第百十一篇  題目 地上に於る御働



  1. ヱホバをほめたゝへよ われはなほきもののつどひあるひは公會こうくゎいにて心をつくしてヱホバに感謝せん
  2. ヱホバのみわざはおほいなり すべてその事跡みわざをしたふものはこれをかんがへきは
  3. その行ひたまふところは榮光さかえありまた稜威みいづあり その公義たゞしきはとこしへにすることなし
  4. ヱホバはそのくすしきみわざを人のこゝろにとめしめたまへり ヱホバはめぐみと憐憫あはれみとにてみちたまふ
  5. ヱホバはおのれをおそるゝものにかてをあたへたまへり またその契約をとこしへに心にとめたまはん
  6. ヱホバはもろもろの國の所領をおのれのたみにあたへて その作爲みわざのちからをこれにあらはしたまへり
  7. そのみてのみわざは眞實まことなり公義たゞしきなり そのもろもろの訓諭みさとしはかたし
  8. これらは世々よゝかぎりなく堅くたち眞實まこと正直なほきとにてなれり
  9. ヱホバはそのたみに救贖あがなひをほどこし その契約をとこしへにたてたまへり ヱホバのみなは聖にしてあがむべきなり
  10. ヱホバをおそるゝは智慧ちゑのはじめなり これらを行ふものは皆あきらかなるさとりある人なり ヱホバの頌美ほまれはとこしへにうすることなし

前篇參照)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |