聖 潔 の 確 証



 是等の事の後、ヱホバのことば異象まぼろしうちにアブラムにのぞみいはく、アブラムよ、おそるるなかれ、我は汝の干櫓たてなり。汝のたまもの甚大はなはだおほいなるべし。アブラム言ひけるは、主ヱホバよ、何を我にあたへんとしたまふや、我は子なくして居りこのダマスコのエリエゼル我が家の相続人あとつぎなり。アブラム又いひけるは、視よ、なんぢたねを我にたまはず、我の家の子わが嗣子よつぎとならんとすと。ヱホバの言彼にのぞみて曰く、此者は爾の嗣子となるべからず。汝の身よりいづる者爾の嗣子となるべしと。かくてヱホバ彼を外に携へ出して言たまひけるは、天を望みて星を数へ得るかを見よと。又彼に言たまひけるは、汝の子孫はかくのごとくなるべしと。アブラム、ヱホバを信ず。ヱホバこれを彼の義となしたまへり。又彼に言たまひけるは、我は此地このちを汝に與へて之をたもたしめんとて汝をカルデアのウルより導き出せるヱホバなり。彼言けるは、主ヱホバよ、我いかにしてわが之を有つことを知るべきや。ヱホバ彼に言たまひけるは、三歳の牝牛と三歳の牝山羊と三歳の牡羊と山鳩およびわか鴿いへばとわがために取れと。彼乃ち是等を皆取て之をなかよりき、そのさきたる者をおのおの相対あひむかはしめておけり。たゞ鳥は剖ざりき。鷙鳥あらきとり死体しかばねの上に下る時はアブラム之をおひはらへり。
 斯て日のる頃、アブラムふかねむりしが、其おほいに暗きを覚えて懼れたり。時にヱホバ、アブラムに言たまひけるは、爾たしかに知るべし、爾の子孫他人ひとの国に旅人となりて其人々に服事つかへん。彼等四百年のあひだ之をなやまさん。又其服事つかへたる国民くにたみは我之をさばかん。其後彼等は大なる財貨たからを携へていでん。爾は安然やすらかに爾の父祖せんぞの所にゆかん。爾は遐齡よきよはひいたりて葬らるべし。四代に及びて彼等こゝに返りきたらん。はアモリ人の悪、未だ貫盈みたざれば也と。かくて日のいり黒暗くらやみとなりし時、けむり火焰ほのほいづかまど切剖きりさきたる物の中を通過とほれり。この日にヱホバ、アブラムと契約をなして言たまひけるは、我此地このちをエジプトの河よりかの大河おほかは即ちユフラテ河まで爾の子孫に與ふ。(創世記十五章一節〜十八節)

 『主ヱホバよ、何を我に与んとしたまふや』(二節)
 『主ヱホバよ、我いかにしてわが之をたもつことを知るべきや』(八節)

 この日、アブラハムは、終日、神様を求めました。皆様もこのたび、神様を求めるためにこの四日間を聖別していなさいます。神様は、確かに、この四日間を通してお互いを祝したもうことを信じます。アブラハムは、丸一日、切に神様を求め、非常な恵みを蒙りました。神様はこの四日間にわたる聖会において、皆様をも恵みから恵みへと導きたもうことを信じます。既に一両日は豊かに恵みを与えられました。残る二日はさらに恵みの高嶺たかねに昇らしめられる時であると信ずる次第であります。
 アブラハムが神様を求めて恵まれた一日は、まず神がアブラハムに御自身を現したもうた御顕現から始まります。

