新約全書使徒パウロ テモテにおくれる前書さきのふみ

第 六 章



  1. おほよくびきしたにあるしもべおのれしゅ毎時ことごとたふとぶべき者となすべし これ神の名とをしへそしられざらんためなり
  2. 信者なるしゅもてる者はその兄弟たるによりこれを輕んずべからず わけこれつかふべし そはえきうくるもの信者にて愛せらるゝ者なればなり なんぢこの事ををしへまたすゝむべし
  3. もし異なるをしへつたへ我儕われらしゅイエスキリストの善言よきことばと神をうやまふことにかなをしへうけがはざる者あらば
  4. この人みづからたかぶり無知にして議論と言辭ことば爭辨あらそひを好む これより媢嫉ばうしつ、爭鬪、毀謗きばう妄疑ばうぎ
  5. またよこしまにして眞理まことを離れ神をうやまひて利を得んとおもふ人の爭論おこるなり なんぢらかくの如き人にとほざかるべし
  6. 神をうやまひてたる事をしるおほいなる利なり
  7. われら何をも携へて世にきたらず また何をも携へてゆくことあたはざるはあきらかなり
  8. それ衣食あらばこれをもてたれりとすべし
  9. とまんことを欲する者は患難なやみわなまた人を滅亡めつぼう沈淪ちんりんおぼらす所のにして害ある萬殊さまざまの慾におちいるなり
  10. たからを慕ふはもろもろ惡事あしきことの根なり ある人これを慕ひまよひて信仰の道を離れおほく苦害くるしみをもてみづかおのれさせ
  11. 神の人よ これさけ義事たゞしきことと神をうやまふことゝ信仰と愛と勘忍かんにんと柔和とを慕ふべし
  12. 信仰の善戰よきたゝかひをたゝかひ永生かぎりなきいのちとるべし なんぢこれがためめしかうむりたり 又おほくの人の前にて善說よきあかしなしたり
  13. われ萬物よろづのものをしていのちたもたしめる神およびポンテオピラトにむかひ善證よきあかしなし給へるキリストイエスの前にてなんぢに命ず
  14. なんぢ我儕われらしゅイエスキリストの現るゝ時まできずなくせむべき所なくしていましめを守るべし
  15. 神その定め給へるときいたらば彼をあらはさん 神はすなはさいはひある所の獨一たゞひとりの權威ある者 もろもろの王の王 もろもろのしゅしゅ
  16. 獨一たゞひとりしなざるもの ちかづく事を得ざる光にいまして人いまだ見しことなく又みることあたはざる者なり ねがはくは尊貴たふときかぎりなき權力ちからかれにあれ アメン

  17. なんぢこの世のとめる者に命ぜよ たかぶることなくさだめなきたからたのむことなくたゞわれらをたのしませんとて諸物すべてのものゆたかに賜ふ神をたの
  18. また善を行ひ善事よきこととみ をしみなく施濟ほどこしをなして人と共にし
  19. かくおのれため善基よきもとゐたくはへ未來のそなへをなすべし これまこといのちを得んためなりと
  20. テモテよ なんぢ託せられし事を守りみだりなるえきなきはなしおよび智識ちしきいつはとなふる辨論をさくべし
  21. ある人このいつはり智識ちしきに從ひて信仰をあやまれり ねがはくは恩寵めぐみなんぢにあらんことを アメン

新約全書提摩太てもて前書さきのふみ をはり



| 新約全書目次 | 提前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 總目次 |