となり そのこゝろ修まらず そのたましひ神に忠(まめ)ならざる類とならざらん爲なり
  9. エフライムのこらは武具(ものゝぐ)とゝのへ弓をたずさへしに戰ひの日にうしろをそむけたり
  10. かれら神のちかひをまもらず そのおきてを履(ふむ)ことをいなみ
  11. ヱホバのなしたまへることとかれらに示したまへる奇しき事跡とをわすれたり
  12. 神はエジプトの國にてゾアンの野にて妙なる事をかれらの列祖のまへになしたまへり
  13. すなはち海をさきてかれらを過ぎしめ水をつみて堆(うづた)かくしたまへり
  14. ひるは雲をもてかれらをみちびき夜はよもすがら火の光をもてこれを導きたまへり
  15. 神はあれのにて磐をさき大なる淵より汲(くむ)がごとくにかれらに飲しめ
  16. また磐より流(ながれ)をひきて河のごとくに水をながれしめたまへり
  17. 然るにかれら尚たえまなく罪ををかして神にさからひ荒野(あれの)にて至上者(いとたかきもの)にそむき
  18. またおのが慾のために食をもとめてその心のうちに神をこゝろみたり
  19. 然のみならずかれらは神にさからひていへり 神は荒野にて筵をまうけたまふを得んや
  20. みよ神いはを擊たまへば水ほどばしりいで流あぶれたり 糧をもあたへたまふを得んや 神はその民のために肉をそなへたまはんやと
  21. この故にヱホバこれを聞ていきどほりたまひき 火はヤコブにむかひてもえあがり怒はイスラエルにむかひて立騰(たちのぼ)れり
  22. こはかれら神を信ぜずその救にたのまざりし故なり
  23. されどなほ神はうへなる雲に命じて天(あめ)の戶をひらき
  24. 彼等のうへにマナをふらせて食(くら)はしめ天の穀物(たなつもの)をあたへたまへり
  25. 人みな勇士(ますらを)の糧をくらへり 神はかれらに食物(くひもの)をおくりて飽足らしめたまふ
  26. 神は天(てん)に東風(こち)をふかせ大能(みちから)もて南の風をみちびきたまへり
  27. 神はかれらのうへに塵のごとく肉をふらせ海の沙(いさご)のごとく翼ある鳥をふらせて
  28. その營のなかその住所(すむところ)のまはりに落したまへり
  29. 斯てかれらは食ひて飽たりぬ 神はこれにその欲(のぞ)みしものを與へたまへり
  30. かれらが未だその慾をはなれず食物のなほ口のうちにあるほどに
  31. 神のいかり既(はや)かれらに對(むか)ひてたちのぼり彼等のうちにて最もこえたる者をころしイスラエルのわかき男をうちたふしたまへり
  32. これらの事ありしかど彼等はなほ罪ををかしてその奇しきみざわを信ぜざりしかば
  33. 神はかれらの日を空しくすぐさせ その年をおそれつゝ過(すぐ)させたまへり
  34. 神かれらを殺したまへる時かれら神をたづね歸りきたりて懇ろに神をもとめたり
  35. かくて神はおのれの磐 いとたかき神はおのれの贖主なることをおもひいでたり
  36. 然はあれど彼等はたゞその口をもて神にへつらひ その舌をもて神にいつはりをいひたりしのみ
  37. そはかれらのこゝろは神にむかひて堅からず その契約をまもるに忠信ならざりき
  38. されど神はあはれみに充たまへばかれらの不義をゆるして亡したまはず屢(しばし)ばそのみいかりを轉(うつ)してことごとくは忿恚(いきどほり)をふりおこし給はざりき
  39. 又かれがたゞ肉にして過去(すぎされ)ばふたゝび歸りこぬ風なるをおもひいで給へり
  40. かれらは野にて神にそむき荒野にて神をうれへしめしこと幾次(いくたび)ぞや
  41. かれらかへすがへす神をこゝろみイスラエルの聖者をはづかしめたり
  42. かれらは神の手(みて)をも敵より贖ひたまひし日をもおもひいでざりき
  43. 神はそのもろもろの豫兆(しるし)をエジプトにあらはしその奇しき事をゾアンの野にあらはし
  44. かれらの河を血にかはらせてその流を飲(のみ)あたはざらしめ
  45. また蠅の群をおくりてかれらをくはしめ蛙(かはづ)をおくりてかれらを亡させたまへり