 『是等の事の後、主の言、異象まぼろしうちにアブラハムに臨て曰く……』

 神様はいつの時でもまず聖言みことばを与え、聖言を通して私共を恵みたもうのであります。しかしてここにお集まりの皆様も、既に神様からそれぞれ明らかな使命の聖言を受けられたことと思います。実際において私共を恵み、また恩恵めぐみに留まらしめ、これを持ち続けしめるものは天よりの直接の聖言であります。神様の聖言こそは私共を恵み、その恩恵を保たしめるものであることを憶えて頂きとうございます。しかし神様がどんな風にお互い銘々に聖言を与えなさるかは一定しておりません。或る人は説教を聞いている間に聖言を与えられるでしょう。また或る人は一人静まっている時に聖言を与えられるかも知れません。英国では毎年大きな修養会が開かれます。いわゆるケズィック大会で、約六千人の人々が世界各所から集まって参ります。そしていつでも集会の終わりになりますと証詞会あかしかいが持たれまして、皆さんは各々その恵まれたところを証言あかしいたします。或る人は説教を通して聖言によって恵まれたことを証しますが、また或る人は聖言を読んでそれによって恵まれたと証言いたします。しかし一番多いのは、一人静まって、或いは山で、或いは自分の部屋で静かに祈っている時、聖言を与えられ、恩恵を受けたという人々であります。どういう風に聖言を与えられるかは問題ではありません。注意したいのは、はっきり神様から聖言を頂きなさることです。
 さて、アブラハムは幻のうちに聖言を与えられたと書かれてあります。すなわちアブラハムはそこで、何かを聞き、また見せられたのであります。同様に、神様は私共にも、心の耳で聴くことを得しめ、心の目をもって見ることを得しめたまいます。神様はアブラハムに幻を与えたまいました。そしてアブラハムはかつてないほどに神様の如何なる御方であるかを見せられました。また何を与えられたのかを明らかに知らしめられたのでありました。この聖会においても神様がかつてなきまでに私共に御自身を拝せしめ、悟らしめ、栄光と愛とをまざまざと見せたもうよう、また神様が何を与えんとしていたもうかを知らしめたもうよう願わしめられとうございます。神様が幻のうちにアブラハムに仰せたもうたみことばは『おそるるなかれ、我は汝の干櫓たてなり、汝のたまものはなはだおほいなるべし』でありました。今晩も主イエスは私共の中にいて同じく

『懼 る る な か れ』

と語りたまいます。しかし悪魔はしばしば囁きます。そして私共を懼れさせます。『お前のすることに気をつけよ』、『どんな危険があるかも解らないぞ』、『一切を献げて従うならば、どんな困難があるかも知れないぞ』、『だからやめたがよい』などと囁いて参ります。この悪魔の投げ込む懼れこそは、私共の信仰の妨げ、恵みを受ける邪魔物であります。皆様が神様のこの第一の聖言みことばを聴いて下さることをお奨めいたします。すなわち神様は『懼るるなかれ』と仰せたまいます。神様は聖書の中にしばしば繰り返して『懼るるなかれ、懼るるなかれ』とおよそ二、三百回も聖声みこえをかけていたもうのであります。ですからそれによってもこれが私共に如何に大切な勧告すすめであるかを知ることが出来ましょう。
 次に神様はアブラハムに対し、

『我 は 汝 の 干 櫓 な り』

と仰せたまいました。言い換えれば『我は汝を保護する者、汝を安全ならしむる者』であるとの意であります。さらに説明しますれば、『よしんば他のどんなものが来ても、悪魔が何をして来ても恐れる必要がない。私があなたの楯である。守り人である。一切の悪しき者の火矢を消す者である』との御意みこころであります。しかして次に神様はアブラハムに

『汝 の 賜 物 は は な は だ 大 い な り』

と仰せたまいました。これは『私はあなたの賜物で甚大じんだいなるものである。私こそは大いなる報いである』という意であります。すなわちもしも皆様がこの御方をそのまま心にお迎え申すならば、神は大いなる愛と大いなる平安やすき喜悦よろこびとを齎して下さいます。この御方が驚くべき報いそのものであるというのであります。これこそ皆様が何を犠牲にしても豊かに報いられて余りある恵みであります。神様はアブラハムに対して我はそれらのものである、何か恩恵めぐみを与えるというよりも我自身がそれらの恩恵そのものであると仰せたもうて、御自身を示しておられることに注意して頂きとうございます。

 『汝らは神にりてキリスト・イエスに在り、彼は神に立てられて汝らの智慧と義と聖と救贖あがなひとに為り給へり。これ「誇る者は主に頼りて誇るべし」としるされたる如くならん為なり』(コリント前書一章三十、三十一節)

