第百十篇  題目 昇天し給へる主



  1. ダビデのうた
    ヱホバわが主にのたまふ 我なんぢの仇をなんぢの承足とするまではわが右にざすべし
  2. ヱホバはなんぢのちからの杖をシオンよりつきいださしめたまはん 汝はもろもろの仇のなかに王となるべし
  3. なんぢのいきほひの日になんぢの民は聖なるうるはしき衣をつけ 心よりよろこびて己をさゝげん なんぢは朝(あした)の胎(はら)よりいづる壯(わか)きものの露をもてり
  4. ヱホバ誓をたてて聖意(みこゝろ)をかへさせたまふことなし 汝はメルキゼデクの狀にひとしくとこしへに祭司たり
  5. 主はなんぢの右にありてそのいかりの日に王等(わうたち)をうちたまへり
  6. 主はもろもろの國のなかにて審判(さばき)をおこなひたまはん 此處にも彼處にも屍をみたしめ 寬濶(ひろらか)なる地をすぶる首領(かしら)をうちたまへり
  7. かれ道のほとりの川より汲てのみ斯てかうべを擧ん

 此短き本篇にある言新約の中に十四度引照せらる。而して其引照せられたる處を見れば本篇は主イエスの預言なる事明白(あきらか)なり。
 (一、二)シオンの王
 (三)其民の長(かしら)
 (四)祭司の長(をさ)
 (五〜七)人の審判主(さばきぬし)
 十字架に釘(つけ)られたる主は此四つの名を有し給ふ。而して此は格別に昇天し給へる救主を示す。
▲一節の言は新約に度々引照せらる。之によりて主イエスに就て五つの事を学ぶを得。
一、主イエスは天の使よりも高く在し給ふ(ヘブル一・十三)──『又いづれの御使に曾て斯くは言ひ給ひしぞ「われ汝の仇を汝の足臺となすまでは、我が右に坐せよ」と』
二、主イエスは神なり(マタイ廿二・四十三、四十四)──『イエス言ひ給ふ「さらばダビデ御靈に感じて何故かれを主と稱ふるか。曰く『主、わが主に言ひ給ふ、われ汝の敵を汝の足の下に置くまでは、我が右に坐せよ』斯くダビデ彼を主と稱ふれば、爭(いか)でその子ならんや」』
三、主イエスは贖を完成(まったう)し給へり(ヘブル十・十二、十三)──『然れどキリストは罪のために一つの犠牲(いけにへ)を獻げて、限りなく神の右に坐し、斯て己が仇の己が足臺とせられん時を待ちたまふ』
四、主イエスは天に昇り給へり(使徒行伝二・卅三〜卅六)──『イエスは神の右に擧げられ、約束の聖靈を父より受けて汝らの見聞する此のものを注ぎ給ひしなり。それダビデは天に昇りしことなし、然れど自ら言ふ「主わが主に言ひ給ふ、我なんぢの敵を汝の足臺となすまでは我が右に坐せよ」と。然ればイスラエルの全家は確と知るべきなり。汝らが十字架に釘(つ)けし此のイエスを、神は立てて主となし、キリストとなし給へり』
五、主イエスは未來に於て必ず凡ての敵に勝ち給ふべし(コリント前書十五・二十五)──『彼は凡ての敵をその足の下に置き給ふまで、王たらざるを得ざるなり』
 斯く本篇の一節の言より以上の五つの大切なる事を證據立つる事を得る也。
▲三節に──『いきほひの日』
 五節に──『いかりの日』
とあり、前者は今の惠の日を謂ひ、後者は未來に於る審判の日を指す。
▲本篇は次の二つの篇と關係あり。
 本  篇 天に在し給ふ主
 百十一篇 地上に於る其御働
 百十二篇 此世に居る其忠実なる僕



| 目次 | 緖言 | 總目次 |