新約全書使徒パウロ テサロニケびとおくれる前書さきのふみ

第 四 章



  1. 兄弟よ 我儕われらかく神に願へばしゅイエスによりまたなんぢらに求めかつ勸む 爾曹なんぢらすでに我儕われらをしへうけいかに行ひて神をよろこばすべきをしりたればますますこれに進むべし
  2. そはわれらしゅイエスによりて如何いかなるいましめ爾曹なんぢらに授けしかを爾曹なんぢらしればなり
  3. 神のむね爾曹なんぢらきよきことすなはち姦淫をせず
  4. 各々おのおのおのれうつはを得てこれきよたふとくなしてもちゐることをしり
  5. 神をしらざる異邦人の如く情慾を放縱ほしいまゝにせず
  6. 又この事について兄弟をあざむきかつ害せざらん事をもとめ給ふ すべかゝ惡事あしきことを行ふ者にしゅむくいをなし給ふなり 我儕われらさき爾曹なんぢらつげかつあかしせしが如し
  7. それ神の我儕われらまねきたるは我儕われらけがれたる事を行ふをもとむるにあらきよからん事をもとめ給ふなり
  8. 是故このゆゑあなどる者は人をあなどるにあらその聖靈を爾曹なんぢらに賜ひし神をあなどるなり

  9. 兄弟を愛する事についてはわれなんぢらに書贈かきおくるに及ばず そはなんぢらたがひに愛することをしたしく神よりをしへられたればなり
  10. 爾曹なんぢらマケドニヤの全地なるすべての兄弟にかくの如く行へり 兄弟よ 我儕われらすゝむるは爾曹なんぢらますますかくの如く行ひ
  11. かつ安靜しづかならんことを務めおのれの事を行ひ手づからわざをなしさき爾曹なんぢら我儕われらが命ぜしごとくせんことなり
  12. 爾曹なんぢら外人そとのものむかひたゞしく行ひまたみづかともしきことなからんためなり

  13. 兄弟よ 爾曹なんぢら憂戚なげきのぞみなき他人ほかのひとごとくならざらんことをねがふがゆゑ我儕われらすでにねぶれる者については爾曹なんぢらしらざるを好まず
  14. 我儕われらもしイエスのしによみがへりし事を信ずるならばイエスによれる所の既にねぶれる者を神かれとともたづさきたらんことをも信ずべきなり
  15. われらしゅことばより爾曹なんぢらつげしゅきたらん時に至りいきのこれる我儕われらすぐねぶれる者よりも先だゝじ
  16. それしゅ號令と使長つかひのをさの聲と神のらっぱみづから天よりくだらん その時キリストにありしにし者先によみがへり
  17. のちいきのこれる我儕われらかれらとともに雲にたづさへられ空中においしゅあふべし かく我儕われらいつまでもしゅともをら
  18. 是故このゆゑ此等これらことばたがひに慰むべし


| 新約全書目次 | 撤前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 總目次 |