 すなわち主イエス御自身が私共の智慧、義、聖、贖いとして与えられていることを知るのであります。ゆえに神様は我自身が汝らのために恩恵そのもの、報いそのものであると仰せたもう次第であります。しかしてお互いが聖霊を受ける時、これが明瞭になり、お互いは如何に素晴らしい救い主を頂いているのであるかを知るでありましょう。その時、私共は心の底から喜ばずにはおられない、言い難くかつ栄えある喜びを感ずるに至るのであります。
 かくアブラハムは神を求めましたが、このち望みの時、彼はまず神様の如何なる御方であるかを見させられました。かくしてアブラハムは神様御自身と親しく交わりつつ俟ち望みを続け、神様の御前みまえに心を披瀝しております。皆様もお心の中に聖潔きよめや献身について困難を感ずるような点がありましたならば、そのまま、主イエスに申し上げて頂きたい。主は優しく皆様の困難の点に応えたもうでありましょう。時に、こういう問題について兄弟姉妹と語り合うことは助けとなることがあります。しかし最もよい助け、最も良い話し相手は主イエス御自身であります。アブラハムも心に一つの困難な問題を持っておりました。それは、神様から子供を与えるとの御約束を頂いておりますが、未だに子供がなく、世継よつぎとなる者は彼の家人であったのです。果たして子供が与えられるのか、それとも僕を通して与えられるのかとは、彼の心の中の大きな疑問であったのであります。しかし神様はアブラハムのこの困難に豊かに応えたまいました。すなわち、確かに家人が跡継ぎとなるのではない、彼の一子が相続人となるのであると明らかに約束したもうたのであります。私共に取りましても神様は種々約束を与えたまいます。しかし例えば『我なんぢらをきよめ、諸々のけがれよりきよむべし』と御約束を与えたまいます時、悪魔はしばしば私共にやってきて、いや、全く潔くするのではない、比較的、前よりは潔くなるであろうと、疑いを投げ込みます。しかし神様はその仰せたもうがごとく、確かに聖言に基づいて潔くなると仰せたもうのであります。或いは神様は皆様に対し『我わが御霊みたまを注がん』と仰せたもう時、悪魔は、なに、少しは気持ちは良くなるかも知れないが、それは的確なものではなく、修養会後数日たてば元の通りになってしまうと水を差します。しかし神様はそんなことではなくして、確かに、確実に聖霊を与え、いつまでも皆様の心を住み家とすると約束したもうのであります。私共は与えられるものが何であるかをはっきり知り、これについて確信を持たなければなりません。私共は宜しくアブラハムのごとくかく祈るべきであります。

 『主ヱホバよ、何を我にあたへんとしたまふや』

と。しかして神様が祈りに応えたもう時、それは聖書の聖言みことばを通してであります。かく私共が神様を求める時大切なことは、何か約束の言葉を握り、これが成就するように求めることであります。或る方はこの聖会に出て漠然と『我を恵みたまえ』と祈ります。昔、かの盲人が『我をあわれみたまえ』と呼ばわった時、主はこれを呼び寄せて『汝われに何をせられんと願うや』と尋ねられました。皆様も、ただ、漠然と『我を恵みたまえ』と祈るならば、神様は『何をして欲しいのか』と的確な求めを問い返したもうでありましょう。お互いにとって最も大切なことは、神が何を与えたもうかを聖言の教えによってはっきり知ることであります。
 先程読みました聖言を見ますと、神様はアブラハムの心の中に或る不信仰のあることをご覧なさいました。そこで神様はアブラハムを外に連れ出して天を仰がしめたまいました。空には星や月が皎々と照りきらめいていたでしょう。アブラハムは神の能力ちからの何たるかを示される心地が致しました。神様はしばしば私共を狭い環境から、または小さい制限された考えから引き出して、神様の偉大な権威と能力の現れているところへ出さしめて下さいます。

 『なんぢら眼をあげてたかきをみよ。たれか此等これらのものを創造せしやをおもへ。主は数をしらべてその万象ばんぞうをひきいだし、おのおのの名をよびたまふ。主のいきほひおほいなり、その力のつよきがゆゑにいつかくることなし』(イザヤ四十章二十六節)