  46. 神はかれらの田產(なりいでもの)を螽賊(おほねむし)にわたし かれらの勤勞を蝗(いなご)にあたへたまへり
  47. 神は雹をもてかれらの葡萄の樹をからし霜をもてかれらの桑の樹をからし
  48. その家畜(けだもの)をへうにわたし その群をもゆる閃電(いなづま)にわたし
  49. かれらの上にはげしき怒といきどほりと怨恨(うらみ)となやみと禍害(わざはひ)のつかひの群とをなげいだし給へり
  50. 神はその怒をもらす道をまうけ かれらのたましひを死よりまぬかれしめず そのいのちを疫癘(えやみ)にわたし
  51. エジプトにてすべての初子(うひご)をうちハムの幕屋にてかれらの力の始をうちたまへり
  52. されどおのれの民を羊のごとくに引いだし かれらを曠野(あれの)にてけだものの群のごとくにみちびき
  53. かれらをともなひておそれなく安けからしめ給へり されど海はかれらの仇をおほへり
  54. 神はその聖所のさかひ その右の手にて購(かひ)たまへるこのやまにかれらを携へたまへり
  55. 又かれらの前にてもろもろの國人をおもひいだし準繩(はかりなは)をもちゐ その地をわかちて嗣業(ゆづり)となしイスラエルの族(やから)をかれらの幕屋にすまはせたまへり
  56. 然はあれど彼等はいとたかき神をこゝろみ之にそむきてそのもろもろの證詞をまもらず
  57. 叛きしりぞきてその列祖の如く眞實(まこと)をうしなひ くるへる弓のごとくひるがへりて逸ゆけり
  58. 高處(たかきところ)をまうけて神のいきどほりをひき刻める像にて神の嫉妬(ねたみ)をおこしたり
  59. 神きゝたまひて甚だしくいかり大にイスラエルを憎みたまひしかば
  60. 人々の間におきたまひし幕屋なるシロのあげばりを棄さり
  61. その力をとりことならしめ その榮光を敵の手にわたし
  62. その民を劍にあたへ その嗣業にむかひて甚だしく怒りたまへり
  63. 火はかれらのわかき男をやきつくし かれらの處女(をとめ)はその婚姻の歌によりて譽らるゝことなく
  64. かれらの祭司はつるぎにて仆れ かれらの寡婦(やもめ)は喪のなげきだにせざりき
  65. 斯るときに主はねぶりし者のさめしごとく勇士(ますらを)の酒によりてさけぶがごとく目さめたまひて
  66. その敵をうちしりぞけ とこしへの辱(はぢ)をかれらに負せたまへり
  67. またヨセフの幕屋をいなみエフライムの族をえらばず
  68. ユダの族そのいつくしみたまふシオンの山をえらびたまへり
  69. その聖所を山のごとく永遠(とこしへ)にさだめたまへる地のごとくに立たまへり
  70. またその僕ダビデをえらびて羊の牢(をり)のなかよりとり
  71. 乳(ち)をあたふる牝羊にしたがひゆく勤(つとめ)のうちより携へきたりて その民ヤコブその嗣業イスラエルを牧(やしな)はせたまへり
  72. 斯てダビデはそのこゝろの完全(またき)にしたがひてかれらを牧ひ その手のたくみをもて之をみちびけり

 本篇は前篇にて學びし如く(七十七・十二)神の御業を語る詩なり。換言すれば歴史よりの敎訓なり。其目的は七節にある如く『かれらをして神によりたのみ神のみわざを忘れずその誡命をまもらしめん爲なり』。
▲本篇に於て格別に學ぶ事は神の御忍耐と憐憫深き事なり。
(八〜十一)民の罪
  (十二〜十六)神は救を施して惠み給ふ
(十七〜廿二)民の罪
  (廿三〜廿九)神は日々の糧を與へて惠み給ふ
(三十〜三十七)民の罪
  (三十八、三十九)神は罪を赦して惠み給ふ
  (四十三〜五十五)神は敵を審き又導きを與へて惠み給ふ
(五十六〜五十八)民の罪
  (五十九〜六十四)神の審判
(六十五〜七十二)リバイバル──此六十五節は此歴史の転機なり。其結果
  六十六節 にて敵を滅し
  六十八節 にて住所(すみか)を撰び
  七十節  にて王を撰び給ふ。
▲何故リバイバルが起らざるや、此篇にある如く神の民の不信仰の故也。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |