新約全書使徒パウロ テモテにおくれる前書さきのふみ

第 三 章



  1. 人もし監督のつとめねがはゞこれよきつとめねがなりといふ話はまことなり
  2. それ監督たる者はせむべき所なく一個ひとりをんなをっとなるべく謹愼つゝしみみづから制し品行みもちたゞし旅客たびゞと慇懃ねんごろあしら敎訓をしへをなし
  3. 酒をたしまず人をうたず柔和また爭はずざいむさぼらず
  4. 自己おのれの家をよくをさ端莊うやうやしきその子女こどもしたがはしむべきなり
  5. 人もし自己おのれの家ををさむる事をしらずば如何いかにして神の敎會をあづかる事を得んや
  6. かつあらたをしへいりし者を監督となすべからず おそらくはたかぶりて惡魔と同じ審判さばきうくるにおちいらん
  7. 又監督は外人そとのものにも令聞よきゝこえあるべし おそらくは詬誶そしりと惡魔のわなおちいらん

  8. 執事たる者もまた端莊うやうやしくし兩舌りゃうぜつせず酒をたしまず利をむさぼら
  9. 信仰の奥義おくぎきよき良心のうちもつべし
  10. これまづ試みてとがむべき所なくば執事のつとめあつべし
  11. 女執事ぢょしつじまた端莊うやうやしくし人をそしらずつゝしみてすべての事忠信ちゅうしんなるべし
  12. 執事たる者は一個ひとりをんなをっとなるべし 子女こどもおのれの家をよくをさむべし
  13. よく執事のつとめつとむる者はおのれよきくらゐを得キリストイエスにもとゐせし信仰に勇氣を得べし

  14. われはやなんぢに至らんことを望む され如此かくかき贈るは
  15. われもしおそからんときなんぢ如何いかにして神の家のうちに行ふべきかをしらためなり 神の家は活神いけるかみの敎會なり 眞理まことの柱ともとゐなり
  16. うたがひもなく敬虔の奥義おくぎおほいなり 神肉體となりてあらはみたまによりて義とせられ天使てんのつかひみられ異邦人のなか宣傳のべつたへられ世の人に信ぜられ榮光のうちあげられ給へり


| 新約全書目次 | 提前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 總目次 |