新約全書使徒パウロ テサロニケびとおくれる前書さきのふみ

第 二 章



  1. 兄弟よ 我儕われら爾曹なんぢらうちいりしことの徒然いたづらならざるを爾曹なんぢらみづからしる
  2. 爾曹なんぢらしれる如く我儕われらさきにピリピにてくるしみうけまたはづかしめうけたり されなほなんぢらに至り我儕われらが神によりはゞかる所なく神の福音をおほいなる紛爭あらそひうちにて爾曹なんぢらに語れり
  3. 我儕われらすゝめまどひよりいづるにあらけがれよりいづるにあらまたいつはりてせず
  4. われら神のえらびをえ福音をつたふることをゆだねられたるによりかたるなり は人をよろこばするにあらが心を察し給ふ神をよろこばするなり
  5. なんぢらしるが如く我儕われらいつもへつらことばもちゐずまた事によせむさぼることをせず 神これがあかしをなす
  6. 我儕われらキリストの使徒にて人におもんぜらるべしといへどあるひ爾曹なんぢらにもあるひ他人ほかのひとにも人に榮耀ほまれもとめ
  7. 乳母めのとその赤子こどもやしなふ如く我儕われらなんぢらのうちありて柔和により
  8. 如此かくなんぢらを慕ひてたゞに神の福音のみならずおのれ生命いのちをも爾曹なんぢらあたへんことを喜べり これなんぢらはが愛する者なればなり
  9. 兄弟よ 爾曹なんぢらわれらの勞とくるしみをしる 爾曹なんぢらのうち一人をもわづらはせざるために夜晝わざなして神の福音を爾曹なんぢら宣傳のべつたへたり
  10. 我儕われらなんぢら信ずる者にむかひ何等いかばかりきよたゞしかくる事なくして行へるを爾曹なんぢらも神もあかしをなす
  11. なんぢらしる 我儕われら父がその子をあつかごとくして爾曹なんぢらおのおのにむかその國とそのさかえに召き給ふ神にかなひてあるく事をすゝめ
  12. また慰めまたをしへたり
  13. 是故このゆゑ我儕われら神にむか爾曹なんぢら我儕われらより神のことばきゝし時これを人のことばとせず神のことばとしてうけたるをたえず感謝す このことばまことに神のことばにして爾曹なんぢら信ずる者のうちに働くなり
  14. 兄弟よ 爾曹なんぢらユダヤのうちなるキリストイエスにある神の教會にならへる者となれり そはかれらユダヤびとくるしめられし如く爾曹なんぢらおのが國の人々にくるしめられたればなり
  15. ユダヤびとしゅイエスとおのが預言者たちを殺しまた我儕われらせめ逐出おひいだせり 彼等は神の心にかなはずかつすべての人にさからへり
  16. また我儕われらが異邦人にすくひを得させんとて語るをこばめかくの如く彼等は常におのが罪をみたしむ 神のきはめおほいなるいかりかれらにいたれり

  17. 兄弟よ 我儕われら暫時ときのまなんぢらに離れをる これかほのみなり 心にあらしきりに願ひて急ぎ爾曹なんぢらかほを見んとせり
  18. 是故このゆゑ我儕われらなんぢらに至らんとねがへり ことわれパウロこれを願ふこと一次ひとたびのみならず兩次ふたゝびなりしかどサタン我儕われらを妨げたり
  19. 我儕われらのぞみまたよろこびまたほこりかんむりたれぞや 我儕われらしゅイエスキリストのきたらん時その前にて爾曹なんぢらこのものとなるにあらず
  20. それ我儕われらさかえよろこび爾曹なんぢらなり


| 新約全書目次 | 撤前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 總目次 |