新約全書使徒ヨハネ第一書だいいっしょ

第 三 章



  1. なんぢら我儕われらとなへられて神の子たることを これ父の我儕われらに賜ふ何等いかばかりの愛ぞ 世は父をしらこれより我儕われらをもしらざるなり
  2. 愛する者よ 我儕われらいま神の子たり のちいかんいまあらはれず その現れん時には必ず神にんことをしる そは我儕われらその眞狀まことのありさまみるべければなり
  3. おほよそ神によれこののぞみいだく者はそのきよきが如く自己みづからきよく
  4. 罪を犯す者は律法おきてを犯す 罪とはすなは律法おきてを犯すことなり
  5. 我儕われらの罪を除かんがためしゅの現れ給ひしことは爾曹なんぢらしるところなり 彼またみづから罪なし
  6. おほよそ彼にをる者は罪を犯さず おほよそ罪を犯す者はいまだ彼を見ずいまだ彼をしらざるなり
  7. 小子をさなごよ 人にまどはさるゝことなかれ 義を行ふ者は義人なり すなはしゅの義なるが如し
  8. 罪を犯す者は惡魔よりいづ そは惡魔ははじめより罪を犯せばなり 神の子のあらはるゝは惡魔のしわざこぼたんがためなり
  9. おほよそ神によりうまるゝ者は罪を犯さず そは神のたねそのうちあるよる かれまた罪を犯すことあたはず そは神によりうまるればなり

  10. これよりて神の子と惡魔の子とはあきらかにあらはおほよそ義を行はずその兄弟を愛せざる者は皆神よりいでしにあら
  11. 我儕われらたがひあひ愛すべきは爾曹なんぢらはじめよりきゝし所の命令なり
  12. カインにならふことなかれ 彼はかの惡者あしきものよりいでし者にてその弟を殺せり 何故なにゆゑにこれを殺しゝか おのれおこなひし所はあしく弟のおこなひし所はたゞしかりしによる
  13. わが兄弟よ 世なんぢらを憎むともおどろく事なか
  14. われら兄弟を愛するによりすでに死をいでいのちいりしことをみづからしる 兄弟を愛せざる者は死のうちをる
  15. おほよそ兄弟を憎む者はすなはち人を殺す者なり おほよそ人を殺す者はかぎりなき生命いのちそのうちをることなし 爾曹なんぢらしるところなり
  16. しゅ我儕われらためいのちすてたまへり これよりて愛といふ事をしりたり 我儕われらまた兄弟のためいのちすつべし
  17. 世の資財たからをもち兄弟の窮乏ともしきを見てかへっ惠施めぐみの心をとづる者はいかで神を愛するの愛そのうちをらんや
  18. 小子をさなご我儕われら愛するにことばと舌とをあひ愛する事なくおこなひまこととをてすべし
  19. これより我儕われら眞理まことよりいでしをしりかつ我儕われら心をしゅの前にやすんずべし
  20. 我儕われらが心もし我儕われらせめば神は我儕われらが心よりもおほいなるによりすべての事をしり給はざるなし
  21. 愛する者よ 我儕われらが心みづからせむることなくば神にむかひはゞかる所なかるべし
  22. かつわれらがすべもとむる所は彼よりうく そはそのいましめを守りてそのよろこび給ふ所を行へばなり
  23. このいましめすなは我儕われら神の子イエスキリストの名を信じかれ我儕われらめいぜし如くたがひあひ愛することなり
  24. 神のいましめを守る者は神にをり神もまたかれにをる われらその賜ふ所のみたまよりすなはそのわれらにをり給ふことをしれ


| 新約全書目次 | 約壹 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 總目次 |