 ここは神様が偉大なる手をもて宇宙万物を創り、各々造られし物を顧み保ちたもう御方なるを語りたもうたところであります。神様があの幾億の星の一つひとつを各々の地位にお保ちになり、これが一つひとつ運行している中に神の智慧を現し、私共銘々をも各々その部処に保つことによって神様の智慧と眷顧かえりみとを顕していたまいます。エレミヤがこのことについて如何に言っておりますか。

 『嗚呼あゝ主ヱホバよ、汝はその大なる能力ちからのべたる腕をもて天と地とを造りたまへり。汝には為すあたはざるところなし』(エレミヤ三十二章十七節)

 エレミヤはここで驚くべき神の創造力、無から有を生ぜしめたもう力について論じて、神様には能わざるところなしと断じました。そのように神様はアブラハムの信仰を助けるために野外に引き出だしてその驚くべき御力を見せしめたまいました。アブラハムはここにおいて神を信じ切りました。皆様も心静かに周囲を見、神様の驚くべき聖業みわざをたびたび見させられる時、エレミヤと同じく『神にはなす能わざるところなし』と叫び得るに至りましょう。かくて皆様の心から不信仰が追い出されて、神様は私にも約束をなしたもうと、たやすく聖霊の満たしを信ずることができるでありましょう。
 アブラハムは第二の質問をしております。

 『主ヱホバよ、我いかにしてわが之をたもつことを知るべきや』(八節)

 つまり私共が恵まれたことを如何にして知るべきか、如何にして確信し、また証詞あかしすることを得べきかという問題であります。

 『我らの受けし霊は世の霊にあらず、神より出づる霊なり。これわれらに神の賜ひしものを知らんためなり』(コリント前書二・十二)

 神様は私共が確実に知ることが出来るためにはっきりした恩恵めぐみを与えたく願いたまいます。或る人々は潔き心を求め、聖霊を与えられることを求め、そのあかしせられることを求めながら、なおその証詞は、潔められたいと思いますとか、潔められたらよいと思うとか、満たされることを望むとしか聞きません。神様は私共に、われ恵まれたり、潔められたり、満たされたりと確信することを願いたまいます。その確信があってこそ喜びも持て、また確信ある証詞もできるのであります。確信を得るまでは大胆に証することができません。ですから私共も宜しくアブラハムのごとく祈るべきです、『主ヱホバよ、我いかにして……知るべきや』と。
 アブラハムがこのことを尋ねた時、神様はアブラハムに答えて壇の上に犠牲いけにえを献げよと仰せになりました。これはアブラハムが確信を求めた時の答として与えられたものであります。旧約聖書には犠牲のことがしばしば出ております。これは新約のカルバリの十字架の予表であります。人々が確信を得るために神様の指さすものは、カルバリの十字架であります。皆様は罪の問題はことごとく主イエスの十字架によって処理されることを知っておりましょう。これは神様の大いなる愛であります。独子ひとりごをも十字架にけて私共を愛したもう神様は私共の願いの如何なることをもなしたもうことを信ずることができます。キリストは私共のために一切の罪の価を払って下さいました。しかしてキリストの十字架は私共のきよめのため、また聖霊を満たしたもうための価でありました。ガラテヤ書三章には十字架により、信仰により約束の聖霊を受けることができると書かれております。神様はアブラハムに対し壇の上に犠牲を献げよと命じたまいました。アブラハムは犠牲を献げましたが、これは彼自身がその犠牲の一部であることを示すものであります。そのように、カルバリの十字架を見る時、私共自身もその犠牲の一部であることを認めしめて頂いて、喜んで自らを十字架の壇上に横たえることができるのであります。しかして神が壇上の犠牲を受けれることを示すためには、旧約においてはいつも天より火が降っております。そのようにアブラハムの犠牲の壇の上にも天よりの火が参りました。これによって神様が彼の犠牲をご受納なしたもうたことがわかったのであります。同様に皆様も神の聖前みまえに屈服し、自らを委せ切って壇上に身を横たえる時、神の火、聖霊は来って一切を焼き尽くして下さるのであります。十字架において皆様は受け納れられることを確信して頂きたい。皆様がかく十字架の上に自らを明け渡し、献げた時、聖霊は来り満たしたまいます。かくして神様と私共との間に新しい契約が結ばれるのであります。創世記十五章十八節を見れば、

