新約全書使徒ヨハネ第一書だいいっしょ

第 四 章



  1. 愛する者よ すべてれいを信ずるなかれ そのれい神よりいづるやいなを試むべし おほくにせ預言者いでゝ世にいれ
  2. おほよそイエスキリストの肉體となりてきたたまへることをいひあらはすれいは神よりいづ これによりて神のれいしるべし
  3. おほよそイエスキリストをいひあらはさゞるれいは神よりいづるにあらすなはちキリストに敵する者のれいなり この者のまさきたらんとする事は爾曹なんぢらきける所なり 今既に世にをれ
  4. 小子をさなご爾曹なんぢらは神よりいでまた彼等にかつことを得たり そはなんぢらのうちをるものは世のうちにをる者よりおほいなるによりなり
  5. 彼等は世よりいでし者なればそのいふ所も世よりいでし者のいふべき事にして世人よのひとこれきけ
  6. 我儕われらは神よりいでたり 神をしるものは我儕われらにきゝ神よりいでざる者は我儕われらきかこれより眞理まことれい迷謬まどひれいとをしるなり

  7. 愛する者よ我儕われらたがひあひ愛すべし 愛は神よりいづればなり おほよそ愛ある者は神によりうままた神をしるなり
  8. 愛なき者は神をしらず 神はすなはち愛なればなり
  9. 神はそのうみ給へる獨子ひとりごを世に遣はし我儕われらをして彼によりいのちを得しむ こゝおいて神の愛われらにあらはれたり
  10. われら神を愛するにあらず 神われらを愛し我儕われらの罪のためその子をつかはして挽回なだめ祭物そなへものとせり これすなはち愛なり
  11. 愛する者よ かくの如く神われらを愛し給へば我儕われらまたたがひにあひ愛すべし
  12. いまだ神を見し者なし 我儕われらもしたがひあひ愛せば神われらのうちをりて彼を愛する愛を我儕われらうち完全まったう
  13. かれすでそのみたまをもて我儕われらに賜ふ これより我儕われらの彼にをりかれの我儕われらをることをしる
  14. さきその子をつかはして世の救主すくひぬしなせ我儕われらすでにこれを見たり 今そのあかしなすなり
  15. おほよそイエスを神の子なりといひあらはす者は神かれにをりかれ神にをる
  16. 我儕われらために神のもてる愛を我儕われらすでにしりて信ず 神はすなはち愛なり おほよそ愛にをる者は神にをり神また彼にをる
  17. かくの如く我儕われらの愛全備まったきを得て鞫日さばきのひおそれなからしむ そはしゅの如く我儕われら世にあればなり
  18. 愛のうちおそれあることなし まったき愛はおそれのぞく そはおそれくるしみもておほよおそるゝ者は愛を全備まったうせざるなり
  19. われら神を愛するは彼まづ我儕われらを愛するによれ
  20. もしわれは神を愛すといひその兄弟を憎む者はこれ謊者いつはりびとなり 既にみるところの兄弟を愛せずしていまだ見ざる神をいかで愛せん
  21. 神を愛する者はまたその兄弟をも愛すべし このいましめ我儕われら彼よりさづけられたり


| 新約全書目次 | 約壹 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 總目次 |