 『この日にヱホバ、アブラムと契約をなして言たまひけるは、我此地このちをエジプトの河よりかの大河おほかは即ちユフラテ河までなんぢの子孫に与ふ』

とありまして、ここで神様とアブラハムとは契約の関係において一つに縫い合わされたのであります。神様はお互いが全く主の手に屈服して誓いに入ることを喜びたまいます。これが皆様を全く主に結合せしめ、主を皆様と一つに密着せしめるのであります。新約の聖言みことばに、『われ汝らの父となり、汝等わが息子・娘とならん』(コリント後書六・十八)とあります。なぜならば皆様は神様に契約せられたもの、神様に結ばれたものであるからであります。
 かくアブラハムは、この日、二つの質問を致しました。『主ヱホバよ、何を我にあたへんとしたまふや』、『主ヱホバよ、我いかにして我之わがこれためつことを知るべきや』と。皆様よ、主に対して心を開き、皆様の祈りに対して神様から明らかに答えて頂きなさい。かくすればこの修養会が終わりましても恩恵めぐみはいつまでも続きます。のみならず日毎に深められ、恵まれて新しく進んでいくことを経験するでありましょう。かくして主イエスは皆様の干櫓たてとなり、大いなる報いとなり下さいます。祈りの中にち望みましょう。

 どうぞ神の前に黙っておいでなさい。今晩、またこの聖会によって、神はあなたに何を語りたまいましたか。どういう恵みを与えたもうように約束したまいましたか。どうぞ約束を覚えまして、神にその約束したまいました恵みを求めよ。神は必ずその約束の通りに恵みを与えたまいます。自分の低い考えに従いませんで、或いは狭い考えを心の中に受け入れませずして、どうか外に出まして神の大いなる働きに眼を注いで、神を信ぜよ。神の御力とご慈愛を信ぜよ。必ず小さい者めいめいに、火を降したまいまして、必ず恵み潔めたまいます。どうか、十字架に近づけよ。神の聖子みこはあなたを愛する愛のために十字架まで、身も魂も献げたまいました。それですから必ずあなたの祈りに応えたまいます。ただ信ぜよ。どうか壇の上に、十字架につけられた主イエスとともに、身も魂もお載せなさい。主イエスと偕に十字架につけられましたならば、必ずあなたの上に天よりの火が降ります。おお主は忠実なる方でありますから、どうぞただ信ぜよ。また今晩あなたと共に契約したまいます。あなたはいつまでも神のものとなることができます。また神はあなたの神となり、あなたの友達となり、あなたの全き救い主となりたまいます。祈ります。

 おお神よ、私共の心の目の前に、このうるわしき救いを示したまいましたことを感謝いたします。今まで、心の中に幾分か不信仰が残りましたならば、その恵みを全く受け入れることは出来ませんけれども、今晩眼を挙げてあなたを見ることが出来ました。おお、あなた御自身を見まして、必ず約束を成就しますことを信ずる信仰が出来まして感謝いたします。

 おお父なる神よ、今晩、あなたの壇の上に、主イエスと偕に身も魂も捧げます。どうか燔祭はんさいの上に天よりの火を注ぎたまえ。どうか父なる神よ、あなたの契約の恵みを私共に注ぎ賜わらんことを乞い願い奉ります。どうかただいま天よりの火を注ぎたまわんことを、主イエス・キリストの聖名みなによって乞い願い奉ります。アーメン。

 しばらく黙禱して神に近づけよ。父なる神よ、私共の祈りに応えたまいまして、同情と親切をもって私共に近づいてご臨在なしたまいましたことを感謝いたします。おお父よ、いま相別れましてもどうぞあなたは離れませずして、絶えず契約の間に、あなたと連なることを得させたまえ。どうか絶えずあなたに伴い行くよう恵みを与えたまえ。
 願わくは主イエスの恵み、父なる神の慈しみ、聖霊なる神の交わり、我らめいめいと偕にあらんことを。アーメン。



| 目次 | A || 1 | 2 | 3 | 4 | B | 1 | 2 | 3 | 4 |
C | 1 | 2 | 3 | 4 | D | 1 | 2 | 3 | E || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |